釣りのアレコレ

2019年6月14日 (金)

ワークマン・イージス2019のレインスーツ買いました

釣りのレインウェアには、
「ワークマンの透湿レインスーツSTRECH」を
使っていましたが、

梅仕事で山を這い回って、
すでにドロドロ。

撥水性も落ちてきてるし、
釣り用に新しいの一着欲しいなぁーと、

ワークマンへ行ってみました。



アレ!?イージスのレインスーツ出てるやんっ!!と見つけて、

早速購入してみました。




「R-600 レインスーツSTRETCH Perfect 」
税込みで4900円です。



新色の青が、
kawaiiので、コレにしました。



ストレッチ性は、
以前から使っているレインスーツSTRETCHとは、

さほど大きくは変わっていない感じです。

いずれにせよ、
ものスゴイ動き易いので、
嫌な感じがありません。

まさに釣りに最適です。




耐水圧10000mm

透湿度8000g/㎡/24h


透湿レインスーツSTRECHが、
5,000g/㎡ 24h よりも少し上がっているみたいです。


まぁ、だからと言って、
蒸れない訳ではないですが、

やはり3000円ぐらいの激安のよりは
蒸れにくいように思います。



より軽量化されて
Lサイズで590g前後らしいです。

前のレインスーツの重量が分からないので、
どうにも正確には

分からないですが、


やっぱり着心地はより
軽くなったような感じがします。

 



ジャバーっ

と、撥水テスト。



新品なので、
当然めちゃめちゃ弾きます。


使っていると、
必ず撥水性悪くなると思いますが、

なるべく長くもってくれたらなぁーと思います。

あとは、
いつもの撥水スプレーでの対応ってので使ってみるつもりです。




撥水性どうこうもありますが、

地磯釣行では、
生地が避けたり破れたりすることも多いと思います。


4900円で、
この機能・デザインなら、
MANZOKUでもあります。


さすがやで。ワークマン。


ワークマン
R-600 レインスーツSTRETCH Perfect サイト↓
https://store.workman.co.jp/item/item.html?i=4735



----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

極太モンハン仕掛けで挑むもタマミ食わず

2019年6月9日 日曜。

所要を済ませて出発し、
白浜シガー地磯に到着したのは18時前。

ちょうど帰り支度をしていたフカセ師さんが、
ココで初めてエエよー。と、

すぐに場所を譲って下さった。


ヘダイとグレを釣っていたのを、
見せて頂いて、

グレいることにテンションは上がる。


先週に引き続き、
一匹でも釣りたいところ。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:シマノ ADVANCE ISO 1.5号改 530
リール:プロマリン グレシアスピン GR2500LB(改)
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き:GTR M0シブ
オモリ:ガン玉適宜
ハリス:L-SE 2号・3m道糸直結
針:短軸のませグレ 7号

刺し餌:ボイルオキアミL
撒き餌:生オキアミL・ボイルオキアミM・
    グレの舞

*************************************************



 



撒き餌を撒くと、
当て潮。

餌取りは見えない。



暗くなるまで時間もないし、
棚全体を探るためにGTRで全誘導。



ベタ底まえ沈めてみると、
餌は取られる。

表層には何もおらず餌残り。



当て潮で、
浮きが手前に寄ってきて、

道糸たるんでるのか、
浮き当たりが出ない。

フグなのか、どうなのか。





そのうちに、
小魚を追って、
サバ軍団がやってきた。



すぐに撒き餌にも反応するようになり、
釣れたサバ子一匹。


その後も、
着水直後から当たり出るけど、

なかなか針掛かりせず。



チモトにガン玉打って、
仕掛けの馴染みを早くして、

底付近を探り易くするも改善なし。


18時半過ぎて、
もう暗くなりそうなので、

タマミ狙いの夜釣りモンハン装備へ変更。

 

*************************************************

夜フカセ・モンハン仕掛け
竿:宇崎日新 イングラム遠投5号 530改
リール:シマノ アクティブキャスト1120
浮き :キザクラ NF BASIC 0.5号
オモリ:ガン玉薪k
道糸 :東亜ストリングPOWER STAGEナイロン10号・
約200m巻き
ハリス:サンライン 大物ハリス
 フロロ12号・1.5m
針  :がまかつ 極太タマン20号

刺し餌:ボイルオキアミL・ヒイカ・ミミズ
撒き餌:生オキアミL・ボイルオキアミL・
    グレの舞

*************************************************



仕掛けの沈みを遅くしてみたいので、
浮きは0.5号。

針が重たいし、
ヒイカも重いので、

オモリはガン玉で調整。

 



極太の磯竿5号。
今日はハリスも12号。

タマミが食ったら、
ガチガチのゴリ巻き勝負が出来るように、

ドラグもかなり締め気味。



さっき釣ったサバ子を泳がせると、
しばらくして外れてしまった。


あとはボイルと
ヒイカで試す。


いつでも当たり来いよーと構えるも、

ヒイカが瞬殺される。
浮き当たりなしヤシ、

おそらくフグがいるっぽい。


追尾性も高いので、
かなりの数がおるんかも。



ボイルに変えたら、
まだサバがいるようで、

道糸張ったらコツコツするけど、
針掛かりはしない。




日暮れには
他の釣り人はみな帰って一人きり。

蚊に襲撃されて
イライラ。


赤い蚊取り線香使ったら、
やはりマシにはなる。







エサ取りだらけやなぁーと思ってたら、
突如浮きがシモ~とゆっくり沈む。

そのまま待っても、
走らず同じ一からほぼ動かず。

多分、クロアナゴかウツボ。


先週と同じで、

仕掛け着水して数秒後から
浮き当たりが出て沈む。


ヒイカの刺し方を
2度縫いから3度縫いに変えて、

エサ持ち長くしようとするも
効果なく、

待って合わせても、
針デカすぎるのか掛からず。


ミミズを刺し餌に使ってみると、
垂れた部分は食べられ、

針に掛かった部分は食べ残し。




また、ヒイカに戻して、
沈みに合わせるタイミングを変えてみるけど、
掛からず。






10分ほどで。
浮き当たりは出なくなり、

またフグらしきに削り食われるだけの状態になった。



また餌残りがちに鳴るも、
すぐに無反応で取られる状態に戻る。

 

タマミ来ず。

粘った21時半に撤収。


小潮23時半の満潮まで待つと、
翌日の仕事が超しんどいので、

やめておいた。




やっぱ満潮前後が良かったのか、
海況悪かっただけなのか。



----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

短文・日曜やることいっぱい・そして釣り

1週間の梅仕事で激疲れ。


夜明け前に起きるも、
身体がなんかおかしいので、
3度寝・4度寝。



午前中はゆっくり。

洗濯と部屋の掃除。



昼から
車の天井のペンキ塗り。

やっと白が終わった感じ。

次はクリアーの予定。






釣太郎でアオリイカ・フェスタの
抽選賞に当たっていたので、受け取り。

 



アオリ・がまかつ・HAYABUSAのステッカーと、
エギ。
スライドハサミ。
ヤエン道糸の4号。
TORAYのタオル。

でした。


TORAYのタオルが、
地味に嬉しい。



夕方から白浜シガー地磯にてフカセ。

釣れたのは、
このサバ一匹のみ…。

無念。

 

暗くなって、
極太モンハンをするも、

ボイルはサバに瞬殺され、

ヒイカはフグに瞬殺され、

ミミズは針部分を食べ残しされる状況。



途中で、
クロアナゴかウツボらしき、

ヒイカを執拗に追う当たりがあったぐらいで、

モンスターは来ず。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

| | コメント (0)

服を着てのウナギ釣りのはずが…スッポン…ぽん

前日はかなりの大雨で、
日にちが変わるぐらいでやんだ。


梅仕事でクタクタに疲れてるけど、
師匠もウナギ釣りに行きたいと言うし、

また行ってみることにした。



みなべのマイポイントにて、
ミミズを取り、

HY川をみると、
かなり透明度が高い。

大雨の濁りはもはやねぇ…し、

前回と同じ
ABURAAGE川のRecycleポイントへ



ここもめちゃめちゃ透明度高いし、
なんだか無理っぽくもあるけど、

もう日没の19時を越えてるし、
やるだけやってみることにした。

************************************************

ウナギぶっこみ仕掛け 
竿:シマノ さびき道 3-450
リール:シマノ アリビオ4000 
道糸 :ナイロン5号・約250m巻き

刺し餌側ハリス:4号・30cm 
オモリ:ゴム管付きオモリ 5号(中に道糸通して誘導式に) 
針:ウナギ針?号

餌:ミミズ

*************************************************

餌はまったく取られないまま、

やっぱりダメかなぁーと思っていると、
ココンと竿先に反応出るも、

針掛かりせず。



師匠の竿にも、
同じ時間に反応出たけど、

やっぱり掛からず。




19時半。





コココツ・・・・


かなり待っていたら、
グイーーー




合わせたら、
めちゃめちゃ重い。


ウナギならめちゃめちゃデカイと思うけど、
なにやらデカイ白いお腹の魚が水面へ浮いてきた。


ナマズ?コイ?


ゴボウ抜きしようにも、
重すぎて全く無理。


河原まで降りて、
道糸持ってズリズリズリィー。



 

 



はぁ!?

亀か?

 



甲羅が30cmぐらいの
良いサイズのスッポン…。

田辺市の川で、
釣れるとは聞いていたけど、

ホンマに釣れた。
それも良型やし…。

 

 

 

 





捌いて食べてみたいとも多いつつ、
そもそもどう掴んで良いものかも分からん。

動きも止まってると思ったら、
急に素早い。


いつ、指噛まれるか分からんし、
とにかく恐い。


針は飲んでるので、
外せんし、

ハリスを切ってリリース。
スマン。

 



釣り再開。

水が澄んでるので、
ハリスにつけたケミが良く見える。

なんか引っ張られてるような、
縦に潜って浮いたような。

でもドラグも出ないし、
やっぱり水流で押されただけなのか。


20時過ぎ。

ずっと、明確な反応がないので上げてみる。



ちっせーウナギ。
30cm。

そりゃ明確な反応出ないわ。
リリース。

 



とりあえず迷刀「さびき道」は、

この日、
良型スッポンと、
ちっさいウナギを釣った竿となった。

 

 

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

釣太郎の夜釣りダービーが始まりました!!ご安全に!!

和歌山県の釣り餌屋「釣太郎」(つったろう)で、
夜釣りダービーがスタートしました。



僕は釣りは色々やりますが、
やはり夜釣りモンハンが一番好きです。



昨年2018年は、
コロダイ限定のダービーでしたが、

今回の対象魚は広く、
「イサキ・コロダイ・タマミ・メンドリ」となっています。



コロダイよりも、
タマミ釣りたいわぁ~と思っていた僕にとっては、
うってつけ。

その状況・天候ごとに狙う魚種を変えて、
好きな夜釣りを展開できるようになりました。





それも食べて美味しいイサキ(イサギ)や、

一般的に人気ないけど、
実はフレンチでは高級魚であるメンドリ(ホウライヒメジ・オジサン)も

含まれており、


メンドリの味の良さも見直されるかもなぁーと
思ったりしています。



魚種ごとの4部門のランキングに分かれていますので、
くっそ強いタマミ(ハマフエフキ)が釣れなくとも、

でっかいオジサンでも
ランキング入りが狙えたりする訳です。

 

夜釣り初心者から、
凄腕の上級者まで楽しめる、

釣太郎ならではの
ゆるい・楽しいダービーに、
今回もなりそうです。


釣太郎・夜釣りダービー
http://blog.tsuttarou.com/archives/49423

 

参加費1000円で
4部門すべてへエントリーが可能。

釣り方に特に規定はないですが、

先にエントリーしないで、
釣行後に、
魚を持ち込んで同時にエントリーすることは不可です。




まだ明記されていないですが、
おそらく各部門ごとに、

上位だけでなく、
その下の順位の方まで、
まんべんなく商品が当たるのではないかと思います。


また、オキアミ・集魚剤の割引もあるようですね。


餌を買うには、
基本的に釣太郎を使っている僕にとって、
けっこうな割引額になりそうです。

 

 



持ち込みスタンプでの
割引クーポンもあります。





まぁ、
それはそれとして、
夜釣りはオモロイし、ドキドキしますけど、

かなりの危険を伴います。




夜の海に着衣で落ちたら、
水温の高い夏とはいえ、

這い上がるにも、
磯でズタズタの血だらけになりますし、

流されたら、
暗い中での発見は困難になります。



ライフジャケットの着用は必須であり、
磯へ行くなら、
滑りにくいように磯ブーツも絶対必要です。


なめてるヤツは
ホンマに死ぬので、
絶対に夜釣りはやらないでくださいね。


お前が流されたら、
助ける僕が迷惑なんだよ。ボケっ。

と、思ってますよ。





また、夜釣りにおいては、
ライト問題があります。

危険な状況出ない限り、
絶対に海面を照らさないようにお願いします。


ライトの明るさで、
狙う魚が驚いて逃げてしまいます。





道糸の状態が見えないから…とかもっての外、
昼の釣りで感覚掴んで下さいね。


タモ入れはノーライトが基本です。




かすかに見える海面のバシャバシャの位置と、
音の方向から感じてタモ入れして下さい。




そんなの無理。
ってやつは、そもそも夜釣り出来る段階ではないので、

やらんといて欲しいですよ。



自らの安全のためにも
その方が良いと思います。

マジで。



そのぐらい夜釣りは危険であり、
立ち振舞いも難しく、


いざ、万が一のピンチの際に
まわりの人に助けて貰えるチャンスも

格段に下がる釣りな訳です。



別に死んでもエエわー。
って人は、

釣りは初めないで、
暗くなり次第、さっさと海に飛び込んで下さいね。

その程度出来ないレベルの覚悟のヤツが、
釣り場で死んでくれると迷惑ですし、

僕はそんなヤツ助けたくないですので。





夜釣り好きなみなさま、
どうぞご安全に楽しい釣りを。

そして、良い勝負をしましょうぞ。



興味のある初心者は、
かならず経験者と行きましょうね。

ベテランと経験を積めば、
夜釣りはめちゃめちゃオモロイですよ。

 

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

| | コメント (5)

2019年6月 6日 (木)

長雨の白浜地磯・後編

2019年6月2日 日曜の後編。

白浜シガー地磯の河口対岸。




満潮の近くなって、
帰れなくなりそうな溝を越えて、
一段手前へプチ移動。

もとの場所でタカノハダイ釣れたし、
やはりポイント替えるが吉。

 

駐車ポイントへの戻る道。

なかなか水没していて、
日暮れの19時過ぎで帰れるか不安。



この場所は足元のキワが狙いやすい。

 



アホが捨てていったゴミ。


釣りやってる場合やなくて、
さっさと小学校で引き算を習って来いよ。

 



短軸のちょい大きめへチェンジ。

 



 



ガッシー。





サンノジ。
なんか上向いてきた感じ。



ここで突如、
投入してハリス分巻いて直後に

浮きがスーーーっ



ちょい待って合わせても、
餌だけ取られた。




なんか浮いて食ってるし、
もしやグレが食いだしたかなぁー!?

と、同じポイントで
撒き餌はバシャっと広範囲へ撒く感じで。

グイーーーン!



久々のグレ31cm。


寒グレの後半戦で、
ぜんぜん釣れなかったし、

嬉しい。


 



それも6月だってのに、
小さい白子持ち。


やっと今頃、白子へありつけた。

 



干潮のときに、
潮溜まりで取っておいた糸アオサを使ってみる。

 



アオサ釣りでは、
仕掛けを浮かせた方が良いと聞いたので、

かなりプカプカ浮くのを付けた。



これがまた浮き過ぎなのか、
邪魔。


外して1.5m前後の棚を流してみるけど、


取られてるのか、外れてるのか分からんまま、
糸アオサが削られる。

 



真っ暗になる前に、
夜釣りモンハンモードへ。


またまた太いハリスを車に忘れたので、
ハリス5号で。


針は完全に、
タマミ狙いで極太タマン16号。



刺し餌はキビナゴ。

 



ガシラ。ガシラ。


棚はあってるのか、



足元メインで狙っているので
側面で食ったのか、

海底で食ったのか分からん。

 



暗くなってラスト一投。

ああぁーあ。



満潮から1時間半過ぎて、
道中はギリギリ長靴で渡って撤収。

 

 



グレの白子をポン酢で。
小さいけどやっぱうまい。




 

 

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

梅雨入り前のひさびさ長雨・白浜地磯前編

2019年6月2日。


前日の夜釣りの疲れもあるので、
ゆっくり出発。


師匠が温泉に行きたいらしいので、
日が暮れるぐらいまで単独でフカセ。



向かったのは、
白浜町シガー地磯の対岸。



前日夜のモンハンで、
眼鏡君がブチ切られて、

その後にそやつがずっと居座っていた場所。



モンスターの巣になっているなら、
狙うのもオモロイという考え。



新規開拓の地磯なので、
駐車ポイントも歩くルートも分からないので、

小雨の中でレインウェア着て下見へ。




途中、水没ポイントがあって、
大潮・夕方満潮のこの日、

日暮れ頃に帰れるかというと、
たぶんギリギリ帰れる。

ダメなら時間を伸ばして
安全確保せなならんかも。




切られた浮きあるかなぁー。



おぉ、あった。

写真中央の少し赤っぽいのが、
眼鏡君のブチ切られた浮き。



もうモンスターは付いてないらしく、
おそらく根掛かりして止まっているだけ。



回収しようにも、


基本的に50cmほど水中に沈んでいるし、
タモ入れるには遠いので、無理。



すまんのー。
回収不可。




*************************************************

フカセ仕掛け
竿:シマノ ADVANCE ISO 1.5号改 530
リール:プロマリン グレシアスピン GR2500LB(改)
道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75号
浮き :グレックス G8
    グラビティ G2(&潮受けゴム-G3)

キザクラ NF BASIC 1号
オモリ:ガン玉適宜

ハリス:スーパートルネード 2号・3m
針  :競魂グレ 5号

刺し餌:ボイルオキアミL
撒き餌:ボイルオキアミL・生オキアミ M・
    グレの舞

*************************************************

 



開始直後は2枚潮っぽく、
あしもと狙いでも、

なんだか撒き餌とあってない感じ。



底付近まで沈めてホシササノハベラ。

そこまで餌が残っていたので、
エサ取りの活性は低い感じ。

 



針を獲ってくれるフグ。

 



ちょい重くグラビティG2。

同調しやすいようにオモリ付き潮受けゴム-G3。

 

足元でフグ連発したので、

10-20m先の範囲内で探ってみる。



結局ベラ。


でも、一瞬だけ、
黒っぽい魚の姿が水面に見えた。


グレだったらエエけど。

棚浅くしてもアカン。

 

 


矢引きまで上げる前に、
いなくなってもうた。



足元のキワ狙いに戻したらタカノハ。


潮悪いからもうダメってか…。


デカイ海亀もブッシューやってるし、
アカンっぽい。

 

こんなときに移動して、
良い魚釣れた経験もあるので、

ある程度移動しても良いとも思いつつ、

シンドイから30mほど川上流プチ移動で、
もうちょっと手前へ。

 

続きは後編で書きます。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

第一回アップルパイカップ開催

2019年6月1日 土曜。


梅雨も近くなり、
ぼちぼちタマミも釣れやすくなると思い、

今季初の極太モンハンをすることにした。




梅仕事が終わってから、
眼鏡君と出発し、

釣太郎白浜店で餌仕入れ。

夜釣りダービーも
申し込み完了。




白浜町シガー地磯へ20時前着。



モンハンらしき釣り師さんの明かりが沢山見える。

ついに、本格化してきた感。


一番右手の河口ポイントで開始。


眼鏡君は河口面で。
僕はその左手のデコボコポイントで。





今回の目標を眼鏡君と相談。


持ち帰る魚種の1匹長寸に決定。

魚種問わず、
持って帰るなら対象。




商品は肉まんにすんの?


肉まんは…いまはいらんでしょ。
アップルパイでどうです?



ということで、

今回は、
第一回アップルパイカップとなりました。



アップルパイカップ。

アップルパイカップ。


と、何度も言い続けると、
変な感じになるので、皆様お気をつけくだされ。

*************************************************

夜フカセ・モンハン仕掛け
竿:宇崎日新 イングラム遠投5号 530改
リール:シマノ アクティブキャスト1120
浮き :キザクラ NF BASIC 1号
オモリ:水中 -0.8号+ガン玉適宜
道糸 :東亜ストリングPOWER STAGEナイロン10号・
約200m巻き
ハリス:エクシード 5号・3m
針  :マダイクワセSS 11号
    赤夜光 真鯛王 12号

刺し餌:ボイルオキアミL・キビナゴ
撒き餌:ボイルオキアミL・生オキアミ M・
    集魚剤いろいろ混ぜたやつ

*************************************************




ハリス10号を車に忘れたので、

ハリス5号で。



どんなに太くても、
根に入られたら切られるでしょ?

と、眼鏡君。



まぁ、たしかに。


とにかく当たったら、
根に入られる前に

引っ張り合いにもってかんとキツイかも。





磯竿5号に、
デカイリール。


くっそ重いし、
操作がさすがにキツイ。




餌は触られたり、
取られたりするけど、

たぶん小魚っぽい。






やっとのゴンちゃん。



こいつらが群れているなら、

キビナゴ使った方がエエかなぁーと、

刺し餌をボイルからキビナゴへ変更。




ジワジワぁ~

浮きが沈むけど、
かなり待って合わせても

なかなか掛からない。






かなり待ったのち、
やっと掛かったのが、



40cmのクロアナゴ。

ひさびさなので、
これはキープ。


もう勝ったわ。
アップルパイカップもらったわ。

 

眼鏡君がクロアナゴやウツボを釣ったとしても、
お母さんが長モノ嫌いなので、

絶対持ち帰らない。



つまりは、
釣りやすい長モノが活性良ければ、

僕の勝利はかなり高くなる。


へっへっへ。


もっとデカイの釣ったるから。

と、眼鏡君もまだまだやる気。



針掛かり悪いし、
餌取りは多くはない状況。


タマミを視野に入れて、
針大きく目立つのに変更。





ココまで眼鏡君は何も釣っていない、

でも、
浮きはジワジワ時折沈んでるっぽい。



何かを感じて、
ふと眼鏡君の浮きをみると

パァン!!

あぁあああああ!!

竿折れたっ!!


眼鏡君の浮きが
ズズズズズっと海に引き込まれて消えていった。




モンスター襲来。



気付いたらガチガチのドラグが引き出されて、

40-50cmぐらいの重量感。


これは獲れると思ったら、
一気に突っ込まれ、

ブチ切られて5秒KO。



餌はボイルオキアミ。




そしてまた、
眼鏡メガディスが折られたと思ったら、
幸運にも竿は無事。

PE直結部分に急激に負荷がかかって、
変な音がして直結が切れたらしい。




気付けば、
河口対岸地磯に

浮かんでは走って消える
眼鏡君の浮き。


その後もずっとそこにいたので、
あそこはモンスターの隠れ家なのかも。






ともあれ、
モンスターはいるのが分かったので、

テンションは上がる。



眼鏡君は放心じょうたいなのか、
あのモンスターの引きでMANNZOKUなのか、

仕掛け作らずに僕の釣りを見ている。



早く釣ってくださいよー。

2mのクロアナゴ釣ってくださいよー。



眼鏡がうるさい。



でも、
ガッシー。

 

よりでかいクロアナゴ釣ったけど、
なんか、サイズアップさせてもなんか嫌なんで、

リリース。



ウツボもリリース。


まだチャンスあるかも?とも思ったけど、
疲れ切っているので、23時過ぎに撤収。



クロアナゴ釣ったし、
アップルパイカップは勝てるけど、

モンスターにブチ切られた方が
ずっと楽しそう。



自分で審議を申し立てた末に、
今回の勝負はドローとしました。

 


まぁ、それにしても

自分が掛けてなくても、
眼鏡君がモンスターを掛けたらテンション上がって楽しかった。


あんなモンスターを
この夏は獲ってみたい。


でも、そんな時に限って、
細い仕掛けの眼鏡君にばかり食いつくんかもせんけど。


でも、
極太でせめてみるつもりです。

----------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

短文・夕方にグレ タマミは来ず

2019/6/2


昼過ぎから

白浜町シガー地磯の河口対岸の地磯へ、新規開拓に行ってきました。



眼鏡君のモンスターにブチ切られた浮きを発見するも、

モンスターは、

もうそこにはおらず、


浮きも沈んで根掛かっていて

回収出来ず。


ベラ、フグ、タカノハダイと、

アカンパターンかと思いきや、



サンノジ後に

夕方満潮前に時合いがあり、

ひさびさのグレ31cmげっと。


連続でグレらしき当たり出るも、

掛けれたのは一匹のみ。



19時半までモンハンもしましたが、

良い当たりなく、

ガッシー。



小雨だからか、

他に釣り人はいなかったです。


| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

短文・モンスターは細い仕掛けの方に食ってくる説

2019/6/1


眼鏡君と出発し、


20時から

白浜シガー地磯にて

夜釣りモンハンしてきました。



モンスター襲来により、

眼鏡君5秒KO。


切られた浮きは

ずっと河口対岸でウロウロ。


僕は主に

ニョロニョロ。


なんで、こっちに食って来んねん。




でも、

確実にモンスターはいたので、

興奮しました。


この模様は、

後日の第一回アップルパイカップとして、書こうと思います。


せっかく磯竿5号使ったのによぉー。



眼鏡メガディスは、

PE0.8号にて直結部にてやられました。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧