見所・観光レポーツ

2019年4月13日 (土)

2019島ノ瀬ダムの桜&田辺の身近な桜

2019年4月7日 日曜。

毎年恒例の桜の花見に
みなべ町 島ノ瀬ダムへ行ってきました。




桜は満開で、
花びらの散る美しい景色でした。



人もそれなりに多いですが、

都会の花見よりは
ぜんぜん空いてます。

むしろガラガラと言っても良いかも。

 



ダムはこの日は放水しておらず。




脇の小道を歩いて登ります。



 



フキノトウは伸び伸びで、
もうさすがに食べれないサイズ。

もうちょっと早く来てたら、
持ち帰ったなぁー。



コンクリの屏風に
映える桜。





無機質なコンクリだからこそ、

生命感の強い桜が、
鮮明に見えるなぁーと思う。

 



鯉のぼり。

1匹スレがかり。



ダムの上から見ると、

またキレイ。


下を見下ろすと、
ぞわぁーっとするけど。

 



桜とアトレー。

さすがに最近は
MTのギア変速もなんとなく身に付いてきた。



が、帰りがけに
駐車多い&人多い&上り坂&対向車の動き読めないで、
一回エンストしたけど…。


意識あまりせずに
運転できるレベルになりたいよぉー。

 



やっぱり花見弁当もしようかなぁーと思い、
スーパーで弁当買って、

帰ってきた田辺の会津川沿いで、
花見弁当&ノンアルビール。

 



桜は知ってるけど、

今年の桜は、
今年しか見れない訳で。

 

来年があるか分からんし、
見ておきたいと思う訳です。



みなべ観光協会「島ノ瀬ダムの桜」
https://www.minabe-kanko.jp/sightseeing/1689

 

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

| | コメント (0)

2019年2月27日 (水)

2019梅の花見・みなべ梅林→石神田辺梅林

2019年2月24日・日曜。

今年も梅の花見に行ってきました。

まずは「みなべ梅林」
車で廻れるコース。


リンク:みなべ観光協会「みなべ梅林」

https://www.minabe-kanko.jp/topic/3224



すでに満開は過ぎて、
花は散りすすみ、

残っているのは5割ほど。



今年は気温もそれほど下がらず、
鼻水たらしながら寒グレ釣りをすることもなかったし、

梅の花の開花も例年並なのか、
早いのか。




みなべ梅林の良さは、
菜の花と梅の花を同時に楽しめる所だと

僕は思っています。
昨年よりも少し大きく成長した
梅の若木。




昨年にこの木を見に来たときは、
僕は光ファイバーケーブル工場で働いてたけど、

いまは梅干しの工場で働いている訳で、
この小さな若木もだんだん大きくなって、

梅の実をたくさん実らせてくれるんやなぁーと。



姉さんっ!

事件ですっ!!


※ドラマ「HOTEL」より抜粋 政信・談



菜の花の黄色も栄養やねぇー。

ビタミンやね。




みなべ梅林でこんなに散ってるなら、
石神田辺梅林行っておかなぁーと、

釣り行くのを少し送らせて、
田辺市の山・「石神田辺梅林」へ。

リンク:田辺観光協会
「紀州石神田辺梅林」
http://www.tanabe-kanko.jp/event/kanbai/




咲き方はまばらやけど、

おおまかに8分咲きな状態でした。




梅の花は、
桜ほど派手ではないけど、

やっぱりキレイ。



吉岡里帆がキレイなのと同じやね。





中腹にある古タイヤ。

今年も現代アートとして、
存在感をだしてる。


このままジャケに使える。






坂を登った先にある、
紀州天満宮にご挨拶。

白干しの梅を置いてあるので、
今年も頂きました。


駐車場や売店がある場所へ下って戻ります。





売店では、
今年もイモモチを買って食べました。


甘すぎず、ボリューミィーで、
素朴な美味しさ。

僕はやっぱりココのイモモチ好きです。

日によってちょっとブレあるけど、
その手作り感含めて美味しい。




今年も、たくさんの梅が実ってくれることを願いつつ。

汗だくの梅収穫バトルが
あと数ヶ月ではじまるわけですよ。

たぶんまた、
農家さんの急傾斜の梅林で、
ネット敷いて、拾いして、選別します。



僕は梅干しが好きで、
必ず毎日1個。

白干しの塩分20%のガッツンくるのを食べています。


身体に良いって話しはありますが、
その効果は置いておいて、

美味しいし、
何かの微量元素だかが、
脳内を活性化させるのが分かるからです。



車にも白干し梅を常備してますが、
釣り後の疲れた状態で食べると、

ホイミ以上の効果あるように思います。


ベホイミか…、ベホマか…、
ベホマズンか…。

苦手な人にはメラかもせんけど。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

2019年・熊野本宮へ初詣 白粥は頂くと良いと思いました

すでにかなり前の事ですが、
正月の事です。


東京から夜初の高速バスに乗り
朝に田辺市に帰ってきました。



行きの高速バスでは、
あまり寝れなかったけど、

帰りは疲れたのか
それなりに眠れました。


静寂の田辺の朝。

青空がとても綺麗だったので、
やっぱり熊野本宮へ正月参りに行きたくなり、

師匠と出発しました。






2018年1月3日の熊野本宮。

やはり初詣される方は多いです。



正月の賑わい。

知らずに写真撮ってる人がいましたが、
この門の中は撮影禁止です。




神様にご挨拶をして、
今年も来れた事に感謝しました。



宮司さんの2019年今年の漢字は

「刻」 でした。



熊野本宮サイトから引用します↓

******************************

新しき年の一文字として、干支の「亥」を含む「刻」しかないと感じ、
謹書いたしました。一日一日を大切にし、それぞれの時を刻んで、
この一年が平穏で穏やかな年でありますことを願いつつ、この一文字を
納めさせて頂きました。

******************************


熊野本宮サイト新年の一文字リンク 





昨年2018年の

清水寺で発表される今年の漢字は「災」でしたが、

それの真逆を行く、
前を向く姿勢。



後ろを向いたままでいるより、
前向いた方がエエって事だと思います。

生きている限りは、
生きれることしたいし。



師匠とお守りを送り合います。

僕が選んで貰ったのは、
厄除のお守りです。


ギャルっぽいピンクで
テンションも上がります。



去年は見かけなかったようにも
思いますが、

白粥接待所なる場所を
石段の中腹に発見。


時間帯に寄って
開いてないとか、そういうことかもせんですが。



ふんわり柔らかな白粥と、

塩分10%以上と思われる、
きっちり梅の美味しさを感じる梅干し。



料金は掛からないですが、
気持ちを入れる器がありました。


もともと熊野本宮大社があった場所、
大斎原(おおゆのはら)へ向かいます。



2019年1月現在も、
日本一高いと思われる鳥居。

高さ約34m。幅約42m。



この巨大な鳥居をくぐった先が、
大斎原です。


一見、何も無いですが、
お参り出来る場所があります。

心落ち着く場所です。



大斎原横にある広大な河原。

僕はココを賽の河原みたいやなぁーと思います。



悪いイメージではなくて、
良いイメージでです。



お決まりの「もうで餅」を買って、

さっそく頂きます。



玄米粉の芳ばしさの、
柔らかいお餅。


東京の喧騒から、
田辺の静寂と空気に一変したことで、

僕は落ち着きすぎて
このあと凄く眠くなりました。


夕間詰めに短時間行こうと思っていた釣りも、
眠すぎてやめて、

帰り道の途中で車を停めて、
ズシンと眠りました。



あらためて、
田辺の景色の中にいると、

安らぎます。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

南紀串本・大江戸温泉物語で日帰り入浴


和歌山県串本町の市街地にある、

南紀串本 大江戸温泉物語に日帰り入浴に行きました。


大人1000円。

綺麗な内装でロビーのお姉さんの接客良かったです。


大江戸温泉物語と言うからには、

温泉凄いかなぁーと期待するも、


内湯ひとつ&露天ひとつ。


温泉物語的にはこんなもん?なのか、

どうなのか?


泉質は悪くないです。





露天からの景色はこんなのに近い感じ。


この写真は庭で撮ったんですが、

こんな風に橋杭も釣り人も見えます。


露出も出来ますが、

お控えなすってぇー。




マンガ読みながらゴロッとできるスペースがあり、

他にも椅子多数あるので、

釣り後のちょっと休むなんてのも、

良いかも知れません。





ホットコーヒーと水も飲み放題。


フリーwifiもあります。


串本での釣り終わって、

お風呂でサッパリして、



ちょっと休んで1000円なら、

遠方から来る釣り師さんには、

なかなか良いかも知れません。


南紀串本・大江戸温泉物語サイト↓
https/kushimoto.ooedoonsen.jp/



----------------------------------------


~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

白浜花火大会・穴場探し

2018/8/10
白浜花火大会の穴場スポット探しに行ってきました。



田辺市から湾岸線走ると渋滞ひどそうな
googlemap情報だったので、
白浜ICから半島南側を周り、
平草原公園を通過してたどり着きました。






かなり大回り。
結局それでも、ある程度は渋滞あり。






場荒れが嫌なので詳細は書きませんが、ここに駐車。

19時過ぎで、20時からの花火開始近い時間ですが、
余裕で停めれました。






ここから徒歩15分ほどでポイントへ。




人少なくて、道端のコンクリに座って観れます。
または下の砂浜でのんびり観ることも出来る場所でした。






正面の海上から花火が打ち上がるのが見えます。





残念ながら風は正面からで、
煙で花火は少し観にくい状況。

白良浜からだと観易い風向きでした。








やはり白浜花火大会は豪華な花火。
色の変化や形、リズムなど、
見所が沢山あります。








おらに元気を分けてくれっ!!




※水面に光っているのはナイアガラです




フリーザ砕け散る。






花火終わる前に帰るつもりが、
結局最後まで。

渋滞にハマり。




まったく車が動かない時間を過ごしつつ、
3時間かかって帰宅。


googlemapの渋滞表示もイマイチあてにならず、

赤い色ではなく真っ白な渋滞なし表示でも、
極度の渋滞発生。




特に白良浜周辺と
白浜半島北側を田辺市へ向かう道路は
異常に混んでいました。



白浜半島南側を通ったほうが、
まだマシかも知れません。


南紀白浜観光ガイド・サイト↓
http://www.nanki-shirahama.com/index.php

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

鹿島神社奉納花火祭2018

和歌山県みなべ町では

毎年8月1日に
「鹿島神社奉納花火祭」が行われています。

駐車場無料で、観覧も無料。

砂浜に座って、
近くの漁港から打ち上げられる花火を
すぐ近くから観ることが出来る花火祭です。

鹿島神社。

小さいながらも、
趣深い神社です。




20連発。30連発と花火があり、
その合間・合間に、
協賛店・協賛者の名前が読み上げられる。

やっぱり「釣太郎」と聞くと、
ちょっとテンション上がる。


ほか、今年は梅干し屋の名前が耳に止まった。

梅干し屋に就職したからかも知れない。



爆発。

プリッツ的な小気味良い音の
色彩豊かな花火。

ぷりぷりプリッツ。



横打ち。

小さな花火大会やけど、
迫力がある。

というか、近い。




ドーーーン!!

爆発。



みなべ観光協会サイト↓
https://www.minabe-kanko.jp/sightseeing/1031




過去ブログ:

鹿島神社の花火大会2016
http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/81-efa3.html

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

田辺祭2018 本祭

田辺の地ビール。
「ボイジャー ブルーイング」の出店がありました。

食べログ「ボイジャー ブルーイング」↓
https://tabelog.com/wakayama/A3004/A300402/30008932/

生ビールのCOPPER(コパー)500円。

芳醇な香りとコク。
苦味のバランスも良く旨い。


祭りで売ってる350ml缶ビールも500円。
ボイジャーの地ビール飲んだ方がお得だと思いました。



唐揚げは数店舗ありますが、
「けんちゃん」の唐揚げが僕のイチオシです。

ここの唐揚げだけ、
色が白っぽいのが、特徴かと思います。


次々とお笠が闘鶏神社の中へ入っていき、
境内に集合します。

各町のお笠が順々に
本殿前へ。

江川のお笠が、
今年も魅せてくれました。

ウイリーした状態で、
豪快にグルグル回します。

子供による流鏑馬。

皆が静かに見守ります。


馬を驚かせないように、
フラッシュでの撮影禁止。
的に当たっても拍手禁止。

外国人観光客が増えたためか、
英語での注意説明も少しだけ入ってました。


去年は田辺祭が終わってから、
本格的な猛暑になったように思いますが、

今年はすでに猛暑・酷暑。


皆様、お身体に気を付けて。

田辺祭サイト↓
http://www.tanabe-kanko.jp/event/tanabematsuri/


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

和歌山県・田辺祭 宵宮

2018年7月24・25日は田辺祭です。


土日とか曜日は関係なく、
毎年の7月24日・25日に行われます。


本日7月24日は宵宮。



闘鶏神社。


江川組は今年もグルグル回す回数が多く、
荒々しい良さがある。



現実なのか、あの世なのか。
そんなぼんやりした美しい光を見るために、

沢山の人が集まります。


田辺祭サイト↓
http://www.tanabe-kanko.jp/event/tanabematsuri/

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

2018年3月24日島ノ瀬ダムの桜は4-5分咲き

2018年3月24日 土曜。

みなべ町の島ノ瀬ダムへ行ってきました。


※GoogleMapで表示するにはココをクリック






まだ4-5分咲き。

花見客はまだ少ないけど、
十分に見応えがありました。




フキノトウが伸び伸び。

さきに採りに来ても良かったかもなぁー。





あやしげな物体を発見。



鯉のぼりの残骸…。

こわいわー。



天気良く、ポカポカで心地よい。

来週末には桜も散りはじめて、
見頃になりそうかも。



梅は花が散って、
ちょっと寂しい感じ。

みなべも田辺も
あんなに梅の花だらけやったのにね。




近くで見てみると、

実がつきはじめてる感じ。



ここから青梅がどんどん大きくなると思うと、
なんかエエなぁーと染み染み。


----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata


インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

工場見学と3D梅シアターを気軽に楽しめる場所・[梅翁園 梅干館]

梅干に関しての、
観光スポットは、
みなべ・田辺に地味ながらいくつかあります。



梅干は好きで、
ほぼ毎日食べてますが、
梅干についての観光はしたことがなかったので、
行ってみました。




「梅翁園の梅干館」です。

「3D梅シアターの看板の所」と、いうと、
みなべIC使う人なら、
なんとなく覚えがあるかも知れません。



高速・みなべICの近く、
国道42号線沿いにあります。

工場見学、展示ともに無料です。




梅太郎がお出迎えしてくれました。

多分、梅太郎は、
きび団子ではなく、梅干を渡して、
お供を増やすタイプだと思います。




梅太郎の右横から入り、工場見学へ。

受付などはなく、
気軽にそのまま入れます。





残念ながら、この日は工場が休みで、
作業風景は見れませんでしたが、

こういう作業なんかなぁーと、
雰囲気を感じることが出来ました。



金属探知機があったり、
パック詰めはココやな?とか。

出荷作業はココかな?とか、
想像しながら見させて頂きました。




一粒販売の高級な梅もありました。





壁面には梅干についての歴史展示もあります。




梅林を再現した模型もありました。


実物サイズの木なので、

梅はこんな風に、
木に実っていくんやなぁーと、
風景が分かりやすいです。


去年に梅の収穫の手伝いをして、
ひとつの木に、
ひとつの枝に、
もの凄い数の梅の実がなるんやなぁーと、
驚いたのを思い出しました。





そして地味に楽しみにしていた
3D梅シアターへ。

3D眼鏡が入り口に置いてあるので、
自信でそれを取って中に入ります。



内容は、
梅たちの音楽ライブ。




梅干の種類ごとの特徴を表すような楽曲。
アイドル風から、演歌まで
曲調も変えてアレンジされています。



音質がやけに良い感じで、
ひさしく行ってない映画館を思い出しました。





あと、3Dの飛び出す感じを生かすためか、
やけに各キャラクターが
こっちに向かって
色々なものを投げてきます。


そんなに投げんでエエて…と、
色々投げてくるのをツッコム感じなのかも…。





最後までただただ歌のライブで、

ココから何かストーリー展開あるんか!?
と、思いつつ見ていると、


そのままライブで終了。
最後まで、 飛び出す物をいろいろと投げてきました。




どうしたらエエねん…。

と、とにかくライブだけで終わるし、
なんだかシュールな後味。




いや、多分このシュール感は、
関西特有の笑いのとり方やろな…と、

あえてオチをつけないライブを見た感じでした。
逆にソレを楽しむものだと思います。

むしろ、
無料でココまで楽しませる心意気を感じました。








1階には売店もあり、
梅干の試食や、梅酒の試飲が充実しています。


やっぱり食べてみないと、
どれが好みか分からないと思いますので、
食べ比べて好きな梅干し・梅酒を買うのが
良いなぁーと、あらためて思いました。




ソフトクリームを見つけたら食べてみたい僕でして、
試しに買ってみた梅ソフト


飴玉の「小梅ちゃん」のような味で、
酸味も良い感じ。

梅の果肉も少し入っているので、
食感もオモシロイです。




後味はサッパリしているので、

夏の暑い時季に食べたら、
より美味しそうです。






梅干館は、
展示内容が濃すぎず、薄すぎず。

梅干しについて、
気軽にちょっと見てみるのに、
最適な場所でした。


梅翁園 梅干館サイト↓

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata


インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧