« 真鯛狙いのはずが、ただの気分転換になった釣り | トップページ | 新潟・富山からの帰路で石川すぎて滋賀で寝る »

2023年6月21日 (水)

富山ブラックを全国に知らしめたお店「麺家いろは 射水本店」

2023GW新潟旅も終盤。

和歌山への帰りがけに、
富山でブラックラーメンを食べることにしました。



昨年行ったお店ではなくて、

富山ブラックを全国に知らしめたお店、
「麺家いろは 射水本店」へ行ってきました。


東京ラーメンショーで
5回も売り上げ数第1位を取ったお店です。



富山市の西、
射水市に店舗はあります。


ここまで新潟のラーメン店で


30分以上並んでばかりで、おそるおそるでしたが、

16時30分着で、空いていてホっとしました。



まずは、こちらの王道となる
富山ブラックの系統。



白エビ塩らーめんと、
越中味噌らーめんもありました。


今回は、やはりブラックですけども。


 



全体的に、
ラーメンの値段としては、
高めの印象でした。



サイドメニューも結構充実しています。


 



生ビール680円は和歌山住みの僕にとっては、
高い印象です。






「富山ブラックらーめん 870円」到着です。



麺をすすります。



中細ちぢれ麺。

茹で加減は硬めで頼んでいまして、
歯ごたえはちょうどエエ感じです。




チャーシューはコッテリ系で、

食べ応えありました。



味わいとしては、全体的に
少しずつ濃いめでもあるので、

メンマは良いアクセントになっていました。


これでちょっと落ち着く・・・的な。


 



ごちそうさまでした。




総評。

まさに、コレが富山ブラックを広めたのだろうと、

思えるような、一杯かと思いました。



反対に言うと、

黒い醤油スープ以外は、
一般的に東京でよくある醤油らーめんに近い感じで、

特徴はあまりなかったです。



だからこそ多くの人に指示されたというのも、

あるのだとも思いつつですが。


特徴があるほどに、

そこに目が行き過ぎて、
嫌われることもありますので。



デスメタルでなくて、
ポップスのほうが聴く人が多いのと同じなのかもしれません。





麺家いろは↓
https://www.menya-iroha.com/


-------------------------------------


|

« 真鯛狙いのはずが、ただの気分転換になった釣り | トップページ | 新潟・富山からの帰路で石川すぎて滋賀で寝る »

食べ歩きレポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真鯛狙いのはずが、ただの気分転換になった釣り | トップページ | 新潟・富山からの帰路で石川すぎて滋賀で寝る »