« 思い出の無い小学校にある、見えない思い出 | トップページ | 短文・金曜夜から土曜の釣りまで »

2023年5月18日 (木)

見附で偶然?見つけたモジャ男・駄文

2023年5月4日 GW新潟旅。


おとーが小学校低学年まで暮らしていた町で、

家は旧住所でわからず。



町の雰囲気に触れるのが目的で、

とりあえず、町のなかをゆっくりと車で走る。



新潟県見附市。




見附で、何が見付けられるんだよぉおお!!

お前、見付ろよぉ!?

と、いつも通りのおかしなテンションです。











僕は神社が好きなので、

とりあえずお稲荷さんに向かって見たら、

細い路地の中のお稲荷さんを通過して、

別の神社に到着した。




なんか、ココやん。

と、思ったんです。




目的地のお稲荷さんに行かないことに、

師匠は文句を言う。


いいかげん。だと。





でも、僕はなんとなく、

ここの神社に行くべきだと思い、
即決でご挨拶に行くことにしました。

 

棚織神社(たなおりじんじゃ)です。



初めて見る場所やけども、

なんか気になるんです。


繊維業を営む人々の
信仰を永らく集めてきた棚織神社。



やっぱりココで間違いない。





僕のひいおじいちゃんは、

この見附で、着物の工場を経営していたらしく、

結構、大きい工場だったらしいのです。




おじいちゃんは、そこで営業として働き、

同じ新潟の女性と結婚。










当然、この棚織神社にも、

お参りに来たり、関わっていた可能性が高い。





偶然なのか…、必然なのか…、

見附で見付けました。

(爆)





幼少期のおとーも、

おそらくココへお参りに来た可能性が高い。




生まれたのは北海道への支店作りの営業先の、

小樽ですけども。



その後、見附へ戻っていたので。

 

僕にとっては初めての神社ですが、

おとーが亡くなったことのご報告と、

ご挨拶をしておきました。





なんというか、

こういう不思議な巡り合わせは、

僕の人生においては多々ありまして、



偶然っちゃあ、偶然なんですけども、

そういう巡り合わせた場所や、人には感謝をするようにしています。




どんなに嫌な人や、

嫌な出来事があったとしても、



それはそれで、

必要として起きるというか、





感謝まではしないですけども、

それさえもあるべくしてある。



それよりも大事なのは、

その良い出会い、悪い出会いがあった後で、


僕自身が何を感じて、

その後の残された人生に活かして行くかが、

大事なのではないか!?と、

思っていたりします。




楽しいことでは喜ぶし、

嫌なことならイライラが続いたりもしますが、



大事なのは、その先にある時間に、

どうプラスとして、活かしていくかなんです。





かなり脱線した話しになりましたが、


このあと見附から新潟市に行って、

ラーメン食べて駅前を散策しました。




新潟市はそんなに大きな街でもないですが、

人が沢山いました。





日本酒飲み比べの

ぽんしゅ館にも行きたかったですが、


営業時間的にアカンかったので、

ワンカップの日本酒を多数買って道の駅へ。

つまみは鮭トバです。

旨いわ。コレ。

 

僕は日本酒はあまり分からないんですが、

清酒よりは純米酒が好き。





越の寒中梅


パッケージデザイン的には、

いまどきの軽めかと思いましたが、


濃厚で、深い美味しさ。

香り高さと、

辛口のキレと、

美味しかったです。





酒がまったく飲めない師匠にも、

お菓子作りで酒類使うのに、
勉強になるかも?と、

味見して貰ってますが、




この寒中梅は、

美味しかったみたいですね。




ただ、アルコールがキツイではなくて、

美味しさや香りは多少は伝わったのかと思います。




お菓子作りでは、

リキュールや、日本酒も使うことはあるので、



お酒飲めなくとも、

どういう特性・味わいがあって、

それをどうお菓子に活かすかってのが、

酒好きな僕には大事だと思ったりするんです。

小千谷市で作っている日本酒だったんですね。



へぎ蕎麦の有名な地域ですが、

僕は今回は、更に南の十日町でへぎ蕎麦も食べました。




僕の経験上では、

日本蕎麦食べるならば、

やはり長野が美味しいですけども、



初体験で新潟のへぎ蕎麦でした。




結果としては、

長野の蕎麦のほうが好みですが、

これはまた別に書こうと思います。

 




長野の蕎麦屋巡りってのも、

また乙なので、行ってみたいです。




長野市・戸隠・蓼科。


僕はまだ
住んでいた京都・大阪・和歌山では、

美味しい蕎麦屋に行けてないです。



西日本で言えば、

出雲の羽根屋が美味しかったですが、

やはり蕎麦は東日本のほうが美味しいです。




うどんはダントツで、

西日本のほうが美味しいですけども。



東日本のうどんは

醤油辛くて、ダシの旨味が弱い。




食べ歩きの旅って、

ホンマにオモロイんですよ。




地域ごとに得手不得手があったり、

独特な文化や、特色があったりして、

こういう美味しさがあるんや!と、

驚くことも多いです。





長野県のローメンとか、

おそらく食べたことない人が多いでしょう。





ソース味のラーメンで、

肉は羊。




なんじゃそりゃ。と思うのですが、

食べてみたら、やけに美味しい。





焼きそばのようで

スープがソース味で、

知らない味やけども、知ってる味。





知らない味やから美味しくないのか、

思っていた常識を超えて美味しいと認めるのか。



どっちゃでもエエんですけどもね。



-------------------------------------

|

« 思い出の無い小学校にある、見えない思い出 | トップページ | 短文・金曜夜から土曜の釣りまで »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い出の無い小学校にある、見えない思い出 | トップページ | 短文・金曜夜から土曜の釣りまで »