« グレーゾーンでキャンプしたと思ったら、ブラックだった話し | トップページ | 3年ぶりの田辺花火大会 »

2022年10月 4日 (火)

植物探しからの死亡地

2022年10月1日 土曜。

植物探しに行きました。



僕は花壇などに植えられている観賞用の花に
まったく興味がなくて、

食べれる野菜・野草にだけ、
興味があります。



人が花壇に植え付けた花々を見ても、
キレイではあるけども、

なんだか不自然な感じがして、
そこまで美しいとも思わないタイプです。







対して、野生で咲いている花を見ると、
季節を感じて、人相応に感動したりもします。

生命や季節の流れを感じるというか、
なんかエエなぁーと思ったりします。





対して、NISHIさんは、
子供のときにおじいちゃんに
野生の花の面白さについて教えて貰って、

その頃から野生の植物を採取しては、
育てて観察するという、

野生植物・花についての興味が深い人。





僕と同じ九州の大学で、

園芸学部で、観賞植物研究会に属していました。



僕も園芸学部(野菜)で剣道部。

ですけども。




観賞植物については、
僕は興味はあまりないけども、

野生については興味がある。




NISHIさんの好きな野生植物について、
興味が湧いて来たので、

どんなものかと、ついて回ってみました。

今回で2回目ですけども。

NISHIさんがまた白長をプレンゼントしてくれました。

前回貰ったのが重かって歩きにくかったんですが、
それを考えてか、軽くてNISHIさんと同じのをくれました。


お金無いんやから、
そんなんエエんやけども。


カンラン?
ぜんぜん分かんねぇ。

それよりも、野性味あふれる川の流れがキレイで、

コケもキレイ。



カンラン探しは良く分からんままですが、

NISHIさんの話しを聞くほどに、
なんとなく知ることが出来てきました。





カンランはどこにでも自生するものではなくて、

日当たりの強弱・湿度の具合と安定性・
まわりにある植物・木々の種類などによって、

ちょうど条件が揃うような場所で、
やっと生えてきて育つような植物。



そう簡単に見つけられるものでは無いのは、
間違いないです。





ウロウロと走り回る中で、
変な看板を見つけました。

ココかよ・・・。

それもこの看板は、
タイヤにぶっ刺してあって倒れてたのを起こしたんですけど。


ココなの・・・!?

鏡?というか、ミラーがある場所らしい。




いちおう、登ってみよか。


いっかい虚無に取り憑かれた僕です。


ココなのですね。

いや、証明する方法はないし、
正直分からんのですけども。

すぐ横に、プロポーズの聖地もありました。


・・・カップルにオススメですね。
知らんけど。



景色がキレイやなぁー。




でも、この死亡地の横に、
プロポーズの聖地がホンマにあるとして、

上手くいく気があんまりせーへんのやけども。



僕の感覚が、ちょっとおかしいのかな。

-------------------------------------

|

« グレーゾーンでキャンプしたと思ったら、ブラックだった話し | トップページ | 3年ぶりの田辺花火大会 »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グレーゾーンでキャンプしたと思ったら、ブラックだった話し | トップページ | 3年ぶりの田辺花火大会 »