« 短文・髪染めからの掃除のボーズ | トップページ | マグレじゃないよ。スマホ釣法だよ。そうだよ。後編 »

2022年12月 5日 (月)

コッパグレとダツの海・マグレ?で、1匹釣った前編

まずは僕の基本としているTフェニックス M-0で開始します。

それなりに飛びます。


足元の撒き餌に餌取りは見えず、

手前からだんだんと遠くへ探る感じ。



潮は早く動いていて、
左手、沖へ流れています。


浮きは中ハリスにあって、
ウキ下2m。

誘導で、棚設定3mまで。




このポイントは、
足元から7mほどのフカセがありますけども、

底を探ろうといういうよりも、
流していって、

魚がいる場所を探ろうという考えで、
一日やってみました。



25mほどのちょい遠投から流していって、
左へ。


左手足元から伸びているサラシの先と
合わさる部分で浮きの入りました。



竿先をひったくる当たりで、
コッパが連発。

20-25cmぐらい。


25cmあれば、
干物にするにはちょうどエエサイズとも思うのですが、

やっぱり30cmオーバーを目標としているので、
リリーチュ。



潮は流れているし、

撒き餌と仕掛けの投入点を変えつつ、

棚設定もどんどん深くして5mまで。





グンッ!


投入して間もなく
竿を引き込む当たり。




細っそい魚が寄ってくるぅーーー。

脱。

脱。好き。

kawaiiよなぁー脱。


着衣の方が好きですけども、
キープします。



すぐさま水面バシャバシャして、
脱を追加してキープ。




脱いだらエエってもんやないで。

ここで何故かキビナゴ投入。


冷凍庫に大量にあったのを
消費するために持ってきました。


スルルーやるつもりではなくて、
そのままのグレ釣りの仕掛けで投入です。




足元からキビナゴ投入。


流れがあるので、
どんどん沖へ。




誘いもかけつつ、
流してみるも何も起きず。


これはダツは食わんのやなぁー。




オキアミに戻します。

コッパが高活性状態。




1.2号の竿が曲がるので、
面白いけども、

浮かせてみたらコッパ・・・的な。




ちょっと強いなぁーとやり取りしたら、

イズスミで、
手にウンコたれたので海へ投げ込みました。




9時半


なんとも、今狙ってる範囲では、
サイズアップする気がせんし、

足元良さそうやけども、

サラシで、すぐに離されるので、
もっと遠投してみようかと思いまして、

来る途中で買ってきた、
TレジェンドLL 00へ変更しまっす。



この日は、
馴染んできたら、
ホバリングしつつ沈む感じでした。

遠投出来て50mぐらい?かも。

30m付近に、
手間のサラシがあたっての潮目があって、

その先50m付近ぐらいに、
別の潮目がある。




仕掛けは遠投して50mまで飛んでも、

なんせ撒き餌がなかなか浮きのところまで届かない。



ド遠投はエエ撒き餌なので、
問題は餌の硬めかたと、撒き餌の飛ばす腕って訳で、
練習です。



ええ感じに撒き餌も決まって、
そのまま左へ流す。

浮きが先行しすぎないように、
ちょっと張りを入れつつも、

道糸をパラパラと出す。




足元のサラシに
道糸とられて湾曲することも多いけども、

ちょうどサラシが弱めなタイミング。




グインっ!!


竿先をひったくる当たりは、
ここまでコッパで何度もある。


合わせ



グイーーーーーーーーン





コッパグレよりも重量感がある竿の曲がり。




でも、強くは無くて、

すぐに寄ってきた。



ちょいマシ?なグレか。

一応はタモ入れ。

ギリギリ30cmオーバーで、
ボーズ逃れですっ♪



マグレで終わらせないために、

2匹目を狙いたいのですが、


やはり何となく…で釣れた感しかないので、
そうそう上手くはいきません。



地磯ではそういう状況も少ないからか、
流す釣りがまだまだ良く分からないし、


道糸の張り方、置き方にしても、
とにかく手探り状態。



撒き餌も思ったように決まらないので、
偶然に偶然を重ねての試し方というか、

どうしても制御する腕がないと、
そうなってしまいがちに思ってしまいます。



続きます。


-------------------------------------

|

« 短文・髪染めからの掃除のボーズ | トップページ | マグレじゃないよ。スマホ釣法だよ。そうだよ。後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・髪染めからの掃除のボーズ | トップページ | マグレじゃないよ。スマホ釣法だよ。そうだよ。後編 »