« 短文・沖磯でボーズ食らうタイプのやつ | トップページ | 暗夜行路は読んだこと無い人のフカセ・ボーズ撤収の後編 »

2023年3月 6日 (月)

暗夜行路は読んだこと無い人のフカセ・前編

いよいよ出航。

渡船利用はほぼしない僕なので、
テンション上がります。



僕は耳が悪いので、

船長さんの近くで、
呼ばれたら気付けるように待つタイプでして、

3つ目ぐらいのポイントで、
呼ばれて降りました。




前回カイラに降ろしてもらったぐらいの経験しか無いので、

だいたいどこも始めてのポイント。




どこも知らないし、

どこでもエエし。

 

とにかく海の様子を観察して、

どう攻めるかを考えるのが楽しい。

ココはどこ?

私は誰?



ちょっと内湾よりやけども、

潮はある程度は通りそうな感じ。




足場はとても良く、

荷物は高いところに置けるので、

安全性の高い感じ。

 


とりあえず、
Googleマップを見て、

場所を確認。

あとで家に帰ってから、
空撮写真で見てみたら、

どうやら「モトブト」というポイントらしいです。

船着から右斜め前方向を狙うように、

若船頭さんから言われましたので、
全体を探検するのはあとにして、

とにかく準備をしながら、
海の状況をチラ見して、

波の具合を観察します。

右手の小さい島にお二人乗ってます。

あとから調べて分かったんですが、

あればよく聞く、
江須崎のソビエトのようです。




もっと小さいのか?と、
勝手に思ってましたが、

それなりに大きい感じに見えまして、



向かって左向きと、右向きに
二人が分かて、釣りをされているようです。




*************************************************
フカセ仕掛け

中潮

満潮 5半頃 145cm
干潮 11時 86cm
満潮 16時過ぎ 141cm


朝のこの時間は、
満潮1時間半過ぎぐらいで、

良さそうな感じ。




潮はほとんど動いておらず、

右手にサラシがあるので、
それでゆっくり左沖へ流れているぐらい。



餌取りも見えず、
餌が残る。



棚は浮き下2mからはじめましたが、

だんだんと誘導部分を上げて、
3mまで探れるぐらいまで。



正面20m先ぐらいで、
サラシで流された後、

浮きが留まる。



そこを直接狙うか、

流して狙うかやっていたら、


微妙に浮きが入った感じがしたので合わせ。

開始数投でコッパグレは釣れました。

 

とりあえず、
コッパはおるので、

目標の30cmオーバーの寒グレもおる可能性は出てきました。



棚を少しずつ深くしつつ、


仕掛けが浮き先行しがちで、
サラシで表層だけ流れて、

撒き餌は真下に入ってるのか、
どうなのかと、

投入点とタイミングを変えて様子見。





が、ほとんど餌が取られないか、

ときおり
刺し餌がかじられてる感じ。



食いが浅いのか、

食ってる棚が浅いのか。




1時間ほど経って
8時過ぎ。

やっとコッパグレ2匹目。


棚は深いのか、浅いのか分からんのですけども、

道糸の操作で、
浮きが先行し過ぎないようにしたら釣れた感じ。

 

そんなに群れて無いけども、

ときおりコッパが出てくる感じなのか。






隣のポイントの釣り師さんが、

スピーカー持ち込みでずっと音楽を流しています。





人それぞれなんで、
それは自由だと思うんですが、

僕は音楽を聴いてしまうタイプなので、
かなり気になります。



悪く言えば、
うっせぇーな。と思うんですが、

一般的にそんなに悪いことでは無いんですけども、
僕が気になるだけです。




あまり話しもせずに、
釣りに集中したいタイプなので、

人の聴きたい音楽なんて、
邪魔でしかない。


磯替わりしたいけども、

この日はなかなかに人が多い。




意識せんかったら、
気にならなくなるかなぁーと続行です。



潮動かないままで、

仕掛けは表層だけ引っ張られてる感じ。


試しに、浮きを
DVC 00で、

表層を突破して、
ホバリングさせる作戦へ変更。



表層突破で、早く沈ませるように

ねじ込んでやっていたら、
1度根がかり発生。


DVCロストするかとヒヤヒヤしましたが、

ハリスがギザギザになるだけで済みました。

 

気分転換に、

磯の高い所まで登って、
全体を見てみることにしました。



おにぎり食べながら、観察します。



あっちのポイントのほうが潮が通して釣れそうやけども、

なんだか釣り人の活性は低い感じ。

 

僕の立ち位置を

偏光グラス掛けて、
潮目や沈み根がないか観察。



あまり良く分からないけども、

正面からちょい左20mぐらいで、
沈み根だかありそうな感じ。


さっき、DVCが根がかったのも

その当たりなので、

そこに何かあるのかも。




10時

気になった場所でホバリングさせつつ、

遠投も試しつつですが、

何も起きず。



ときおりだけ餌がツツカれた感じがするぐらいで、
基本的には餌残り。


針を小さめの4号にしても
変わらないので、

浮きをダメ元で変更し、
Tレジェンド LL-00へ。



潮はさらに止まった状態となって、
DVCが浮力上げても

すぐに沈みがちなので、
変えました。


もっと遠投しやすいかもなぁーとも思いましたが、
Tレジェンドのほうが軽い浮きなので、

遠投性能は落ちます。

 

グーフー・・・。

 

厳しいなぁー・・・。





潮がもう全体的に止まってしまって、

もう底付近に
潜んでいるグレを探すしかないかと

やってみてコレです。




当たり小さく
餌をつついていた魚がフグとして、

釣れただけ成功なんですけども、ね。





なんせ当たりがぜんぜん浮きに出ないし、

棚もぜんぜん分からない。




どないしたらエエねんっ。




と、嫌になりますが、

いったん座って緑茶を飲んで、

あらためて考えながら続行です。



ときおり刺し餌をツツキに来る魚がおるけども、

棚を浅くして、
ハリスに浮きをいれて浮き下60cmでも、

当たりが出ない。



ときおりだけなので、

餌が丸残りが多くて、
浮き下60cmも効果が出てるかもわからない。



どないしたらエエねんっ。




分からないまま続行します。

とにかく何でもやってみるっきゃない。



闇雲でも、とにかく
持ってる引き出しを開けまくる。



-------------------------------------

|

« 短文・沖磯でボーズ食らうタイプのやつ | トップページ | 暗夜行路は読んだこと無い人のフカセ・ボーズ撤収の後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・沖磯でボーズ食らうタイプのやつ | トップページ | 暗夜行路は読んだこと無い人のフカセ・ボーズ撤収の後編 »