« マグレノガレ明美のあとに・後編 | トップページ | アジフライ釣り 失敗パターン »

2023年1月17日 (火)

アジフライ釣り 成功パターン

会社の上司、ハマちゃんに聞いたけども、

この冬も、
近場でデカアジがまわっているらしく、

2桁釣れる日もあるらしい。



デカイので40cmぐらい。


それも、去年の冬の常連さんだれけのポイントではなくて、
僕が行っていた方の場所でよく釣れているとか。



土曜日には3月並に生温い気温となって、
なかなかに雨も降った。





2023年1月15日 日曜。

雨は止んできて、
気温はまだ高いまま。



北風が強すぎると、
アジもあまり釣れないという話しもあるし、

この日は雨後でも温かいし、
夜の暗い時間に釣りしてもそんなに寒くなさそう。



3時ぐらいから釣れ始めるという話しもあったけども、

身体がシンドイのでゆっくりして、

朝5時前に現地着。




堤防はすでに沢山の先行者さんがいて、

有望な水道付近は完全に入れず、
もっとも内側しか空いてなかったので、

その立ち位置で釣れた覚えもないけども、
やってみることにしました。



それもフカセではなくて、
ひさびさにカゴ釣りです。

*************************************************


はじめにアーム付きのプラカゴで開始してみたんですが、

カゴの重さがよく分からん。



ウキ止め糸を貫通して、
仕掛けが底へ行ってまう。という。


ウキ止め糸を2重にぐるぐるにしてみたら、

浮き5号もろとも海中へ沈む…という。



要するに、アーム付きのプラカゴが、
5号よりも重いってやつでした。



8号とかソレ以上の浮きは持ってきてないので、

プラカゴの底にある重りが外れてしまったものに、
ダブルスナップサルカンで、1号重りを吊るす…という、

へっぽこカゴ。
浮きは1.5号。


そして、アームも天秤もないので、

そのダブルスナップにハリスもつけて、

その下1.5mに一本針というショボい&絡みやすい仕掛けになりました。

 



アミエビ2kgにパン粉は1kg。

刺し餌はボイルMにしたので、
撒き餌にもちょっとだけボイル入れつつ。

先端側の人は

ポツポツとアジを釣っているんですが、

僕の方はさっぱり当たりがない。




ハマちゃんから、
棚は浅い1.5mぐらいで良いと聞いていたので、

棚1.5mのハリス分ではじめて、
当たりがないので2mぐらいまで深く。




だいたいいつも激流のこのポイントですが、

先端から離れた立ち位置の影響もあるのかも知れないですが、
やはりこの日はゆっくりな流れ。




30cmオーバーのデカアジ1匹でエエから、
こっちにも廻ってきておくれーと、続ける。



6時前。



モゾ・・・



怪しいので、

フカセと同じ要領で、
軽く張って道糸をまっすぐに。


スゥーーー



入った。合わせ。




グイーーーー

と、気持ちエエ引き。


ギリ30cmぐらいのデカアジっ♫


やっとこっちにも廻ってきてくれましたよ。



ここから餌が取られるようになって、

仕掛け軽めだからか、
当たりは小さいけども、

ポツポツと3匹追加。



左隣のおっちゃんは、僕よりずっと掛けてたし、

バラシも多かったらしいですが、
沢山釣ってました。


他の釣り人も、
もちろん僕より沢山釣ってる感じでした。




6時半には明るくなってきて、
当たりが止まりました。



5時前から6時過ぎぐらいまでが、
時合い?だったのかも。



もう終わりやねー。

そうですねー。




と、左のおっちゃんとお話し。


だいたいこのポイントでは、

ピタっと止まって、
無反応状態になる経験が多い。



でも、もうちょっとだけ粘りたい。


棚はまたちょっと深くして、
2mほど。




正面ちょい右の内湾寄り25mほどへ投入。

右へのゆっくりした流れ。



左ならまだ水道側へ撒き餌入るし、

チャンスなのかもせんけどもなぁー。





モゾモゾ

当たり?



ガツッ!

竿先をひったくる当たり。



グイーーーーー!




それまでの30cmアジよりも
強い引きで、ときおり竿を叩く。



マダイ?
マダイだったらエエけども。



横っ走りにこっちに寄ってきたので、
そのまま巻き巻き。


アジやわ。

これは、今日で一番デカイ。


ので、スーパーメジャーシステムを発動させます。

デカアジ36cm。
や、やったわぁ。


と、静かに喜んでいると、
誰か近づいてくる足音。


あ、ボリさんっ。




水道側でルアーやっている人で、

なんか聞いたことある声やなぁーと思っていたら、

ボリ兄さんでした。





寝ずの夜中から来てたらしいです。

若いってエエですよ。



僕は4時起きでも
もう眠すぎて浮きが2つに見えてますから。




そこからもう少しだけ続行。

水面がパシャっとしたところを
探ってみたり、

足元のキワを探ってみたり。




餌残ったままで、何も起きず。

眠いので撤収です。

 

30cm前後を4匹に、

36cm1匹。



僕としては、上出来です。





デカアジフライです。

30cm前後の4匹全部で作りましたが、

師匠と2人で、
余裕で完食しました。

オリバーソース&マヨが
僕の定番です。





コレが食べたいから、
グレ釣りは一旦置いておいてアジ釣りも行きます。






感覚としては、
アジフライを釣りに行っている感じなんです。



アジ釣った瞬間にも、
アジフライ食べれる。と、思ってるので。


-------------------------------------

|

« マグレノガレ明美のあとに・後編 | トップページ | アジフライ釣り 失敗パターン »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マグレノガレ明美のあとに・後編 | トップページ | アジフライ釣り 失敗パターン »