« 短文・マグレノガレ明美 | トップページ | 2022年の釣り納め・高知南西部地磯 尻尾がシマシマの魚の名前を覚えずにはいられない釣行 »

2023年1月10日 (火)

年末釣行でin高知 いつもの感じで地磯探索でボーズ釣行

朝の日の出る前に着いたこの場所は、
一応は降りれる道を見つけたし、

実際に釣り人が降りていくのを目撃したけども、
立入禁止看板があったので、やめておきました。

 

エエ感じの釣り場のように見えましたが、
そこに入ってまではやらん。




結局、去年の夏に
釣り出来ることを調べておいた

簡単に入れる地磯にしました。



最近、釣りに行ってない師匠もいるので、

楽ちんポイントのほうが安全な訳でもあります。

 

ベッタベタの凪。


夜は極寒でしたが、
日が登ったらポカポカと暖かい。



・・・。




でも、魚がぜんぜん動いてない。



撒き餌にも魚は出てこず、

足元のキワでユラユラと餌をつつく程度。

それも数が少ない。






潮もまったく動いていないので、

定番の足元のキワをギリギリガールズ作戦で探ります。



神々しき魚が釣れました。

ベラですけども。




とりあえずは、魚の活性はZEROではない。

でも、すごく活性が低い。



オセンは足元でちょっと出てくるだけ、

スケスケで海底まで見えるので観察していたら、

25cm?ぐらいのチヌだかグレだからしきが
一瞬だけ見えました。





あいつを釣ってみようか・・・と、
やってみると、




極小のガッシー。

・・・kawaii過ぎでしょ。









その後、片口イワシらしき2-3cmの群れが入ってきたと思っていたら、

バホっ!と青物がボイル。



一瞬見えたのは、

30cmぐらいのツバス?らしき。





ツバスでも釣れたら、


今日の晩飯になるなぁーと、
ただ巻き含めてやってみるも、

何も反応がなく、

すぐにボイルはなくなりました。








釣れる気がまったくしない。


師匠が見てきて良さそうと言っていたポイントへ、
プチ移動します。



こちらのポイントの方が、
足元に餌取りが多めに出てきて、

まだ良い感じ。



でも、大きいのは
20cmぐらいのサンノジしか見えない。

オセン・ベラ・片口イワシ。




潮は止まったままで、

なんとも晩飯サイズが釣れる感じがしない。



更には、15cmぐらいのサバの猛攻がはじまって、

もうどうにもならん。

やっかい過ぎる。







せっかく高知まで来たのに、

時間の無駄感が半端ねぇ・・・。




3時間ほどの釣りで撤収して、

温泉に入って、別の地磯探索と、キャンプに使うこととしました。




以前から目をつけていた場所へ。

釣り人の車が停まっている場所へ駐車し、
歩いて地磯への入り口を探します。


 

ココむっちゃエエやん。

足元から7-10mほどの深さがありそうで、
潮通しも良さそう。



でも、この日は潮が動いていないのか、
潮目もほとんど無い。

釣り人の活性も高くない感じ。





ギラっ



足元で、50cmほどのイズスミが飛び出たのが見えた。



イズスミは釣りたくはないけども、

ここはオモロそう。







まだ時間は昼過ぎやけども、

長距離運転で疲れているし、
キャンプ地でゆっくりして、


翌日に攻めてみることにしました。





-------------------------------------

|

« 短文・マグレノガレ明美 | トップページ | 2022年の釣り納め・高知南西部地磯 尻尾がシマシマの魚の名前を覚えずにはいられない釣行 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・マグレノガレ明美 | トップページ | 2022年の釣り納め・高知南西部地磯 尻尾がシマシマの魚の名前を覚えずにはいられない釣行 »