日々のアレコレ

2023年7月11日 (火)

写真がアップ出来ないままなので、新規ブログを検討するにいたる

写真がアップできないままなので、

他のブログサイト作らなあかんかなぁーと、
考えております。




有料プランに変えてまで、

このアフィリでの収入も何もないブログを
書き続けるほど、

僕は良い人間ではありませんので。





缶コーヒー買うのをためらうほど、

貧乏な僕が、

なぜ毎月300円やら払ってまで、

ブログを書くのかというと、


シュールすぎるんですよ。



ボランティア精神なんてもんは、
全くないし、

そういうのは嘘をはらみやすくなりそうなので、

やりたくない。



すでに、今までも

仕事終わりの疲れた時間に、

毎日1-3時間かけてブログ書いてるんですよ。



誰に頼まれた訳でもなく、
好きでやってるんですけども。



で、それを

さらにお金払ってまでも続けるか!?

と、考えると、

それはちゃうなぁー。


と、思うんですわね。






ブログを書く目的としては、

まず、僕自身が、オモロイと思って書くことが最重要です。



誰かに好かれようとか、

コメント欲しいとかではないんです。



承認要求は無いとは言わないですが、

それは重要ではない。






第二として、

そんな自分勝手なブログであるけども、

誰かの毒や薬になって、

オモロイなぁーと思ってもらえたら、
嬉しいんです。



そのために、

書き方も考えるし、

写真もこまめに撮るようにしています。





この2点ぐらいなもんですわ。

普段の僕は結構八方美人なところがあるので、

ブログの中ぐらいは、
正直でおりたいというか。



そのままで、オモロイと思って、
読んでくれる人がいたら、

いかに有難いことかと思うんです。





そんなことから、

無料で画像が無制限に載せれるブログを探してましたら、

今のところ、楽天ブログが良さそうな感じです。

そこ以外は、
いまのところ見つかってません。






このブログを書いているNiftyには、

過去に仕事で関わっていたし、

好きなんですが、

さすがにこの状況やと、

続けるのもシンドイんですよね。



過去のクソほど吐き散らしたブログは
そのまま保持しておいて、

別のブログを作るのが最良かなぁーと、

いまは、思っております。




なんせ、写真があったほうが、

その時の空気感は文章に増して伝わりやすいですし。



どないしたもんか。



文章だけで表現できるならば、作家ですよ。

僕にはそこまで文章力がある訳でもない。





写真だけで表現できるならば、写真家ですよ。

相手の創造に任せすぎるので、

それは僕は好きではない。




YOUTUBEでただ動画アップするとか、

説明が乏しければ、

どうしても独りよがりになりがち。




これは好みの問題なんですけども。


-------------------------------------

| | コメント (0)

2023年7月 9日 (日)

すっかり夏

この2023年は
和歌山・近畿ではまだ梅雨明け発表はされていませんが、

もう梅雨明けしたと思えるほど、
鋭い夏の日差しになり、

暑さも一段と上がったように思います。


 


セミは夜明けとともに
泣き始めています。



もうすっかり夏ですね。



 


梅の収穫仕事からの
ひとあし先に離脱し、

今週から工場での出荷の仕事。



白衣で全身覆った状態で、
動き回るので汗と湿度でサウナ状態です。


熱中症ヤバイです。


頭がグワングワンなって
目の前に軽く緑のフィルターかかった状態になりましたが、

水をこまめに


口を潤す程度にとって、なんとかしのいでいます。



あとは、マスク外して深呼吸。

食品の工場なので、
衛生上マスクせなアカンので、

合間合間でなるべく深呼吸。




汗でビショビショですが。


 



週1日は休みあるので、
なんとか体力維持してやっていけそうです。


で、土曜の夜か、日曜の夜に
夜釣り行こうかと思っていたのですが、

またまたの週末、雨&南風の高波。



海の神様は、
狙ってこういうことやってきてるちゃうか?と、

思うぐらいです。



地磯でモンハンはさすがに危なそうなので、

やめておきまして、

土曜夜は近場の漁港で

1時間半だけフカセしました。



釣果は、
コッパグレ・子サバ・アコウ・ヨコスジイシモチ。


狙いのマダイは釣れなかったですが、
内湾でも、ちょっと潮動いてる状態でした。






-------------------------------------


| | コメント (0)

2023年7月 6日 (木)

呪術廻戦アニメ第2期はじまります

待ちにまった。待ちすぎた。

呪術廻戦の第2期のテレビアニメが、


本日2023年7月6日深夜23時56分からはじまります。





この40歳過ぎた年齢で、

あらためてアニメを見たりしていますが、


特段・だんとつに好きなアニメが
僕にとっては呪術廻戦です。



何回観たか分からんですが、
6回以上は確実に観ています。

その人物が、
自らの思いのために、
戦う姿に何度も泣きました。



泣いたからスゴイって訳ではなくて、

僕の心情を救ってくれるようなシーンが、

沢山あるからだと思います。







格闘技・剣術・武術がしっかりした


アクションシーンがスゴイのもそうですが、

人物それぞれが抱える思いと、
それが影響しあっていく過程。


セリフまわしの軽く見えるけど重いところ。

BGMと映像のシンクロ。



僕はものすごく好きなんですが、

別に好きでもなんでもない人もいるわけです。




うちの師匠なんかは、

ぜんぜん好きではないようですし・・・。




ツイッター見てたら、

よく分からない。なんて意見もあったり。





ラーメンもそうなんですが、

好みはそれぞれなんで、アレです。






僕は楽しみでしょうがない。


あえて、原作の漫画は読まずに、

アニメ版という音・動き・言葉の融合した

作品として観たいので、

待っている派です。





先を知りたいけども、

あえて我慢する派です。




良い作品であるほどに、
ファーストインパクトが自らに与える打撃が大きいので、

それを大事にしたいというか。




気が向いた方は、
ぜひ観ていただきたいです。


オモロイかは分からんですが。



呪術廻戦アニメサイト↓
https://jujutsukaisen.jp/onair/

※見逃し配信もいろいろなとこでありまっせ




 



-------------------------------------


| | コメント (0)

2023年7月 5日 (水)

「その花を食べまくって」というレッチリの楽曲・洋楽の奥深さ

僕はカラオケに言ったら
邦楽も歌うけども、洋楽も歌います。


こないだは、
QUEEN「Don't stop me now」「Bohemian Rhapsody」
Ben E.King「Stand by me」
Carpenters「Yesterday once more」

尾崎豊「I Love You」「黄昏ゆく街で」
米津玄師「檸檬」

など。



英語で洋楽歌ったからスゴイとか言う人はいますが、
そうはまったく思ってなくて、

洋楽・邦楽関係なく、
その歌が好きだから歌いたいだけです。


発音なんか間違ってたって、
なんだってエエんですわ。

音程はずれたって、
なんだってエエんですわ。



歌いたいから歌い。

それだけのことなんです。



人目を気にしすぎるのは日本人のよくあることなんですが、

一番重要なのは、
歌いたいから歌うってことだと思っています。



プロの歌手のステージと比べたり、

カラオケの得点が何点かとか、

何様だよ。と。




テレビでカラオケの点数を競う番組とか見ると、

音程にとらわれてるだけで、

歌がそもそも何たるかを
まったく分かってないんやなぁーと、

吐き気がします。



歌ってのは、
その人の在り方であって、

それが何も意味をなさなくてもエエし、

誰かを感動させたらもっとエエってだけなんです。





英語の歌においては、

僕もそんなに分からないのですが、

感情的になんかスゲーとなって、

翻訳した歌詞を見たら、
そういうことか!と、思ったりすることが多々あります。


僕の経験上の話しですが、

洋楽でスゲーとなった曲は、

やっぱり歌詞もスゴイです。



今の日本での流行りの曲では、

まずありえないであろうレベルの
歌詞世界があるんです。




最近、聴いてる曲で、
レッチリの「Feasting on the Flowers」について書きます。

曲名を直訳すると、
「その花を食べまくって」だそうです。


その花とは、ケシの花であって、

麻薬中毒で若くして亡くなった
バンドメンバーについて、いまさらになって

書かれたような曲。

 



時が経ったからこそ、

その時の冷静に見つめて、
歌詞に描くような。


生々しい感覚を
楽曲としての表現に作り上げたような。



悲しさだけではなくて、
出来るだけ冷静にその時の自身を見つめて、

そこからこれからの人々のために、
何を言ったらエエんやろうと、

アンソニーらしい優しさをもって、
書かれた曲だなぁーと思いました。




「Feasting on the Flowers」和訳サイト
http://blog.livedoor.jp/hadey0001/archives/9835056.html



 

 



-------------------------------------

| | コメント (0)

2023年7月 4日 (火)

2023梅バトル終了(早めの離脱ではありますが)

2023梅バトルも
やっと終了となりました。

僕は、梅干しメーカーに勤めておりまして、
普段は、出荷業務と事務をしております。


梅干しメーカーなんですが、
梅農家さんの手伝いで派遣されたり、

自社の梅農場も管理したりという感じです。



普段は外の仕事には行かないですが、

この収穫時季だけは、
連日、梅収穫の外仕事をしている訳です。



外仕事のメインメンバーは
年々辞めてしまって、

今回は新人2人の外仕事メンバーが入り、

唯一の生き残りとなる僕が、
梅収穫関連の仕事を教えて、覚えてもらって、

収穫作業をしておりました。



僕らが行っている畑では、
もうほとんど梅が落ちており、

いつまでもダラダラと残る梅は
竹竿でたたき落として、

収穫を終了としました。





あとは、広々と敷き詰めた
ネットをしまう作業となりますが、

しばらく前から梅の出荷作業が
忙しいようなので、

僕は先にもとの仕事に戻ることになりました。




この夏の暑い時季の
ネットをしまう作業。

草が伸びてネットを貫通していくので、
早く終わらせたほうが良いのですが、

あとは新人さんに任せることになりました。





僕が知る範囲での基本は教えたので、

あとは、自らのやりたい方法にアレンジして、

完了させてくれるでしょう。




なんにせよ、失敗したとしても、

それもまた学びであって、糧となるので、


多くは教え過ぎなくて良いかなぁーとか思ったり。



僕自身も、大して知ってる訳でもないので、

僕の知らない方法を
見つけてくれることを願いつつです。




今年の梅収穫は、

明確なピークがなく、

なんとかシフト組んで、
週1日は休みとれて、身体は少しマシでした。



梅の値段もむちゃくちゃに安いので、

選果も厳しめとなり、

捨てる梅も多かったです。



こんなに梅捨てた年は
いままでなかったので、

なんか変な感じです。





薬剤散布や、ネットの敷き方、

そもそもの草刈りの具合などの影響もあって、

汚い梅がかなり多かったというのもあります。




農業って、1年に一回だけの収穫となることが多く、

それだけ先人の知恵、場所ごとの違い含めて、

学ばなければならない事が多いんですよね。



それが上手くいかなかった
今回の収穫でもあるので、

僕自身の経験にもして、

来年にもっと綺麗な梅が沢山採れるように
なればエエなぁーとか思ったりしてます。




梅干しも、梅酒も、

まったく用事ない人も沢山いるのでしょうが、

どちらも僕は好きです。




日本独特の加工食品だったり、

健康に良いとか、色々ありますが、

そんなんは、けっこうどうでも良いんです。





身体が欲していて、
食べて、美味しいってだけなんで。



おかげさまで?か、
他の精神状態の関連か知らんですが、

大きな病気もすることなく、
今のところは元気に暮らしています。


まぁ・・・この収穫で、
身体疲れましたけども。

下腹のポッコリがなくなって、
スタイル良くなりました。YO。


 


 



-------------------------------------


| | コメント (0)

2023年7月 3日 (月)

梅の値段がむちゃくちゃな安値になっているのに、地元ニュースにもならない怖さ

 

梅農家としての
収穫した梅をお金に換える方法はいくつかあって、

この時季だけ開店する「野買い」へ売りに行くとか、
「市場」へ売りに行くとか。

その日に収穫した梅を、
即日でお金に換える方法がひとつ。

 

ふたつ目としては、

加工して、より高値にして、
お金に換える方法。

家に備え付けた2000-5000リットルの巨大なタンクに
梅を塩漬けにしておいて、

梅を天日干しにし
等級・サイズごとにより分けて樽詰め。


原料として、白干し梅として、
梅干しメーカーや、
仲買い業者に売る方法もある。

 

 

先にも書いたように、

和歌山県・南紀では、
収穫した梅を、そのまま買い取ってくれる

「野買い」というお店が、
この時季だけオープンする。

 

僕の知っている限りでは、

1kgあたりで、
だいたい120円~200円程度で、

収穫した梅を買い取ってくれるのだけども、

 

今年は、
40円~60円。


嘘でしょ!?

 

というぐらい、
むちゃくちゃに安い。




毎月給料を貰って生活している、

多くのサラリーマンからは
想像しにくいかも知れないのですが、



梅農家の収入は、

この収穫時季が主となります。


塩漬けにして、
数か月~数年かけて換金する場合は、

また別の話しとなりますが。



家にタンクを持たない梅農家にとっては、

1年に1期間しかない収穫にて、

収入が1/3~1/5という、
むちゃくちゃな状況になります。



年収300万円の人からすると、

年収100万円以下。




もちろん、多くの農家は、

不作を含めた、収入減に備えて、

蓄えがあるのでしょうが、

今年はとくに大きな収入減になったのでは
ないかと想像します。




農家潰しイヤーとでもいうような、

むちゃくちゃな値段設定ですが、

誰が決めたんでしょうね。





日本国内の
梅収穫量が50%を超える和歌山県ですが、

このようなむちゃくちゃな梅の値段の下落について、

和歌山県内のニュース・ネットでも、
あまり取り上げられてないように思います。



和歌山県在住の、
梅に関わらない人で、

このこと知ってる人って、
どのぐらいいるんやろうなぁーと、

思ったり。




 


この値段を決めた側からすれば、

なるべく話題に上らないように、

口止めして、情報をコントロールしておいたほうが、
のちのち利益となるので

そりゃそうやろうなぁーと、
普通に納得してしまいますが。


 

 

去年、ツイッターで少しバズッた、

梅干し高値すぎて売れ残ってます。の、

首謀者がバレないように、

しておいた方がエエですし。





ツイッターでバズった梅干しメーカーも、

そこに触れたら潰されるので、

その大事なところには触れないんですよね。




家族と従業員の生活を維持するのは、

とても重要なことです。






今の日本という国は、

権力を持っている側が、

情報をコントロールして、

自らの利権を、より安全に守りつつ、

利益を上げていくのが当たり前です。




テレビも新聞もネットも、

そもそもそういう力が働いて、
コントロールされた情報が、

より多くの人の目に入るように配信されています。



ネットはまだかろうじて、

少数意見も発信できる状態なので、

まだマシなんですけども。




しかしながら、
すでに明らかになってきていますが、

日本国内での情報統制も、
厳しくなりつつありまして、

中国みたいになりそうです。



気持ち悪い法律が次々成立して、

気持ち悪い世の中になってきているもんですね。




目をつぶって
耳をふさいで

そうしたら楽しく生きられるかも知れないですが。




それもまた、
ひとつの正しさでもあると思いつつ。



-------------------------------------

| | コメント (0)

2023年7月 2日 (日)

写真貼り付け出来な過ぎて、イラついてバイオやる


ブログ書いては見てるんですが、

写真の貼り付けがなんとも出来なくなっております。





古いブログでは、
ブログ運営側・niftyの画像取り込みを使ってましたが、

写真取り込みすぎて容量がいっぱいになったのは、
もう数年前です。




その後は、Googleフォトにアップされた画像を、
フォトエンベットメーカーで
Wordpressで使えるように加工して、

写真貼り付けてました。



フォトエンベットメーカー
https://celtislab.net/photoembed-maker/


が、数か月前から、
変換が出来なくなることが多々ありまして、

ここ数日はぜんぜん出来ない。



ほぼ毎日ブログ書いて、

写真も変換しているので、
悪質なbotだと思われているのか、

人として嫌われているのか、

どちらかかと思います。




別の方法で写真を貼り付けようと、

Googleフォトからの

直接貼り付けも試みましたが、

1つ前のブログのように、
上手くできませんでした。



もっと調べてみないと、

そもそも出来るのかどうなのかもわかりません。




他の対処方法としては、

Niftyブログ(ココログ)の
有料プランへ移行するか、

画像貼り付け放題の、
別のブログサイトへ移転するか。


調べなアカンのに、

疲れているからか、面倒でやる気が起きないんですわ。



この金曜・土曜が
やっとの2連休で、

雨もあったので、釣りには行かず。




寝たり・掃除したり・料理したり。
あと、バイオハザード ビレッジやってます。

職場の人に貸してもらいました。

バイオは出来不出来けっこうあるんですけども、
ビレッジはオモロイですわ。

 

 



-------------------------------------

| | コメント (0)

2023年6月30日 (金)

梅バトル2023終盤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅の収穫量が減ってきまして、

畑によっては、
梅が樹にほとんど残っていない場所も出てきました。


時間に余裕が出来てくるので、

収穫を終えた畑のネット片付けも
平行して進めています。


ひさびさに別グループの畑へ
行きましたが、

草ボウボウ具合が半端ないです。




ジャングルやん・・・。


毒ヘビが足元にいたら危ないので、

注意しながらの作業です。

なんせ、見えん。

 

梅の木に
ヒモでくくったネットを吊るして行きます。


こうすると、
あとで草刈りやりやすいです。

 

and more・・・

-------------------------------------

| | コメント (0)

2023年6月28日 (水)

疲弊したのでキャンプでリラックス・ピザ3枚

2023年6月24日 土曜。




この週は客人も多くて、
梅バトルも騒がしかったので、

ゆっくりしたくてキャンプへ。



仕事終わりから急いで出発です。


 


 



到着した頃には、

もうすでに真っ暗でしたが、
そうそうに炭火の準備をして

腹ペコなので、
飯を食べます。







僕はいろいろと調理して楽しむタイプですが、

やはり初めは塩だけで食べます。



シンプルにして、

肉の美味しさが一番わかる食べ方なので。




そこからコショウを足したり、

焼肉のタレや、BBQスパイスなども使っていきます。




今回は、岐阜で買っておいた
ほうば焼きもやりました。


焼いた味噌が香ばしく、
むっちゃ旨いです。


 



しばらく前から、

カキ食べたかったので、
生ガキも頂きました。



カキ小屋とか、

ひさびさに行ってみたいですわ。







ゆっくりとお酒を飲みながら、

静かな時間を過ごします。




翌朝に備えて、
ピザ生地の発酵準備もしておきました。





フラフラになるまで
酒飲んでから寝ます。



身体は疲れ果ててますが、

どうしても朝は起きてしまうので、

まずは火をつけて、
お湯を沸かします。




 



今回は、簡単なドリップタイプの
コーヒーにしました。



今はインスタントでも十分に美味しいので、

大きな違いはなかったですが、

マイルドな味わいでした。






ここまでピザ4-5回ほど焼いてますが、

さすがに慣れてきました。



1枚目は
ピザソースとミックスチーズとモッツァレラです。




強力粉200g・薄力粉80g・
塩小さじ1杯・オリーブオイル少々・

あとは状況みながらの水で、
生地を作ってます。


 



なんとも贅沢な朝食ですわ。


お金はほとんどかかってないですが、

自らが成長すれば、

何事にも代えがたい美味しさになります。


 



2枚目はサラミとサンチュのピザ。


ちょい焦げましたが、

被害は最小限に抑えた感じ。



焼き加減というのが、

火の調整具合によって変わるので、


焦げる音と、

ニオイに頼りつつ、

じっさいに目でみて焼き加減を確認する感じです。


 



3枚目は焼ガキと、

残りのチーズ全部のせです。


 



具材があふれすぎて
コッテコテになりました。



何事も節度・バランスというのがあるもので、

これは完全にバランス崩壊して、

ピザ生地が具材に負けてしまっています。


 


 


ただ、高級食材使えば旨いって訳ではないです。




キャビアは美味しいですけども、

高いから美味しい訳ではなくて、

タラコに似ていながらも、

ほろ苦さと旨味の強さ。





最近テレビで見て、
違和感あったんですが、

トリュフいっぱい削ってるから、
高級・旨いてきな感じ。



イセエビが


バナメイエビよりも旨いかと言うと、

単純にそうでもないですよね。




イセエビで言うならば、

火を通さずに、
刺身で食べるか、

アラを味噌汁にしたら旨いですよ。




エビフライにしたら、

どっちのエビも同じ美味しさですし。



-------------------------------------


| | コメント (0)

2023年6月25日 (日)

リラックスする為のキャンプからの夕方の釣り

2023年の梅バトルは、

梅の落ちるピークらしきが無い感じで、
いまはダラダラと少量ずつ収穫していて、

今週も日曜休みをもらうことが出来ました。



今週は客人が多くてにぎやかで、
半面疲れたので、

ゆっくりしようと、
土曜の仕事終わりからキャンプへ行ってきました。

 

朝から暑くて、夏を感じました。


タープを今回はじめて張ってみたんですが、

もともと雨除けのつもりが、
日除けとして大活躍でした。



日差し強いと、

疲れがドッとたまるんですが、
かなりマシな状態で、

ゆっくり出来ました。



朝食にピザ3枚焼きましたが、

さすがにだんだん慣れてきた感じです。



具材のバリエーションを
もうちょっと増やすと良さそう。


師匠からもトマトソース使わない方が、
良かった1枚を指摘されました。



チーズのみパターンとか、

ジェノベーゼパターン。


一般的な種類のピザですが、
それもボチボチやってみても

美味しいかも。

 

かなり疲れているので、

かなりゆっくりして過ごして、帰路につきます。



昼寝してから、

夕方からは釣りです。

 

一応は、真鯛・イサギ狙いのつもりなんですが、

子サバの猛攻のあと、

暗くなってからは、ネンブツダイ高活性で終了。



潮はまったく動かず。




足元にカワハギらしきが見えたので、

あれ釣れてたら、
まだマシだったのでしょう。



500gぐらいのアオリイカも見えましたが、
イカ仕掛け持ってねぇし・・・。




かなり警戒心強い感じでしたけども。



-------------------------------------

| | コメント (0)

より以前の記事一覧