« 美しいビーチ近くの地磯でフカセ・前編 | トップページ | 焚き火好きやけどもBBQコンロを買った話し »

2022年12月13日 (火)

美しいビーチ近くの地磯でフカセ・後編 撃沈

やっと釣れた15cmぐらいのコッパグレ。

少しは目標のグレに近づいた感じ。




ここいらで、やっと、
水面下にときおりコッパグレらしき群れが
見えるようになってきました。



11時。




また、しばらく波が弱くなるタイミングがあって、

足元のギリギリ磯際狙い。




撒き餌は1発。




中ハリスの重さと
サラシの影響で、

浮きがJOJOに沈んでいくよなぁー

スゥーーーー



加速して沈んだので合わせ


ギュィーーーイ!!




重量感のある強い引きで、

足元の根へ突っ込む。




さっきバラシたのと同じ感じなので、

こんどは無理せずに磯際でも道糸をレバーで放出。



一段前に出て、
竿を寝かせて溜める。


グイィイイイイイイイ!!



危なそう。

なんとか耐えているけども、
どんどん根に入られてる感じ。



ズリズリガガガ

擦れてるよね。



グッ



もう根に入られまして、
根がかり状態です。



引っ張る方向を変えてみたり、
ゆるめて待ってみるもアカン。


その後、引っ張ったら
根がかり部分でハリス切れました。





で、このあとしばらくしてから足元に見えたのが、

コロダイだか、ヘダイらしき、
40cmオーバーサイズ。


この仕掛けでアレかけたら
そーなるわなーとも思いつつですが、

頑張れば獲れる感じもする。





その後、なんかいか見えるので、

そのたびに仕掛けを足元に入れてみたりしますが、
食ってこず。


 

辛うじて釣ったのはコッパグレで、
このあと数匹釣りました。


でも、サイズアップしない。




というか、

やっと見えてきたんですが、

浮きがサラシに飛ばされて左へ行くけども、

撒き餌は着水点からほぼ真下へ沈んでいる。




表層が滑る状態で、
浮き先行して当たりが出ないし、

撒き餌と刺し餌もぜんぜん合ってない。






張りをもたせて引き戻したら、
まだマシですが、

それよりも仕掛けが寄って来るし、
なんとも上手くいかない。


というよりも、
ここまでも太陽の反射で見えていなかっただけなのか、

ずっと撒き餌と刺し餌が合ってなかった状況なのかも。

 


13時。


もうどうにも釣れる気がしない。

刺し餌も取られなくなってきて、
反応がない。





とにかく試せることは試そう。

術式解禁のBです。


サラシと風に負けずに
仕掛けがもっと深いとこへ入ってくれるかなぁーと。



実際、0浮きよりぜんぜん入りますけども、

やはり浮きが先行してしまって、
小さな当たりは取れないであろう状態。


浮きが沈んだら
サラシの影響も風の影響も受けないやろぉー。

00-1。

上面が平べったくなっていて、
一度浮きが海中に入ったら、

浮き上がりにくい構造です。




・・・が。



中ハリスの影響もあるのか、

今度は早く沈み過ぎて、

ホバリングというよりは、
どんどん沈んで根がかり心配すぎる。



道糸張って
浮き上がらせつつホバリング。


遠投・足元・右のサラシの切れ目・左の沈み根付近。

いたるところをこの仕掛けで探ります。




コッパグレの群れも
ときおり見えるのは変わらず。

でも、なかなか針掛かりしない。




中ハリスやめたら、

もっとゆっくり沈んだり、
ホバリング出来るかなぁーと思いましたが、

もう仕掛けを作り直す気力がない。

撒き餌も残り少ない。



疲れてシンドイなぁーと思っていたら、

僕のすぐ横にカゴ釣りのおじいちゃんがやってきました。




その立ち位置からでは、

足元のせり出た根で、

道糸切れて終わるでしょーよ。と。




もう疲れたので、僕は片付けて撤収。

おじいちゃんに僕の立ち位置に入って貰いました。



この日に出来る手は尽くしたと思いますが、

頭が回らなかったので、
攻め方としては不十分やし、

対応も遅かった感じ。




でも、疲れたし、
コレはコレでこの日の釣り。


無理して疲れすぎずに、

この経験は、経験として、
次回の釣りに活かす。


そう思っておきます。


|

« 美しいビーチ近くの地磯でフカセ・前編 | トップページ | 焚き火好きやけどもBBQコンロを買った話し »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しいビーチ近くの地磯でフカセ・前編 | トップページ | 焚き火好きやけどもBBQコンロを買った話し »