« 写真貼り付け出来な過ぎて、イラついてバイオやる | トップページ | 2023梅バトル終了(早めの離脱ではありますが) »

2023年7月 3日 (月)

梅の値段がむちゃくちゃな安値になっているのに、地元ニュースにもならない怖さ

 

梅農家としての
収穫した梅をお金に換える方法はいくつかあって、

この時季だけ開店する「野買い」へ売りに行くとか、
「市場」へ売りに行くとか。

その日に収穫した梅を、
即日でお金に換える方法がひとつ。

 

ふたつ目としては、

加工して、より高値にして、
お金に換える方法。

家に備え付けた2000-5000リットルの巨大なタンクに
梅を塩漬けにしておいて、

梅を天日干しにし
等級・サイズごとにより分けて樽詰め。


原料として、白干し梅として、
梅干しメーカーや、
仲買い業者に売る方法もある。

 

 

先にも書いたように、

和歌山県・南紀では、
収穫した梅を、そのまま買い取ってくれる

「野買い」というお店が、
この時季だけオープンする。

 

僕の知っている限りでは、

1kgあたりで、
だいたい120円~200円程度で、

収穫した梅を買い取ってくれるのだけども、

 

今年は、
40円~60円。


嘘でしょ!?

 

というぐらい、
むちゃくちゃに安い。




毎月給料を貰って生活している、

多くのサラリーマンからは
想像しにくいかも知れないのですが、



梅農家の収入は、

この収穫時季が主となります。


塩漬けにして、
数か月~数年かけて換金する場合は、

また別の話しとなりますが。



家にタンクを持たない梅農家にとっては、

1年に1期間しかない収穫にて、

収入が1/3~1/5という、
むちゃくちゃな状況になります。



年収300万円の人からすると、

年収100万円以下。




もちろん、多くの農家は、

不作を含めた、収入減に備えて、

蓄えがあるのでしょうが、

今年はとくに大きな収入減になったのでは
ないかと想像します。




農家潰しイヤーとでもいうような、

むちゃくちゃな値段設定ですが、

誰が決めたんでしょうね。





日本国内の
梅収穫量が50%を超える和歌山県ですが、

このようなむちゃくちゃな梅の値段の下落について、

和歌山県内のニュース・ネットでも、
あまり取り上げられてないように思います。



和歌山県在住の、
梅に関わらない人で、

このこと知ってる人って、
どのぐらいいるんやろうなぁーと、

思ったり。




 


この値段を決めた側からすれば、

なるべく話題に上らないように、

口止めして、情報をコントロールしておいたほうが、
のちのち利益となるので

そりゃそうやろうなぁーと、
普通に納得してしまいますが。


 

 

去年、ツイッターで少しバズッた、

梅干し高値すぎて売れ残ってます。の、

首謀者がバレないように、

しておいた方がエエですし。





ツイッターでバズった梅干しメーカーも、

そこに触れたら潰されるので、

その大事なところには触れないんですよね。




家族と従業員の生活を維持するのは、

とても重要なことです。






今の日本という国は、

権力を持っている側が、

情報をコントロールして、

自らの利権を、より安全に守りつつ、

利益を上げていくのが当たり前です。




テレビも新聞もネットも、

そもそもそういう力が働いて、
コントロールされた情報が、

より多くの人の目に入るように配信されています。



ネットはまだかろうじて、

少数意見も発信できる状態なので、

まだマシなんですけども。




しかしながら、
すでに明らかになってきていますが、

日本国内での情報統制も、
厳しくなりつつありまして、

中国みたいになりそうです。



気持ち悪い法律が次々成立して、

気持ち悪い世の中になってきているもんですね。




目をつぶって
耳をふさいで

そうしたら楽しく生きられるかも知れないですが。




それもまた、
ひとつの正しさでもあると思いつつ。



-------------------------------------

|

« 写真貼り付け出来な過ぎて、イラついてバイオやる | トップページ | 2023梅バトル終了(早めの離脱ではありますが) »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真貼り付け出来な過ぎて、イラついてバイオやる | トップページ | 2023梅バトル終了(早めの離脱ではありますが) »