« 2022年の初ヤエン釣行・ほとんどスマホ触ってただけのボーズ | トップページ | 一帯のゴミ拾いをしてくれた素晴らしい人・本当にありがとうございます。 »

2022年10月20日 (木)

新規開拓の夜釣り・最近また思い出したくだらん事

知ってる人は当然知ってるでしょうが、

僕にとっては初めての場所。



とりあえず、波はそこまで強くないし、
足場もそれなりに高いのでなんとかなりそう。

足場が平らな場所も多く、
座れる場所もある。

夜釣りモンハンでは、
どうしても魚との引っ張り合いのパワーファイトになるので、

足場の安定感がかなり重要だったりします。



そのためにも、明るい時間に入って、
まわりの地形を把握しておくのも大事。

もし落ちたらどこへ泳いだら上がれるのか?とか。



ここで言うと左手にJARIHAMAがあるので、
そこなら磯で身体を刻まれずに上がれそうです。

スマホは防水ケースに入れてますが、
濡れたら満足に操作出来ない可能性が高いので、

118番に電話も出来ないかも知れないので。





人の気配のない地磯で、
ゴミもあまり落ちてないですが・・・

ここにもスーパードライ捨てる馬鹿が来てたようです。


なんの偶然か、
最近捨てられてるビール缶がスーパードライばかり。



まぁ、僕の好きなビール缶が捨てられることはほぼ無いので、
味覚として、ゴミ捨てない人ってのがあるのか?とも思ったり。

関係ないかもせんですけども。



準備しまぁーす。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:シマノ ベイシスBG5号 

リール:シマノ 20ストラディック8000PG

道糸:PE6号
浮き:沖縄SP 2号

オモリ:サルカン1/0+ガン玉2B
ハリス:船ハリス フロロ20号・3m→2mサルカンでつなぐ

針:タマン太軸 20号
  
刺し餌:イワシ・イワシレギュラーサイズ
撒き餌:イワシ・4倍こませチヌ

************************************************

Googleマップで見た所、
だいたい浅めなようやし、

沈み根がゴロゴロ。



とにかく当たりがあるポイントを探そうと、
遠投しやすい沖縄SPにしました。


潮目もほぼ出てないし、
とにかく探らないと分からん。



まずは棚を測ってみます。


手前は3-4mほどしかなく、
沖へ投げたらもう1-2m深いかも。


だいたい1段深くなった場所がポイントになってることが
多いので、

それを探していたら強度の根掛り発生。



いきなりサルカン下の仕掛けをロスト。


だいたい15-20mほど沖。

あそこがポイントなのか?と、

その深くなった底付近に棚設定して4.5mほど。



ここから満潮が来た後、
干潮に向けて浅くなるので、

ハリスを3mから2mと短く変更。


 

元気なオジサン35cm。


師匠がオジサンを持ち帰れと言っていたので、
今回はスカリでキープ。


そのすぐ次も

グイーーン

30ぐらいのオジサン。


いきなりオジサンハッスルタイムのようで、

ちょっとシンドい。




刺し餌をブロックから取ったイワシから、
別に買ったレギュラーサイズのイワシに変更。

15-20cmぐらいのサイズ。




しばらく反応が無かった後、

浮きがスーーーっと入る。




しばらく走るの待っていたら、
また浮いてきたり沈んだり。



そして当たりがなくなったので回収してみると、


イワシの胴体だけ食べられてる状態。



ハッスルタイムのオジサンが
なかなか飲み込めないのか、

はたまた他の魚なのか。




潮はゆっくり右へ行って、
正面のその当たりがあった場所でとどまりがち。



今度はそこを直接狙って、仕掛け投入。





スーーーー


また浮きがゆっくり入った。




・・・走らんかい。



浮きが沈んだまま。

そしてゆっくりと沖へ動きだした。
合わせ。



グイィーーーーーン!


なかなかの強さ。

横走して暴れまわる感じ。


タマミなら45cmぐらいのサイズ?




ゴリゴリに巻いて、
無理やり足元へ寄せて浮かせる。


バシャバシャ!!


なんか、シルエットが細いような・・・。





ノーライトタモ入れは5回ほど失敗。

なぜかタモ網に入りにくい。



魚はまだ暴れている。


もうエエわ。



足元の小さな湾のところやし、
ライトを付けてみる。


正体が見たい。



あ・・・。

メーサーやんけ・・・。



サイズは70cmほどやけども、
身体は細い。

顔は優しいタイプのサメ。



この子は怖くないので、
針を外してリリーチュ。



100均のプライヤーが、

前回の超暴れるウツボのときにぶっ壊れていて、
スゴイ針が外しにくかった。

シマノの買おうかとさすがに思いましたYO。





そして、このサメリリースから、
まったく餌が取られなくなりました。

サメの影響で
オジサンが隠れてしまったのか。

そもそも、これが時合い終わったあとなのか。





暇すぎるし、
まわりに誰もおらんので、

歌っておきます。


中潮満潮20時の
約1時間前の19時過ぎ。

 

やっとのことでジワジワっと浮きが入って、

また浮かんできて、

また沈んで。

 

全然、餌が取られないまま、

それでも夜空の星がキレイで、
それを見ながら歌って気分はユルユルです。


常夜灯よりも明るい月が出てきて、

余計にまぶしい。



それでも星が沢山見えて、

流れ星も見えるし、
飛行機も沢山飛んでる。



無駄にキレイなんだよなぁー。

釣れねぇし。


月&常夜灯で手元もバッチリ写真に映るぐらいでした。



新規ポイントで、
座り心地も居心地も良かったので、

ゆっくり粘りましたが、
23時には撒き餌がつきて歌いつきて撤収。



新規ポイントとしては、
オモロイ場所やなぁーとも思いましたが、

釣果がともないませんでした。



オジサンを持ち帰ろうと、

血抜き状態にして、海に沈めたら、
フナムシの大群にやられて無残な姿に。





オジサンには悪いことをしたとも思いましたが、
ここのフナムシもそうとう腹ペコだったのかも知れません。

そんなに人が来ない場所やろうし、
餌も少ないのかも。



オジサンはフナムシにあげまして、
僕はキープ無しです。




その後日に、
Twitterで釣った魚の内臓を

海に撒くのが良いのか、やっぱりダメなのかという
議論を見ましたが。

ホンマにくだらん。





フカセ釣りの撒き餌が自然環境に与える影響と、
処理した内臓が自然環境に与える影響。


自分の中にあるやりたい事・自分の正義と
照らし合わせて、

国のルールが作られた理由について考えて、道を選べばよい。




誠しやかに話される言葉ほど、
その実が無いことが多いと僕は思っています。

絶対的な正義ってのは、
存在しないですから。





そして、その選んだ道に対しての
裁きがくるなら、

それに応じるだけです。

自身の正義と、まわりに力のある正義の
すり合わせとも言えます。




一番大事なのは、何でしょう。


これについては、
人それぞれに答えがあると思うのですが。


-------------------------------------

|

« 2022年の初ヤエン釣行・ほとんどスマホ触ってただけのボーズ | トップページ | 一帯のゴミ拾いをしてくれた素晴らしい人・本当にありがとうございます。 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022年の初ヤエン釣行・ほとんどスマホ触ってただけのボーズ | トップページ | 一帯のゴミ拾いをしてくれた素晴らしい人・本当にありがとうございます。 »