« アトレーの冬・窓にアルミマット断熱装備を作ってみる | トップページ | ライジャケと手袋の買い換え »

2022年12月27日 (火)

ツリシマス2022・夕間詰めに頼りマス

田辺市堤防に14時過ぎ着。

堤防には誰もおらず、
地磯には数人の釣り人が見えます。



堤防アカンのか。

それとも寒すぎて常連のおじいちゃんらが出てきてないのか。



*************************************************



中ハリス1.75号&ハリス1.5号は定番なんですが、

最近の釣りで思ったのが、
グレが釣れるのが1.5m以内の浅い棚ってことも多いので、

その都度、

細い方の1.5号ハリスに浮きを入れて、
ウキ下を浅くしがちなんですよ。



浮きのロストの可能性を考えたら、
やはり中ハリスに入ってた方がエエでしょ?と、

ハリスをより短い状態の1.5mにした訳です。




・・・まぁ、この考えは、
このあとのフリになってしまった訳なんですが。

コッパちゃんでした。

グーフー。

当たりちっさい。




やっぱ足元アカンので、
左手の湾をば・・・。

中ハリスにウキを入れるようにして、

ロストを防ごうとしたんですが、

道糸が切れるというオチ。

ってことで、
道糸切れた結局意味ねぇーというわけで、

禁断の果実のハリス1.25号を導入してみる事にしました。



僕の竿は柔らかいので、

このぐらいでもエエのかも知れないですし。



腕はないので、
切られそうな感じもあるんですけども。

 

 


もっと夕間詰めに頼りたいお。


ダメだお。



餌残り継続で、

いつもの夕間詰め終了のネンブツダイは出てこないまま。

暗くなっていきます。





浮きがもう見えねぇ・・・。

 

マチルダさぁーーーん!


さぁーーーん!


さぁーーーん。








-------------------------------------

|

« アトレーの冬・窓にアルミマット断熱装備を作ってみる | トップページ | ライジャケと手袋の買い換え »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アトレーの冬・窓にアルミマット断熱装備を作ってみる | トップページ | ライジャケと手袋の買い換え »