« 21時に寝るジジイが、改造で夜ふかしする日々 | トップページ | 短文・後ろの窓埋めとヒューズボックス »

2023年4月14日 (金)

キャンプから見るシンプルな時間と空間

2023年4月8日 土曜。

仕事終わりにすぐに出発して、
マツゲンで肉と食材を買い込み、

ひさびさの車中泊キャンプへ行ってきました。

4月で暖かくなってきて、

冬とは違ってキャンパーも沢山おるかなぁーと思ってましたが、
先行者は誰もおりませんでした。



火が安定しないと、

肉を焼くにも丸焦げになるので、

何よりまず火の準備をしてから、
それ以外のセッティングをします。

缶ビールは、
保冷ジョッキに注いで飲む派です。

500ml缶を全部注げるやつ。

100均ダイソーで買ったものだと思うのですが、
十分に使えます。

肉をどんどん焼いていただきます。

なんで炭火で焼くとこんなに旨いんだろう。と。


そんなに上等な肉でなくとも、

炭火で焼いて、
野外で食べたら旨いですよ。


値段の高い牛肉は1-2種あったら良くて、

あとは安めの鶏肉・豚肉で十分。



干物焼いたら、
またこれが旨いんですよね。

自分で釣って、干して作った干物がまた、
格別です。




お金よりもその時間と空間が味になるとでも言いましょうか。

そういうものが確かに存在すると思います。


少しだけ肌寒いけども、

火を囲めばちょっと熱いぐらい。



酔っ払ってきたら、

あとは車に入って寝ます。


起きたらまずは火を起こす。

師匠がスキレットで

パンを焼いています。



横に置いてある板は、

車中泊改造で使った、
コンパネのハシ切れです。


表面はカリっとしていて、

中はモチモチです。


米粉のパンも
普通の小麦のパンに劣らず、

美味しいですね。




日本という国は、

気候的には小麦よりも米のほうが
栽培に適しているし、

実際に余るぐらい作れるので、

もっと米粉としての利用を
国を上げて推進すべきだと思うんですよ。



輸入小麦に頼りっぱなしではなくて、

米粉でも相応に美味しく出来るのだから、
それで良いのではないか?と思うんです。



それと同時に、

国内での小麦の生産も推進して、
小麦の自給率も上げる。


僕の大好きなラーメンや、パスタは、
やはり小麦で作ったものを食べたい。


うどん・そうめんという食材も、
昔から日本にあるものなので、

そのぐらいは自給したほうが

他国のご機嫌取りにやっきにならない
最低限の食料自給の出来る国になるために

必要最低限だと思うんですけどもね。




海外から食料を輸入して、
ご機嫌を取るために、

日本の農業に圧力を掛けて、
日本の農産物を捨てさせている

今の政府与党。



クソです。

ただの金の亡者の政治屋。




食料の国内自給というのは、

人が生きる上での最重要項目で、

その生命線を他国に依存するというのは、

利権と投票。


それによって貰えるお金でしょう。




でも、そういう情報は

あたかも正しい情報と、
刺激性のある恐怖の情報で隠しておいて、


利権団体と、
現状維持の老人の投票で当選する。



テレビの情報と洗脳。


争いを好まず、
同調を重んじる国民は、

コントロールしやすい。



って、誰か思ってるんでしょうね。




僕がキャンプが好きなのは、

生きることにシンプルに向き合えて、
かつ、楽しいからです。



火は暖かいし、熱い。
飯が旨い。

眠くなったら寝る。



無駄に考えたり、心配したり。

そんなことも多い世の中ですが、

生きることに直結した時間を過ごすってのは、

単純にして、明確に
僕の身体を作っているんです。

-------------------------------------

|

« 21時に寝るジジイが、改造で夜ふかしする日々 | トップページ | 短文・後ろの窓埋めとヒューズボックス »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21時に寝るジジイが、改造で夜ふかしする日々 | トップページ | 短文・後ろの窓埋めとヒューズボックス »