« 短文・無課金勢が近場でグレ釣ったらこうなる | トップページ | 11月のコッパ尾長まみれの沖磯・綺麗な魚を釣る後編 »

2022年11月21日 (月)

11月のコッパ尾長まみれの沖磯・前編

6時半に出船。


普段、地磯釣行ばかりの僕にとっては、
かなりのワクワク。


地磯やと、
どうしても潮通しのよろしくないポイントが多いので、


沖磯だとそれに期待するというか、

流す釣りってのがあまり出来ないので、
それをやってみたいというか。


ベタ凪で、風弱い。



僕は耳が悪いので、

いつ呼ばれても気付くように、
船長さんのなるべく近くで待機。



さっそく一番に呼ばれて、
渡礁です。





常連さんたちが、

親切に荷物降ろすの手伝ってくれました。

ありがとうございます。






船着もエエけども、
あっち向きがエエよ。

と、教えてくれて、
ありがたや~。


デカイ磯に一人貸し切り状態。

さぁて、どこを立ち位置にすべきか。





昼過ぎからの南風予報で、
波が高くなる可能性を考えると、

ある程度は足場が高いところ。

高い方が、
浮きも仕掛けも見易いし、

それが安牌やろうと。


ここです。

江須崎の先端部。



潮通しは申し分ねぇですわ。

 

あとで空撮の本で見ると、

カイラというポイントでした。



立ち位置はここにしました。

またすぐにピトン売った一段上に移動しますけども。




前日の釣り人だか、

撒き餌が大量に撒き散らかされてクセェ。



とりあえず、ある程度は流してから
準備開始です。

クセェと気分悪いし、
やっぱり楽しみたい。

浮きはTフェニックス M-u/0で開始。


今季もTフェニックスをメインで使って、
フカセすることになるかと思います。


7時から開始です。

足元に撒き餌を打つと、

シラコダイがわっさぁーー。




とりあえず、5mほど沖へ仕掛け投入。



ウキ止めを付けた誘導仕掛けで、
棚設定は3.5m。



さっそく、当たりなく餌が取られる。

棚をハリス分の3mへ上げて、

テンション張り気味。




シュン

コッパ尾長ちゃん。


11月の沖磯は初めてのように思うけども、

コッパおるのねぇー。




もっかい、足元に撒き餌。

シラコダイがまず寄ってきたあとに、

ちょい沖からコッパの群れもワラワラとやってくる。



右手のサラシの切れ目付近。
15mほど沖へ仕掛け投入。


またまたコッパ。


コッパガチャ10連無料ぐらいに、

開始直後なのに、もうコッパだらけ。



いや、エエグレが浅い棚におるかもせんと、

どんどん浅くして、
浮きをハリスに入れて、棚30cmまで。






やっぱりコッパが釣れる。

コッパの当たりが取りやすくなっていくだけ。





無料ガチャなんてもんは、

50連あったって、無料ガチャなんですよ。



確定でSSR貰えないとね。

って、分かりにくいかぁー。とか、思ったり。





足元の餌取りは更に激しくなってきて、

シラコダイとコッパグレが乱舞。


あとはシラスぐらいの
ちっさい群れ。

そして、赤いイガミが一匹。




イガミが一番撒き餌への反応が早いし、
強い感じ。





あのイガミ釣ったら、
SSRか?とも思ったけども、

餌取りの勢いが怖すぎて、
あまり狙いたくない。




でも20m範囲をやっても、
コッパしか釣れないので、

いちおうは磯際ギリギリガールズ作戦を決行してみる。






スゥーーーー

 

浮きが明確に入っている。

何が食ったかは見えなかった。




合わせ

フッ

 

SSRババタレ。

小さめの25cmサイズ。



このあと、お約束のウンコも漏らしてくれました。





それにしても、
磯竿1.2号の曲がり具合が久々すぎて、
魚のサイズが分からん過ぎる。


逆に言えば、
こんな小さなサイズでも、

竿が曲がるので、
やり取りがオモロくもあります。




夜釣りの磯竿5号でやったら、
何の手応えもないですし、

こうも磯竿の号数で違うもんやなぁーと、
不思議でもあります。

写真には映らない美しさがあるモゾモゾ。


30m以上沖に、
浮きグレらしきモゾモゾ。



Tフェニックスで遠投シてみるも、

その手前に着水する始末で、

パシャパシャ!!と、
浮きグレが逃げる。



それも、着水地点よりも
遠くにいる浮きグレも反応して逃げる。



あいも変わらず。



浮きグレに嫌われまくっている感じがスゴイので、

とにかく対策をとらねば・・・。

Tレジェンド LL-u/0だもんね。

これで、50mぐらいまで遠投が出来るはず。

でぇー…。



仕掛け作り終えたら、

浮きグレは50m以上沖へ移動。




浮きグレ・湧きグレに嫌われてるのは知ってるけども、

このタイミングで、
そんなことある?








落ち着きましょう。

ここで人生の教訓です。








そんなに思うようにはいかないとです。
ヒロシです。







すべてに見放されたぐらいに、
辛い気持ちになっても、

それを受け止めて、
そこからの打開策を探したほうがずっとオモロイです
ヒロシです。







チャンスがなくなったなら、
イラついてもイラ付きすぎずに、

淡々と、チャンスを待つとです。
ヒロシです。





ヒロシです?






どんどん、浮きグレは遠のいていって、
消えたとです。

ヒロシです。





続くとです。

-------------------------------------

|

« 短文・無課金勢が近場でグレ釣ったらこうなる | トップページ | 11月のコッパ尾長まみれの沖磯・綺麗な魚を釣る後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・無課金勢が近場でグレ釣ったらこうなる | トップページ | 11月のコッパ尾長まみれの沖磯・綺麗な魚を釣る後編 »