« 和歌山南紀の梅の花見・石神田辺梅林2023 | トップページ | コスパ良し、焼き肉良し、喫煙良し=楽しい飲み「エビス」 »

2023年3月 2日 (木)

ボランティア精神にモッコリ

2023年2月26日 日曜。



梅の花見で廻った後、
午後から釣りです。



この日は予報通りで、
5-7mの北西強風。


波はあまり無し。



昼からなので、
人気ポイントはほとんど埋まってるかなぁーと思い、

お一人さま地磯へ。



いつもの立ち位置だと、
激浅なので、

もう一段先へ行ってみることにしました。



ちょっと降りるのやめようかと思いましたが、

荷物を分けて、
垂直の壁降りてみました。

ロープも足場のボルトもあるんですけども、
どれも信頼ならないんですよね。


どれかが壊れても、

両手か両足かのどれかで耐えられるように、
力を分散させながらヒヤヒヤです。





で、たどり着いた
5m近い高場。

風も右横からで、
やりにくいけども、

もうエエですわ。
ここで開始します。



見える近くの沖磯にも、
人が少ないです。


人気ポイントだけ人がいるだけで、
それ以外は誰も乗っていない。






*************************************************
フカセ仕掛け

竿:シマノ BASIS ISO ライトスペック 1.2号530

リール:シマノ デスピナ 2500DHG
道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 1.5

中ハリス:BIGフロロカーボン 1.5号・5m
ハリス:BIGフロロカーボン 1.25号・2m中ハリス直結



前日にロストした
TフェニックスM-0はナニワで買ってきました。


田辺の釣具屋でも、
どこでも売ってる訳ではないので。





右からの7-10mほどの強風。

潮は動いておらず、
表層だけ左へ。


おそらく水深は3-5m程度で、
沈み根が点在してる場所。


そんなに深く攻める必要がないのが、
まだ救いかも。





浮きしたハリス2mからの
誘導30cmで開始。



足場が高いので、

道糸が風で舞い上げられて、
仕掛けがぜんぜん入っていかない。


先に撒き餌を打ってから、

仕掛け投入してすぐに
竿先をなるべく水面に近づけて、

道糸が海面から浮き上がらないようにと…

この日はずっとその状態でした。






撒き餌に魚は見えず。

ボラも見えないのはまだ救いですけども。





反応がないので、
だんだんと深くして、

浮きしたを3mで、
そこから誘導を50cmほど。



なんせ潮は動かないのに、
風が強い。


仕掛けも入らないので、

竿先を海面近くにキープしたまま、

ときおり道糸を強制的に海面に放り出して、
仕掛けがゆっくり入っていくように。



足元では
当たりなく刺し餌をつつく魚がおるらしく、

もうちょっと先の沈み根付近を探っていると
グイン



コッパグレ。


海面がギラギラしてぜんぜん見えんけども、

一応は、ときおり出てきてる感じ?なのかも。




その後は、餌が取られるようになってきて、

ハリスを1mまで切って、
棚を上げてみるも、

浮き当たりは出ない状況。



ガンクッションJ6も入れてみるも、
状況は変わらず。

また通常へ戻す。




撒き餌にボラが見えだしたけども、

そこまでしつこくない。



ちょっと待ったら、
他の場所へ行ってくれるので、

なるべくボラが来る範囲には
撒き餌を入れたくない。





遠投も一応はやってみますが、

表層の流れと強風によって、
すぐに左手前へ寄ってきがち。




なるべく遠いところに着水させて、

水道らしき流れありそうな場所を

結局は表層の流れに引っ張られながら左へ。




よく見えないけども、

浮きが入った感じなので合わせ。



色鮮かなタカベちゃん。

当たりなく餌取られてたのは、
タカベちゃんなのかも。




20cmないぐらいの
小さな魚やけども、

これは美味しいのでキープします。


晩飯に塩焼きで頂きましたが、
脂のって美味でした。







15時半



潮動かないまま、
餌は取られなくなって丸残り。

ボラは少しずつ活性上がっている様子。




とにかく深くに仕掛けを入れて、
隠れているグレを探したい。


浮きしたは3.5mの
誘導は30cm。

そのぐらいを基準にちょこちょこと変えてます。




撒き餌にはボランティア軍団。

竿先まで当たり。


グンっ



ボラだよなぁー。ダリぃー。



適当にやり取りしていたら、

なんかボラと違う?ような。




足元に見えたのは、

ギリギリ30cmあるなしのグレっぽい。



ボラちゃうんか。



そう思ったと同時ぐらいに針ハズレ。




撒き餌にはボランティア軍団しか見えて無かったけども、

その中でグレが食ってきたんでしょう。

油断大敵です。





その数投後。



無事、ボランティア達成です。



グレをバラしてボラを釣る。

人間として、
かなり成長した感じがします。




思うようにいかないことは

よくあることなんですよ。



チャンスかと思った時に、
ボラが釣れるなんて定番中の定番。





イラっとするんですが、

そんなことには構ってられない。




次だよ次。



表層の滑りにやられるので、

DVCを残浮力消して、
ホバリングさせて根回りを探る作戦。



何も起きないか、

いつの間にか餌が取られてるか。




強風でぜんぜん張れないのは、

立ち位置の問題でもあります。



足場悪いけども、
もう1段下に移動するのも、

ひとつの方法だったかも知れないですね。



まわりには誰もいない訳やし、

面倒がらずに、
プチ移動するってのは、

風、地形を考えてやる磯釣りにとっては、

かなり重要なのかも知れません。





17時半

ボーズで撤収です。






マグレの1匹でも、

獲れるチャンスは1回ありました。





どうせボラだと思って、

適当なやり取りをしたのは、

よろしく無かったです。




ボラだとしても、
それが確実に見えるまでは真面目にやり取りしていたら、

獲れたかも知れない。




どうせボランティアやし、
適当にやろうと思うのは、

ボランティア精神が足りないからですよね。



たぶん・・・。


-------------------------------------


|

« 和歌山南紀の梅の花見・石神田辺梅林2023 | トップページ | コスパ良し、焼き肉良し、喫煙良し=楽しい飲み「エビス」 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和歌山南紀の梅の花見・石神田辺梅林2023 | トップページ | コスパ良し、焼き肉良し、喫煙良し=楽しい飲み「エビス」 »