« 2023年3月・寒グレ最終戦で磨いたモノ | トップページ | 赤いのはなくて黒いの。でも釣れて良かったです。渋 »

2023年3月21日 (火)

堤防から真鯛狙い(ボーズ)

2023年3月19日 日曜。


堤防から狙うロマン魚。
真鯛狙いの今季1戦目となります。



前日の釣りで疲れてましたが、
なんとか起きて4時出発。


田辺市の細道堤防に間もなく着。
誰も居ません。


僕にとっては、
一番の実績場です。




*************************************************
フカセ仕掛け



今季、初なので、
少しだけ仕掛けの説明書きます。




真鯛狙いでは、
僕はだいたい道糸ナイロン3号を使ってきたと思いますが、

今回は、すでに巻いてあった2.5号。


デカアジ狙いの時のものですが、
真鯛狙いでも使えるやろう…と思っていたものです。


ハリスは3号。
あまり無理は出来ないですけども。




タイラバ・天秤ズボ釣りなどの、
船から狙う真鯛釣りよりは、

太い仕掛けなのではないかと思います。



なんせ、浅瀬である堤防・磯から狙う場合は、

横っ走りの激走がスゴすぎるし、
根にも突っ込んで切られるので、

強引にも出来るように、
ある程度の仕掛けの太さは必要という訳です。





磯竿については、
今回から2号を使っています。

前に使っていた、
ダイワの尾長SPよりは柔らかい?かな?
分からんですけども。




浮きは基本的に1号です。

波強い場合は、2号も使ったりします。


それに適合させるオモリとしては、

道糸とハリスをつなぐサルカンで

重い・デカイのを使っています。


1/0とか、2/0。

更にハリスにガン玉を打って調整することも多いです。





ザッと書くとこんな所でしょうか。

人によって、異論はたくさんあるでしょうが、
下手なりにやってきた僕としては、

現在、こんな仕掛けになっています。



ウキ下3mの30cm誘導から開始。



潮は右へ動いている良い状態。

この場所では、
ほぼだいたい右へ動いている時に、

釣れた経験が多いので、
集中します。




が、すぐに潮が緩くなってきて、
停止。




動かないので、

正面10mぐらいまで、
テトラだかが、沈んでいるので、

そこを探ってみます。





微妙に右へ行ってるかなぁー。と、

浮きを見ていたら

シュンッ!!




一気に浮きが消し込んで、
ドキっとしました。



合わせると、

むちゃくちゃに軽い。




ものすごい勢いで、
餌に食ってきたガッシー。


むちゃくちゃに腹減ってたんやと思います。




にしても、

電気浮きが暗い海に消し込むのを見ると、
興奮します。



そういう性癖なんだと思います。






しばらくして、
また、潮が右へ動き出し。



スゥーーっとウキが入る。



走らんかい。

ベール開けたままツッコミに備える。




また、浮きが浮いて来たのち、

スゥーーーーっと入っていく。





お触り魚!?

餌取り?



分からんので、
走り出すまで待っていたら、

そのうち当たりなくなって、

餌だけ取られてました。





合わせた方が良かったのか?

ちょっとよく分かんないんですけどもね。


 


怪しい当たりでしたが、
掛けられず。




そこからは餌残り状態。

潮は止まって、
今度は左へゆっくり。



なんかもうアカン感じ。


でも、明るくなってから


突如釣れることもあるので、
油断は出来ません。





1回当たりなく、
針が取られたぐらいで、何も起きない。

犯人はフグでしょうけども。





防寒着着てなくて、
レインウェア着てましたが、

朝はまだ結構寒いです。


手が寒すぎてしんどい。








そうこうしてる間に、
師匠の送迎の時間になったので、

6時半過ぎに撤収です。



潮の流れが良い時間もあったので、
期待しましたが、

僕の腕では、こんなもん(ボーズ)です。









-------------------------------------


|

« 2023年3月・寒グレ最終戦で磨いたモノ | トップページ | 赤いのはなくて黒いの。でも釣れて良かったです。渋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2023年3月・寒グレ最終戦で磨いたモノ | トップページ | 赤いのはなくて黒いの。でも釣れて良かったです。渋 »