« 普段使いも出来て、車中泊でも使える車「ボンゴ」という選択・前編 | トップページ | フィルム貼りを急ぎすぎると無茶苦茶に汚くなるってやつ »

2023年4月22日 (土)

普段使いも出来て、車中泊でも使える車「ボンゴ」という選択・後編

年式が古くなくて、
走行距離少なくとも、値段も手頃。



いやいや、それで、
結局、荷室が狭くて、

車中泊するのに軽箱のアトレーと
大差なかったら意味ねぇでしょ…と調べますと、


荷室長
アトレーワゴン  ハイエース   ボンゴ
1850mm     3000mm     2260mm


荷室幅
アトレーワゴン  ハイエース   ボンゴ
1310mm             1520mm          1480mm


荷室高
アトレーワゴン  ハイエース   ボンゴ
1315mm             1320mm          1345mm


型式によって違うようですが、
アトレーワゴン ハイルーフ
ハイエース スーパーGL・標準ルーフ
ボンゴバン 低床

のネット情報での比較の数値です。



まず、室内長で言えば、

僕の身長が174cmですので、
2m(2000mm)を超えれば、

まず余裕を持った車中泊スペースを
運転席を前に倒さずとも確保出来ます。

いままでのアトレーでは、
1740mmでして、

前座席を倒さないと
足を倒して寝れなかったので、

これを改善したかったのですわ。
(上の比較の数値よりも短い荷室長でした。)



次に荷室幅なんですが、

1300mmで車中泊すると、
2人で泊まって、
寝返り打ったらぶつかること多いんですよね。

もう+100mmでもあれば、
ちょっとマシだろうなぁーというぐらい。



荷室高は、
いまのアトレーワゴンハイルーフで、
床下収納上に座って、

頭付く、擦れるので嫌な感じですので、
あと数10mmあれば、

なんとか快適になる感じです。




ハイエースの方が、
全体的に広いし、

ハイルーフ選べば、
もっと荷室高は格段に良くなる。


でも、その選択肢は
使い方からすると、問題だらけ。



ボンゴならば、
使い方の条件を満たしつつ、

荷室の広さもアトレーよりも
上がるのは間違いない。



実際に、
床下収納の高さを、

アトレーと同じ34cmで組んだ写真がコチラですが、

頭はまったく天井に付かなくなり、

横幅も長さも格段に広くなりました。



寸法で比較して調べて
想像してたよりも、

ずっと広くてビックリしました。



仕事の合間に、

タバコ休憩で、ボンゴで過ごしてますが、
むちゃくちゃ快適になりました。


ビーズクッション置いて、
くつろいでます。


燃費としてましては、

アトレーワゴン  ハイエース   ボンゴ
13-15km/L    6.2-11km/L  10-11km/L


ぐらいとなりまして、

ボンゴは軽箱のアトレーよりも劣るけども、
ハイエースよりは燃費が良いという事になるようです。



小回り半径が
アトレーワゴン  ハイエース   ボンゴ
4.2m         5.2m                     4.3m

と、ボンゴがアトレーばりに
小回り効くというのも、

山道を走ることを考えると、

かなりの需要な点です。

という訳で、

思いがけず「ボンゴ」しかないわぁーと、
購入する流れとなりました。


実際に使った感じとしては、

2人の車中泊旅行なら
十分に快適になりまして、

ハイエースよりは一回り狭くなるけども、
4WDが必要になる悪路でも運転しやすい、

僕にとっての好条件の車選びとなりました。


燃費からしても、
普段使いするなら、10km/Lぐらいは欲しかったので、
ガソリン車でもそんなに悪くないです。


車で数ヶ月暮らすような
バンライフには狭いかも知れないですが、

数日~1週間程度の
車中泊旅行なら必要十分ですし、

必要最低限の車中泊で考えると、
まさにうってつけだと思いました。



最新型のボンゴはまた、
ダイハツ・トヨタのOEMとなるので、

全体的に違うようなのですが、



2020年までの
30年間もフルモデルチェンジされなかった

マツダのボンゴには、

それなりに良い理由がある訳です。





これにて僕は、

アトレー乗りから
ボンゴマンになりました。



初代ガンダムに出てくるジムのような、

なんとも愛らしい顔つきも気に入っています。



-------------------------------------

|

« 普段使いも出来て、車中泊でも使える車「ボンゴ」という選択・前編 | トップページ | フィルム貼りを急ぎすぎると無茶苦茶に汚くなるってやつ »

愛車☓箱バン☓ヘッポコ改造日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普段使いも出来て、車中泊でも使える車「ボンゴ」という選択・前編 | トップページ | フィルム貼りを急ぎすぎると無茶苦茶に汚くなるってやつ »