« 散文・「最高の状態」と「SDGs」 | トップページ | 2022年11月・NISHIさんとゆるゆるの釣り(ほとんど釣りしてない) »

2022年11月 7日 (月)

近場の漁港でフカセ&カマス・何とも出来ずに撤収

写真には映らないけども、

ものスゴイ数のネンブツダイらしき群れ。



ちょっと足元から離してみても、
やはり同じのがワサワサと群れる。




おそらくこいつらが沖にもいて、
ワサワサと餌に群がってる感じ。




足元に多めの撒き餌をして、
20mほど投げた仕掛けへ撒き餌1発の分離作戦。

刺し餌が取られるだけ。




足元に多めの撒き餌をして、
20mほど先に仕掛けをいれて、撒き餌なし。

刺し餌が取られるだけ。





足元でも、
ちょい沖でもパチャっと水面に出るぐらい

餌取りが群れているっぽい。




分離意味ねぇーー。





足元から2mほど離したところに
刺し餌を投入して、

もっと手前の際に撒き餌大量。



刺し餌を観察していると、

そこにはあまり餌取りが行ってないような・・・。


足元にいる餌取りの群れの範囲だけでの
分離とでも言う感じかも。

チャリコ。



やっと、刺し餌が下の方まで落ちた感じやけども、

これを繰り返しても、
もう餌取りが気付いてどうしょうもない。



もっと早く、刺し餌を下へ落としたいところ。

浮きを沖縄SP 2号に変えて、
2号のゴム管ナマリを使う。

棚設定は8mほど。




これで、刺し餌は一気に深く落ちるようになったけども、

やはり浮きの入りに合わせても針掛かりしない。




もうオキアミあかん。

刺し餌をキビナゴに変えて、

餌取りの中にいるか分からんカマスを狙うつもり。




16時。

何もおきねぇ・・・。



撒き餌には餌取りが大量に群がる。

その中にキビナゴを落としていっても、
そのまま残る。


30mほど遠投して、
棚設定も深くして、

JOJOに手前まで探りつつ寄せるようにやってみるも、
刺し餌は残ったまま。




向かいの白灯側では、
サビキの人たちが、子アジを沢山釣っている。

前日と同じ。




僕の足元にも、
この少し前からアジらしきが寄ってきていた。



子アジ釣りのために、
サビキに変えるよりも、

カマスの干物が食べたいので、
そのままの仕掛け。

詐欺師が寄ってきたから、

キビナゴをあげた。




かなり飢えているのか、
物欲しそうにずっとこっちを見ている。

もっかいキビナゴをあげる。





にしてもなぁ。

キビナゴの塩漬けだから
詐欺師にも塩分多すぎになるかもなぁ。



しばらく刺し餌につかったキビナゴは、
塩分抜けてそうなので、

それもまたあげる。




詐欺師はキビナゴを無表情で、
一生懸命食べている。





17時半。

キビナゴを刺し餌にしてから、
ずっと無反応ゾーン。



棚設定も4-10mまでで変えてみたり、
誘い多くしたり、放置したり。

2投に1回ペースで、
棚は変えてみている。

カマスなら棚はかなり重要な感じがするし。






なんにせよ、アカン日なのか、
とにかく反応がない。





見える範囲の人も次々と帰って行く。

これだけ反応ないと、
時間の無駄感がハンパない。



もう帰ろうかなぁー。
と、思っていたら、


スゥーーーー



浮きが明確に入ったので、
期待しつつ、ちょっと待つ。



しっかり浮きが深く入ってから合わせ。


・・・。

お前もキビナゴたべるのね・・・。




撤収どす。


正確には、魚の活性上がったのか?と、
もう1投だけしてからの撤収どす。


潮もほぼ動かんままやし、
なんとも釣れる気がせん。


-------------------------------------

|

« 散文・「最高の状態」と「SDGs」 | トップページ | 2022年11月・NISHIさんとゆるゆるの釣り(ほとんど釣りしてない) »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散文・「最高の状態」と「SDGs」 | トップページ | 2022年11月・NISHIさんとゆるゆるの釣り(ほとんど釣りしてない) »