« 短文・今季初の白子ポン酢(寒グレ) | トップページ | 串本地磯・キレのち白子な後編 »

2023年1月30日 (月)

串本地磯・ボランティアな前編

2023年1月29日 日曜。

この週は寒波で和歌山でも
けっこうな雪が降りました。


休日はこの日曜だけ。


寒さにやられたのか、
身体も疲れているし、

朝4時に起きたけども、
2度寝してゆっくり。



急に寒すぎて、
魚もあまり出てこないかもなぁーとも
思いつつですが、

先週はアジ釣りばかりやったし、
この日はフカセでグレ狙いをやってみる事にしました。

 

風は北西風5m予報。

波は2m。



このぐらいの予報ならば、
どこでも釣りは出来ると思いつつですが、

どこで釣りするか毎回迷うんですよね。



それも出発が遅いので、
だいたいの場所は埋まってそうでもあるけども、

寒いから開いてる場所もあるかなぁーとも思いつつ南下。



串本の地磯へ9時着。


その手前のポイントには沢山の車が停まってたけども、

ここは2台だけ。



人気のポイントだと思うんですが、

こんなに少ないと逆に心配にもなります。



釣れてないのかなぁーとか。

けっこう波強いし、
立ち位置は波をかぶっています。

こりゃ無理。



先行者さんに挨拶して、

横に入らせて貰いました。

けどもね。
僕の真下思いっきりハエ根出てますけども。

あんまし近づいたら悪いし。



まぁ何とかやるだけやってみます。



*************************************************

あらためてCORE ZERO-PIT DVC買ってみました。

ベイマルでも長らく売り切れ状態だったんですが、
やっと入荷しましたので。



今回試してみたかったのが、

00の浮きの全誘導で、

浮力調整して、
どのぐらい浮きをホバリング出来るか
どうかってやつです。



この時点で風は正面からで5-7mほど。

中ハリスも長めに8m。
なんとなく、その方がラインが沈んで、

浮きに重しをかけるのでは?と考えましたが、
よく分からんかったですが。



浮き下1.5mからの全誘導。

ボラ軍団が表層でワラワラ寄ってきます。



でも、刺し餌をすぐに触る訳でもない。






左手の先行者さんが2匹目のグレを釣りました。

35cmは越えているエエサイズです。





そちらの方にもボラ軍団。

浮きは沈めていて、

その中で当たりをとって合わせているような…。




食ってる棚もそれなりに深い所ってことなのかなぁー。



浮きのDVCをグリグリして、
浮力を減らして、

もっと早めて沈んでいくように調整。




足元にハエ根があるので、

手前で掛けてもすぐに切られそうやし、

15~20mぐらいの距離を狙ってみます。




仕掛けの周りには、
ボラ軍団がわっさわさ。


でも、まだ刺し餌は触ってないようやし、

浮きがときおりモゾっとしてるような。




あれがグレの当たりだとして、

とりあえず道糸を張って当たりを取りやすいように。



潮はゆっくり左へ。



クッ

合わせ




グイーーーーー



やってもうた。

無事ボランティア達成です。


ボランティアなんて
まったくしたくないんやけども。




あの小さな当たりがボラってことで、

あんまし合わせないほうが
エエんかなぁーと思うんですが、



左手のフカセ師さんは、
なにかに合わせて、またグレを釣ってるんですよね。


どうしたもんかなぁー。




浮き下を3mほどに深くして、
そこからの全誘導。


浮きのDVCはネジネジして、
更に沈みが早いように。


潮受けゴムを見ると、
横方向になっていて、

浮きも表層の潮を受けて
先行してしまってる感じやし、

表層はボラ軍団やし、


もっと早めに深いところに、
浮きも仕掛けも入れないとアカンのではないかと。



そんなことを考えていたけども、

仕掛けの馴染みも沈みもまだまだ遅い。



浮きが横走り気味に入ったので、
合わせ。

 

グイーーーーーー

 

またやってもうた。




左手のフカセ師さんの
邪魔になりそうなので、

なるべく右へ離れるように。


ボランティア2回目にいそしむモジャ男。

なんだか人間が出来てきたように思います。



人間として成長出来ました。






ボラは刺し餌を食ってくるのも
確定出来ました。





11時。


正面からの風が強くなってきて、

10-15m。




立ってるのがシンドくなってきて、
竿も風を受けて重いしコントロールが難しい。


仕掛け回収したら

グッチャグチャになって帰ってくる。




糸絡みを解こうにも

風でまたグッチャグチャになって、

結局結び直す。




ひさびさの強風・爆風の中での釣りなので、

仕掛けの扱いも雑になってるから、
グチャグチャになるんでしょうけども、

イライラするから、
なるべく風の弱い場所に行ったりして

仕掛けを結び直す。




20mほど沖へ仕掛け投入するも、

撒き餌がなかなか届かなくなってきました。



そんな中で、

一瞬ボラが少なくなったかなぁーと思ったら、

20cm弱のコッパグレ。


潜り潮だか、
当たりだか分からん流れがあったんですが、

明らかに浮きが加速して沈んだのに合わせて、
やっと釣れました。








風は更に強くなって、
15mで弱まることなく吹き続ける状態に。



手も顔も寒いし、

仕掛けが絡んでまたグチャグチャ。


また、仕掛けを作り直す。




浮き・ZERO-PITの溝のところに、
風でハリスが引っ掛かってまた絡み易い感じ。



もう全誘導エエわ。

と、いつものTフェニックスの誘導仕掛けに組み直し。





左手のフカセ師さんは、

風が強すぎてもうエエわ。と、

グレ4匹で撤収。





僕はまだボーズ。

1匹でもグレ釣れたらMANZOKUです。



足元も狙える、

左手のフカセ師さんの立ち位置へプチ移動。

 

ココから立ち位置は良くなるので、

とにかく1匹釣ってボーズ逃れしたいんですが、

風が更に強くなってシンドイ状況となります。




後編へ続きます。


-------------------------------------

|

« 短文・今季初の白子ポン酢(寒グレ) | トップページ | 串本地磯・キレのち白子な後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・今季初の白子ポン酢(寒グレ) | トップページ | 串本地磯・キレのち白子な後編 »