« 2022年11月・NISHIさんとゆるゆるの釣り(ほとんど釣りしてない) | トップページ | 最高の状態のSDGsキャンプ(フェス) »

2022年11月 9日 (水)

ついにカンラン探し成功・実感がわかないモジャモジャ

2022年11月5日 土曜。


朝間詰めの釣りを終えて出発。

この日はカンラン探しの旅です。



NISHIさんによると、
いまが「最高の状態」らしく。

何度も「最高の状態」と言いながら移動してます。



僕にとっては、3度目(3日目)の、
カンラン探しになります。



あらかじめNISHIさんが、
ランのお店のおっちゃんに教えて貰ったり、

下調べの調査をしてくれていて、
その可能性のある場所を探しに行くことになりました。



有望な場所・可能性のある場所。



カンランには地下茎があって、
いったん取られてしまっても、

数年後などにまた、生えてきたりするらしく、

一度取れた場所ならば、
またその場所を探すというのは基本らしいです。




まずは一箇所目。

まったく人の気配の無い山。

普段はゆっくりしたNISHIさんですが、

山へ入ったさいは、むちゃ早いので、
僕は置いてかれないようについて行く感じです。


NISHIさんも気にはかけてくれてるようで、
今回は、何とかついて行きやすい感じでした。



で、早速なんですが、

NISHIさんがカンランを発見!


これまでそれなりに探して見つからなかったですが、
ある時は、すぐに見つかるという事なのか。


なんせ、すぐでした。



これが、カンランです。


言われなければ、
僕は草にしか見えないですけども、

これがカンランです。


それも、一箇所に3つも芽が出ています。


NISHIさんによると、

地下茎がつながっていて、
このようになっているかも知れないとの事でした。





あっけに取られて、
昔のエロ本のように目が黒消しになったモジャ男です。




これが・・・カンランなのね・・・。



あ・・・。

同じ感じの植物を探そうとしたら、

すぐ近くに僕も見つけました。



芽が2つ出ています。


道端や、地磯への道や、山の中や。

いたるところに植物は生えてきて、
だいたいそれは雑草と呼ばれている。

その中でも花が咲くものは、
名前が覚えられ易く、

季節を感じられる植物になったりしますよね。



タンポポ・ツクシ・菜の花・ヒマワリ。

セイタカアワダチソウ・コスモス。




そんな中でも、
カンランは貴重な植物らしいのです。


でも、僕は、
カンランの花が咲いているのを見たことがないし、

なんとも葉っぱだけみても
実感がわかない感じ。






でも、そんな草に見える植物を、
NISHIさんは喜んでいる訳で。


やはり世の中、
ぜんぜん知らない世界があるんだなぁーと

思わずにはいられないです。




まだまだカンラン探して、
さらに移動します。




これ、カンランですか?

それは違うわ。


わかんねぇ・・・。


あとでNISHIさんから聞いたら、

別の植物のことかと思ってたそうで、

もしかしてカンランだったかも知れない?

そうです。

今では分からぬですけどが。


山の景色が綺麗です。




僕は昔、登山をしていたんですが、

こういう道なき山へ分け入るのは、
すごく新鮮であり、

むちゃくちゃ歩きにくい。



足場が安定しないし、
植物も沢山生えていて歩きにくい。

結構な傾斜も降りたり、登ったりします。

 

カンランの聖地らしいですが、

まったく見つけられず。




山なのに、
人の歩いたらしき形跡が、

斜面のいたる所にあります。




NISHIさんによると、
年間3万5千人の来場があるらしいです。

そう考えると、
1日に100人は来ている山。

さすがに嘘でしょうけどが。

 

 

またまた移動して、
前回、花が少しだけしか見れなかった場所へ。

 

|

« 2022年11月・NISHIさんとゆるゆるの釣り(ほとんど釣りしてない) | トップページ | 最高の状態のSDGsキャンプ(フェス) »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022年11月・NISHIさんとゆるゆるの釣り(ほとんど釣りしてない) | トップページ | 最高の状態のSDGsキャンプ(フェス) »