« 串本地磯・キレのち白子な後編 | トップページ | 博多で食べる久留米ラーメン「大砲」食べてみた方が絶対良い福岡のラーメン »

2023年2月 1日 (水)

師匠の実家に8年ぶりぐらいに立ち寄る

2023年1月1日 元旦。


長浜ラーメンを食べたあと、
ひさびさに師匠の実家へ。


福岡県北九州市。


おかーさんは数年前に亡くなっており、
今はおとーさんだけが暮らしている。



何年ぶりに行ったのか覚えていないけども、

おそらく内の両親との顔合わせに行った時なので、
8年ぐらい前?かな。



以前にお会いした時よりも

師匠のお父さんも
さすがに年を重ねられたようで、

よりおじいちゃんらしくなっている。



ベテランの釣り師さんで、

道具も色々と自作。



サビキ釣り用の

魚を簡単にはずして、
バケツに入れる仕掛けも見せてくれた。



食についても
色々と工夫される人で、

焼き肉をごちそうしてくれました。



アウトサイドスカートという部位は、

ニオイが強いので、
あまり好まれる牛肉では無いらしく、

それゆえに値段も安い。



それを独自に味付けして研究し、

甘辛なタレを作って漬け込んでいる。



よくあるカルビとは違った食感と
独特の旨味。


そればかりをバクバクと頂きました。
美味しいかったです。



 




鶏肉と昆布とスルメが入ったお雑煮です。


食材の数としては
少なめでシンプルですが、

ダシが効いてて美味しいんですよ。



スルメ入れるのって珍しいと思うんですが、

これがまたダシの奥深さを加えていて、

スルメがふやけて
イカの食感に近い感じ。




うまかっちゃん。


福岡の「~ちゃん」の使い方が
よく分からんのですが、

師匠に聞いてもよく分かりませんでした。





おとーさんが育てている
植物たち。




梅の木もあって、

自家製の梅干しのシソ漬けも貰っていたんですが、
美味しくて速攻で食べきりました。





せっかく福岡に来たので、

3人で記念撮影をしました。



これは失敗したピンぼけの方の写真ですけどもね。



写真撮ったら犯罪者みたいな顔になるからなぁー。

と、おとーさんは言ってましたが、
そんなことはなかったですよ。






使わなくなっている食器も

いくつかわけて頂きました。




そういう風にして、
受け継がれていくものなのかも知れないですね。




-------------------------------------


|

« 串本地磯・キレのち白子な後編 | トップページ | 博多で食べる久留米ラーメン「大砲」食べてみた方が絶対良い福岡のラーメン »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 串本地磯・キレのち白子な後編 | トップページ | 博多で食べる久留米ラーメン「大砲」食べてみた方が絶対良い福岡のラーメン »