« 美しいビーチ近くの地磯でフカセ・後編 撃沈 | トップページ | 「ダツとグレの塩焼き」から始まる雑談モジャモジャ »

2022年12月14日 (水)

焚き火好きやけどもBBQコンロを買った話し

 

そういった周りにあるものを使う中で、
工夫を重ねて、

より、安定して火を維持して、

料理をしやすい環境を作れるか。



その経験から、
自身の焚き火し、生き残る力を身に着けたり、

火に感謝したり、
火がいかに危険かを知ったりするのだと思うんです。



30年前を思うと、

地面に直置きでのキャンプファイヤーが基本であって、


秋には枯れ葉を集めて、
焼き芋をしてホクホク食べて楽しむのが当たり前でした。


地面が芝なんですよね。

火が燃え移ったら危険やし、
芝を焦がすのもアカンと思う。



なので、一応は、
そういう場所でも対応すべく、

BBQコンロなるを買ってみました。

コーナンで、3000円ぐらいのBBQコンロです。


七輪は持ってますけども、
雨風でだいぶ風化して崩れてきたので、

これを買いました。

450×260mmで、
それなりに大きいです。


これは、こないだ行ったキャンプ場で買った
焚き木が30cmほどあったので、

それを収めてファイヤー出来るサイズにしたかったからです。



BBQとは別として、
焚き火をこのBBQコンロでやったら楽しいので。

説明書はペラ1枚ですが、

とてもシンプルな作りなようです。

蝶ネジで足を止めて、

スノコ網と焼き網を乗っけたら完成です。

足場の高さは2段階ありまして、
26cmだとこの状態です。

地ベタに座っての
BBQならこれが良さそうです。

70cmだとこのぐらい。

立った状態で、肉が焼けますし、

セレブ椅子に座った状態でも、
良い感じの高さです。



高くするほどに、
風で火の粉が飛びやすくなるので、

安全性としては、
低い26cmのほうが、

やりやすいとも思います。



コレは、この冬の車中泊旅行で、
活躍してくれるはずです。


地ベタでの焚き火が
一番楽しいですが、

それが出来ない場所も多々あるわけです。




焼き網1枚あれば、
どこでもBBQなんて出来るんですが、

汎用性としては、
こういったBBQコンロもあっても良い。

 

キャンプ道具を無駄に増やすのは好きではないですが、
七輪と同じく、
BBQコンロは火を扱う人としては、

あっても悪くないよなぁーと思いました。




-------------------------------------

|

« 美しいビーチ近くの地磯でフカセ・後編 撃沈 | トップページ | 「ダツとグレの塩焼き」から始まる雑談モジャモジャ »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しいビーチ近くの地磯でフカセ・後編 撃沈 | トップページ | 「ダツとグレの塩焼き」から始まる雑談モジャモジャ »