« 高知で釣ったフエダイ・小グエを料理(雑記) | トップページ | 魚の錬金術師・運良いだけの等価交換日記な後編 »

2022年9月 7日 (水)

魚の錬金術師・フエダイ51㎝と引き換えに、タモの柄をヌンチャクへ錬成する前編

ヒモでつながれてワンワン・キャンキャン言いながら、
ひとりSMプレイの釣りをやってみることにしました。


そういう趣味があるのです。



いえ、そういう趣味はありません。



SM嫌いな43才・会社員男性です。

ぜんぜん興奮しねぇ・・・。




ぜんぜん興奮しないんだからねっ!!









*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:シマノ ベイシスBG5号 

リール:シマノ 20ストラディック8000PG

道糸:PE6号
浮き:ブルーナイト 1.5号

オモリ:サルカン1/0&針上ガン玉2B
ハリス:船ハリス フロロ20号・3mサルカンでつなぐ

針:タマンスペシャル 16号
  →タマン太軸 22
  
刺し餌:イワシ・イワシ大・ヒイカ
撒き餌:イワシ・アミエビ・4倍こませチヌ

************************************************

 

まだ明るいので、
小さめの管付き針・16号で開始です。




と、その前に、

針にゴム管オモリを刺して、
棚を測ります。


狙いの左斜め前は6mぐらい。

その右や、まわりは7mぐらい。



右手には沈み根が水面ちかくの高さまで突き上げてます。



波とサラシの強さもあるので、

棚設定としては気持ち深めの7mで、
狙いの6m付近から狙う感じ。



仕掛けを投入すると、

サラシに押されて右へ。



とりあえず落ち着こうと、
キセルを吸う。


ライン操作はぜんぜんしてない。



プッハァ~。




ゴンゴン…




・・・何!?

 

 

ゴン…グゥーーーーン!

 

いきなり当たりかいっ





キセルくわえたまま、
竿を立ててベール抑えて合わせっ



グィイイーーーーーン!!




なかなか強い引きで、
右手の沈み根へ突っ込む魚。



行かせるかぃいい



ドラグゆるめなので、
ベールを手で抑えたまま

竿でためる。



ちょっと引きが緩んだら
ドラグを一気に締めてゴリゴリに巻く。



バシャバシャ!!


ぶっこ抜き。

いきなりタマミかぁーーいっ


怖いんですけど。


45㎝ぐらいのサイズ。


去年にここで釣った70㎝サイズにはまったく及ばないけども、
なかなかの強い引きをしてくれました。



にしても、
1投目で適当にやってるときに釣れてしまうと、

なんか釣った感がない。



釣果としては、
もうMANZOKUでもあるけども、

まだ明るいし、これから暗くなってから、
だと思ってるのに、

なんか変な感じ。



逆に怖いわぁ・・・。




続投します。


モゾモゾからの回収で食ってたやつ。

今回の餌。

4倍こませチヌと、イワシブロックの半分を混ぜて、

その上に、まだ半解凍のイワシブロック残りと、
凍ったアミエビをのせております。

半解凍イワシブロックから刺し餌を取るし、
別途スーパーで買っておいた

15㎝ぐらいのイワシとヒイカも使います。



とりあえずはブロックからイワシを刺し餌に使うのを
メインにしています。今回は特に。




魚の活性は良いようで、

毎投モゾモゾと微妙な当たりがあって、

刺し餌が取られるか、カジラれて頭だけ残る状態。




波もちょっと強いので、

針上にガン玉2Bを打って
刺し餌が下へ沈みやすいように、当たりをダシやすいように。



シューーン

オジサーーーン



お帰りくださいまし。

またすぐにオジサーーーン



オジサンの帰宅時間かよな19時。


いや、
飲み歩きの食いが上がった時間なのでしょう。




とりあえずは活性は良い。

もっと大物を獲りやすいようにと、

針を変えてみました。

なんじゃぁコリャ。



あとで、タケちゃんにLINE報告したら、

ヌンチャク?と…。



え・・・ええ、そうですよ。

これはもはやヌンチャクです。

ヌンチャクにしか見えない。





タモの柄でヌンチャクを錬成しましたよ。

なんせ、魚の錬金術師なんだからねっ。



リールぶっ壊れて、はじめて大きめのチヌを釣った淡路島。

iPhone水没して、はじめて釣ったコロダイの目津崎。

潮岬地磯で中古モンハン磯竿が三節棍になって釣れたタマミ。



などなど。






にしてもなぁ~。

買って半年もしないタモの柄が、

剛剣らしからぬ簡単に折れてしまう始末。




これは等価交換ちゃうやん。としか思えん。



フエダイ50㎝オーバーは
間違いなくエエ魚やけども、

納得できない。





どうするか。

直して続投するしかないですよね。




この一度折れたタモで、

等価交換と納得するのが、

真の魚の錬金術師でしょう。よと。






とか、言いながらですが、

たまたま。

運良く。

後編でも釣ります。



「魚の」と呼ばれる日も近い・・・訳ないっちゃん





-------------------------------------

|

« 高知で釣ったフエダイ・小グエを料理(雑記) | トップページ | 魚の錬金術師・運良いだけの等価交換日記な後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高知で釣ったフエダイ・小グエを料理(雑記) | トップページ | 魚の錬金術師・運良いだけの等価交換日記な後編 »