« 赤いのはなくて黒いの。でも釣れて良かったです。渋 | トップページ | 師匠の試作・米粉ピザ »

2023年3月23日 (木)

グレのタタキ。そして変わり種のタタキ

しばらく前の話しですが、

作ってそうで、
作ってなかった「グレのタタキ」を作りました。


 



材料は、
グレの柵にしたもの・大葉・ネギ・ニンニク・ショウガ・味噌。


作り方は何ということもないんですが、

食材は合わせるより先に細めに、小さめに切っておきます。

グレも柵から、刺し身にするように
ある程度は薄く切っておきます。


それからすべての食材を混ぜ込みつつ、

包丁2本を使って、切りながらタタク。


練り込むように混ぜながらタタキタタキ。




粘りが出て、一体感が出たら
皿に盛り付けて、

上に飾りとして海苔を細切りで乗せただけです。



アジのタタキは好きですが、


グレのタタキも美味しいです。



薬味と味噌と一体になるので、


刺し身で食べるのとは違った、
香りの良さと風味の良さがあります。



酒のツマミに良き。






で、今回も魔がさしまして、

変わり種も試験的に作ってみました。



さきほどまでのタタキに、

オリーブオイル・タバスコ・粗塩をかけました。

洋風のタタキとでも言いましょうか。




で、コレがやけに旨かったです。




特にタバスコの酸味と辛味が特に良くて、

ミートソースにタバスコかけるのと同じ原理で、
酸味と辛味で、味が締まった感じ。

後をひきます。






粗塩は、粒子が大きいので、

食べる場所によって、差が出ます。



でも、それがまた
緩急ついて良いんですよね。

塩なめながら酒飲むのと同じです。

通常のタタキでも、
これはやってみても良いかも知れません。




オリーブオイルは


少し香りとコクを増してくれるので、
底上げな感じです。


グレもそんなに脂のってなかったので、
このオリーブオイルで

満足感が増したのもあると思います。







洋風タタキ。をもっとやるならば、

まだまだ工夫出来るところ多いように思いまして、

大葉でなくて、パセルやバジルを使えば、
もっと香りがたつかも?とか思ったり。

主張し過ぎたら邪魔になるので、
バランスが分からんのですけども。




-------------------------------------


|

« 赤いのはなくて黒いの。でも釣れて良かったです。渋 | トップページ | 師匠の試作・米粉ピザ »

釣食レシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤いのはなくて黒いの。でも釣れて良かったです。渋 | トップページ | 師匠の試作・米粉ピザ »