« 新潟市・秋葉公園キャンプ場 | トップページ | 新潟のカインズとWESTに立ち寄った話し »

2023年6月15日 (木)

新潟県燕市「杭州飯店」・背油醤油の独特なる旨さの完成形

2023GW新潟旅。


次なるラーメン屋は、

新潟市より南西、

燕市にある「杭州飯店」です。


 



閑静な住宅街にポツリとあるお店です。


実は前日にも夕方開店狙いで行きましたが、

食材がなくなったのか、
夕方からの営業なくなっておりまして、

その翌日の昼の時間を狙ったきた訳です。



11時オープンのところを

10時20分ぐらいに着きましたが、

すでに行列が出来ていました。




20人以内には並べたので、

開店から5分以内で入ることが出来ました。






メニュー。




モロゾフのグラスで、
お水飲んでおきます。


って、コレ。

関西ノリですね。




書初めらしき、
書がしたためられておりました。


力強い言葉。

僕はこういうの好きです。




希望が有るか、無いかなんてのは、

自らが決めることなんです。




パワー貰いましたわ。






中華そば 900円到着。



まずはスープを一口。


コク深めであり、
後味はかなりスッキリしています。


背油が表面に沢山浮いているので、

クドイと連想する人も多いかもしれないのですが、

そんなことはありません。



日本そばの揚げ玉のごとく
フワっとしていて、

脂感はほとんどなく、
ほのかにクリーミーさを底上げしてる程度。


そして醤油は甘くはなく、

すっきりした味わいで、

ダシが効いています。




うめぇ。



ほんのり酸味も感じたのは、

もしかして、微妙にお酢入れてる?のかも?


 


 


 




チャーシューは

さっぱり系でして、

スープがシュンで完成される感じ。




メンマも特徴はないですが、

麺を食べる合間の良きアクセントとなっています。


 


 



せっかくの新潟やし、

どんなもんかとライス 350円も注文しました。



かなりサッパリした味わいのお米でして・・・




スープに浸して食べると、

コレがまた旨いですね。





普段、僕は

ラーメン屋でライスは頼まない派なんですが、

これは有りやと思いました。



なんせ、スープが絶妙に美味しいので、

それを麺と白米で堪能する感じです。





餃子2個 400円。


ここの餃子も一口では食べれないぐらい大きいです。




ごま油の香りが効いていて、

アンもちょうど良い味わい。



ここの餃子は旨いです。



好みで言うと、

やはり大きめの餃子は

アンと皮が分離してしまうので、

もっと小さいほうが好きですけども。






総評。

この旅では、
新潟・富山・大阪でラーメンを食べましたが、

僕が一番美味しかったのは、
こちらの杭州飯店でした。



僕は細麺好きなんですが、

こちらの平打ち太麺と、
スープの奥深き味わいがマッチして、

独自の完成形のある、
なんとも旨い一杯でした。



また新潟に行くときは、

必ず立ち寄りたいラーメン屋となりました。



もし、新潟へ行くラーメンマニアの方がいらっしゃいましたら、

こちらのお店が一番オススメです。



食べログ:杭州飯店
https://tabelog.com/niigata/A1501/A150102/15000002/



-------------------------------------



 


 

|

« 新潟市・秋葉公園キャンプ場 | トップページ | 新潟のカインズとWESTに立ち寄った話し »

食べ歩きレポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟市・秋葉公園キャンプ場 | トップページ | 新潟のカインズとWESTに立ち寄った話し »