« 尺アジ2匹・そしてタタキへ | トップページ | 福岡・夜景の見えるキャンプ場 »

2023年2月 7日 (火)

短時間チャンスをトラブルで終わった釣り

2023年2月5日 日曜。

 

土曜夜からのキャンプから戻り、
家でちょっと仮眠。


車中泊で9時間ぐらい寝たつもりやけども、
やはり狭すぎて、

いまいち疲れは取れてないのかも。


やはり、もう少しデカイ車に変えたいところです。




やはり、フカセはしたいので、
昼過ぎから、近場の田辺市地磯へ出発です。

14時着。

中ハリス1.5号に、ハリス1.25号。
この冬の定番アイテムです。


にしても、先週の爆風のグレ釣りでは、
1.25号がトラブル多すぎて、

チリチリにグルグルになったりしたので、
ちょっと怖い。

あの日の後半のように、
丁寧に操作出来たら、そんなことはなかったんですけども、

やはりちょっと気になります。






この日は正面からの風5-7mほど。



潮はほぼ動いておらず、
表層が風で流されて、

浮きも手前に寄ってくる状態。



餌取りも見えず、

反応もない。




足元のキワを探ると、

極小のガッシーちゃん。

kawaiiです。




遠投してみても、
ぜんぜん飛ばんし、

すぐに寄ってくる。
なんとか、潮動いてくれんかなぁーと、

サラシにのせれる場所を探す。




で、フグらしきにチモトで切られる。


去年の冬にグレ40cmオーバー釣った場所なので、
ほのかに期待してますが、

なんともやりにくいまま。


シブキも被り初めて、

このまま満潮に行けば、
もっとシンドイことになりそう。




ゆるゆるとしたい気分やし、
心折れたくないので、

風を背中にする立ち位置へ移動。

16時。

平和やなぁー。

すぐ近くやけども。



潮はやはり動いておらず、

あしもとでガッシーが釣れる。

 

グーフー。


足元に近づくにつれて、
フグが多い。



遠投したら餌は残ることが多い。

が、

ガッシーが釣れる。


いつきのグレが深くシモリまわりにおる?として、

棚は下げていって、4mほどまで。



アカメフグ。



フグ刺しにしてやろうかっ!?

とも思いましたが、
無免許なのでやめておきます。




ユラっ


お・・・


足元のキワで
グレだかチヌだからしき30cmオーバーサイズが。


あの魚を掛けてやろう・・・と、

棚を1.5mの浅めに変えつつ、

撒き餌のタイミングを変えようとしていたら、

道糸が竿先にグルグルになるトラブリュー発生。


・・・おいぃいいい



解除した頃には、
もうその魚は見えなくなっておりました。



こういうチャンスタイムに、
トラブルが多い気がするのは、

そういう時の冷静な動きが出来てないって訳で・・・。



ピンチはチャンス。

チャンスはピンチ。みたいなやつですね。



まだまだ精神の鍛錬が必要ということですよ。



夕陽が綺麗やなぁー。



右隣のフカセ師さんが、
グレを一匹釣ったみたい。

夕間詰めの時合いかなぁーと、
期待しますが、

僕のほうは、餌マル残り状態。




1回のチャンスをモノにできるか、
できないか。

なんて、日だったのかも知れないですね。




18時前に撤収。



-------------------------------------

|

« 尺アジ2匹・そしてタタキへ | トップページ | 福岡・夜景の見えるキャンプ場 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尺アジ2匹・そしてタタキへ | トップページ | 福岡・夜景の見えるキャンプ場 »