« 短文・桜→準備作業→釣り | トップページ | 堤防真鯛狙い・ガッシーガッシーガッシー »

2023年3月27日 (月)

2023年・島ノ瀬ダムで桜の花見・機械の体には興味ない

2023年3月26日 日曜。

島ノ瀬ダムはすでに桜満開と、師匠。



雨予報で、撮影にはよろしく無いですが、

来週末にはかなり散ってしまう可能性もあるので、
桜の花見に行ってきました。




和歌山県みなべ町の
みなべICから、そのまま道沿いに北上した所にあります。


花見シーズンには、
ダムへ向けての道沿いに

ずらっと車が駐車されるのですが、
雨だからか、
ほとんど車は停まっていません。


まさに満開の桜。


というか、なんか違和感。

どの木も
縦にヒョロっと高くなってるなぁーと思ったら、

低い位置にある枝が、
かなり選定されてなくなっていました。



小雨なので傘をさして、

桜の道をゆっくり歩きます。

雨に濡れて、

その重さで、桜の花びらが下を向きがちです。

 

撮影するには、ちょっと薄暗くなってしまうのが
難点ですが、

これはこれで。

 

濡れた花びら大回転です。




って、何の意味もないですよ、

うん。絶対。(真顔)

スゴく高いので、

何度来ても、息子がさらに小さくなりますね。






 

ダムと桜。



そして、その上には、

鯉のぼりです。



雨でズブ濡れで、
風も無いのでぐったりしてましたが、

この何とも言えない感じも良き。

撮影したい僕にとっては、

やはり晴れのほうが
色味の出方がハッキリして好きなんですが、

雨は雨で、霞がかった空気が
またこれはこれで良いものでした。

こういう写真も撮れるし。



桜の花は、

散るさまがまた潔く、美しいから好きです。




散るからこそ美しく、

一瞬の大切さが感じられるように思います。



逆に言うと、

最高の満開状態を維持する花壇とかは、
僕はまったく興味がないんです。


花の色味は綺麗なんですが、

取って付けというか、
不自然というか。

違和感。




なんでそう感じてしまうのか?と、考えると、

時間の流れ、四季の移り変わり、

「花が咲く」という、
1年の中での数日だけの命の開花というか、

魅力の爆発というか。
必死さというか。

発情期というか。





当たり前じゃない。ってことを

考えたり、

当たり前じゃない。から、
美しく、綺麗だと思ったり。




機械の体を手に入れて、
永遠に生きるとか、

ぜんぜん興味がないんですよ。

息子が硬く大きくなることには興味がありますが。







でも、機械の息子って、

なんかアレですね。


出落ちやね。



-------------------------------------

|

« 短文・桜→準備作業→釣り | トップページ | 堤防真鯛狙い・ガッシーガッシーガッシー »

見所・観光レポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・桜→準備作業→釣り | トップページ | 堤防真鯛狙い・ガッシーガッシーガッシー »