« アジフライ釣り 成功パターン | トップページ | 高知「いまどき安兵衛」至高の境地を越えた餃子 »

2023年1月18日 (水)

アジフライ釣り 失敗パターン

2023年1月15日 日曜。

 

朝間詰めの釣りから帰ったのち、

釣ったアジを下処理して、冷蔵庫へ保管。


仕事の疲れもあるのか、
なんだかやけに眠いので2度寝・3度寝。


お風呂とトイレの掃除をして、

洗濯もした。


普段、休日は釣りばかり行っているので、
家にいるときは、掃除をしてます。

普通ですけども。




夕間詰めの釣りですが、

朝に行った場所とは別の、

昼間でもアジが釣れてるらしき、田辺市の堤防にしました。




駐車してる車も多いし、
釣り人も多いです。

 


赤灯台側はほとんどいなくて、
白灯台側の先端部と、内湾部に集中しています。



そんな釣れている場所、
人と人の間に入らせて貰えたら良いでしょうが、

なんとも嫌な顔される事もあるし、
狭っくるしいのが、僕は嫌いでして、

空いている白灯台側の先端から100m以上離れた場所にしました。



週に1日しかない休みの日やし、

釣るよりも、ゆっくりしたい気分。


15時から開始です。

*************************************************

 

三叉のやつ(写真中央)を使って、
カゴ側とハリス側を分けてみました。


ちゃんとした天秤を使った方が良いですが、
家の釣具箱の中にあったので、間に合わせる感じ。



で、未使用のプラカゴもあったので、
それで5号浮きで投入してみると、

またまた浮きごと沈んで残浮力無し・・・。


結局は、
重り外れたプラカゴに1号オモリをつけて、

1.5号の浮きを使うという、
朝と同じ仕掛けにしました。

 

ベッタベタの凪。

風無し、波無し。

反応無し。




潮はゆっくりと
左へ動いているのがまだ救いかも。



とにかく仕掛けを打ち直して、

撒き餌を25mほど沖へためて、
寄せる作戦。




しかしながら無反応のままで、

刺し餌は残ったまま。


棚は底付近の7mまで下げますが、
やはり反応無し。






僕の立ち位置から右手には、
誰もおらんです。


この反対の左手には、

カゴ釣り・サビキ釣り・飲ませ釣りなど、
沢山の釣り人がいます。

 

2m間隔ぐらいで釣り人がいて、

撒き餌を入れているので、

そこにアジの群れが集まっているのやと思います。





散歩から戻ると、

置き竿してた人が片付けたので、

30mほど白灯台側へ移動しました。



今度は、右の誰もいない方向への流れ。


せめて、先端側の左方向へ流れてくれれば、

アジの群れを少しは寄せれるのかなぁーとも思いますが、

流れが変わるのを待つしかないです。



変わらんかったですけども。



アジは寄って来ず。

寄ってくるのは、
イソヒヨドリだけ。


餌のオキアミが食べたいのかなぁー。

ちょうど手が届かないぐらいの近距離で、

安全な間合いを保ちつつ、
餌を貰えるのを待つ感じでした。



賢いですわ。



危険な人間もおるやろうし、

何年生きれる鳥かは知らんですけども、
経験から学んで、その距離感を覚えたのでしょう。

 

何も釣れないまま、

真っ暗になった18時半。




暗くなってから、
足元で、何かが刺し餌を数回取りましたが、

浮き当たりも出ないし、
合わせも出来ず。


棚を上げたら餌残りでした。



フグか、ネンブツダイか、アジか。



帰って、晩飯作らなアカンので、
撤収します。




夕間詰めはパーフェクトボーズでしたけども、

海を眺めながら、
のんびりした時間でした。






釣りとしては、

やることはやったんですが、

その難しい中で、釣りあげる腕は無かったという事です。




コレはコレとして、

次のこの状況になったさいに、

考える材料になったりもする。


-------------------------------------

|

« アジフライ釣り 成功パターン | トップページ | 高知「いまどき安兵衛」至高の境地を越えた餃子 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

 スーさん、毎度です。
良いアジ釣ってますね。あじフライは美味しいですよね。

 私も一昨日、磯に行ってきましたよ!
自宅から1時間20分くらいの近場です。でもマイナーな所だから人も少ないし、魚影も濃くて釣り荒れもしていない良いところです。今年からホームグラウンドですね。
後輩と二人でグレ38、40UPのヘダイ、サンノジ、35のアイゴ、良型アカハタ、ガッシーと色々釣れて楽しかったですよ。でも、ほとんどが納竿1時間での釣果でした。磯の水深を10メートル位だと思ってやっていて、凄い違和感を感じて午後一時過ぎに計ってみると・・・。
14~15メートルもあるし、急遽竿2本基準で釣ってみると、アタリまくりでしたわ(笑)強烈なバラシも二人ともあり、次もココですね。磯は少しワンドになった場所で、足元からドン深の底物場のような磯です。でもこれからは、こうゆう磯の際竿2本前後のレンジが熱くなるんですよね。

 スーさんもベイシスですか?私もベイシスですよ(笑)
私は2号5mで道糸3号、ハリス2.75号基準で全遊動メインでやってます。あくまでも大物狙いです(笑)
ベイシスはホント、いい竿ですね。では、また。

投稿: | 2023年1月19日 (木) 午後 11時22分

 あ、名前書くの忘れてました(笑)
 ユウジです。

投稿: ユウジ | 2023年1月19日 (木) 午後 11時25分

ユウジさん>
磯フカセ満喫ですね(^_^)

15mの深場の攻めかたとか、
僕はなんとも引き出しがないので、
最近少しだけ全誘導について調べ直したり

していた所です。


ノーガンやと、
思ってるよりも仕掛け入らんままが
多いので、どうしようかと。

ガンダマ加減もよく分からないので、
実験もっとせなアカンのかもせんですが。


ベイシス仲間ですねー。

僕はなんか分からんのですが、
魅力を感じて使っております。

投稿: スー | 2023年1月23日 (月) 午前 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジフライ釣り 成功パターン | トップページ | 高知「いまどき安兵衛」至高の境地を越えた餃子 »