« 短文・カマス調査3回目にして連敗脱出 | トップページ | 調査3回目にしてボーズ連敗脱出のカマス5匹 »

2022年9月26日 (月)

かろうじてのギリ30cmサイズのフエダイ。でも何を思ったかリリースする釣行

17時過ぎ着。


潮通しの良い地磯なので、
波はそれなりにまだ強い。


しばし観察。


先端側は、
ウネリが来たときに、波が上げるのでアウト。


もう一段左手の有望ポイントも、
波がもろ被るので、絶対に死ぬ感じ。



立ち位置は高場。

波の方向からすると、
ここに上がることは無さそうやけども、

もし、正面から波が来てしまったら、と、
警戒しつつ、準備して開始です。

シブキ被るようなら、
帰るつもりで。





*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:シマノ ベイシスBG5号 

リール:シマノ 20ストラディック8000PG

道糸:PE6号
浮き:ブルーナイト 1.5号・3号

オモリ:サルカン1/0+ガン玉2B
ハリス:船ハリス フロロ20号・3mサルカンでつなぐ

針:タマン太軸 20号
  
刺し餌:キビナゴ・イワシ
撒き餌:イワシ・オキアミM・4倍こませチヌ

************************************************

 

浮きは1.5号で開始。
波強すぎたら3号に交換するつもりです。

 

立ち位置正面は、
小さな湾になっていて、

当てる波と、跳ね返る波で、
20mほど先に潮目が安定しています。



足元から5mぐらいまでは
ハエ根が伸びてるので、

足元狙いは結構やりにくい。



前に、そこに突っ込まれて
一瞬で切られたことあるし・・・。




棚を測ってみると、
8-10mほど。


とりあえず、底付近狙いで1投目。




浮き当たりが
ちょっとモゾモゾしたぐらいで、

餌が取られる。




なんかおるんか!?


と、仕掛け入ってから
道糸張り直して、テンションキープ。



グイン!



勢いよく横走るけど、
重量感はない魚。


ぶっこ抜き。

 

30cmないぐらいのサバ。


キビナゴで釣ったの久しぶりかも。



30cmオーバーのデカサバならば、
僕は刺し身が大好物。

このサイズでもエエわ。



ひさびさにサバの刺し身が食べたい。

ちょうど凍らせたペットボトルもあるし、
まぁ、なんとか食べれる状態保てる?かも。と。




ここから投入直後からのサバの微妙当たりが続くので、

棚を浅くしたり、
投入直後から巻き取って張ったまま落としたりして、

5連続サバ。

バラシ1。



真っ暗になる頃には、
サバはいなくなりました。

 

釣ってサバ折りして、冷やした海水に入れる。

手がヌルヌルでおま。



ここから餌残りとなるので、
また棚を下げていって、10mまで。



サバが湧いてたし、
やっぱりサバ食べる魚おるんか?と、


わらしべ長者作戦にて、
刺し餌をサバにしてぶっこむ。


浮きは1.5号から3号へ変更。



潮目で無反応。


左手の磯際近くの根がかりギリギリラインに
投入しても無反応。



20分ほど待っても、
何も起きないのでたまらずに刺し餌をイワシへ戻す。

浮きも1.5号へ戻します。






・・・。




刺し餌が取られない。

何もおらんのか?




と、思ったら、
いつの間にか刺し餌がなくなっている事が数回。





ときおり海面に、

ピカっと魚らしきが見えるけども、

そんなにデカく無さそうやけども、
浅めの反応見てみよかなぁ~。




棚を3.5mの浅めへ。



足元のハエ根切れたギリギリ。

無反応。



左手の磯際の近くの危ないゾーン。

波が強く当たったらそこから右へ流されてしまうので、

波が弱いタイミングをみてその場所を狙う。

 

 

波で流されるなら、
そのまま流して沖へやってみるも、

沖ではもっと無反応っぽい。

 




20時前。

波弱いタイミングで、
左手の磯際近く狙い。



ジワ


微妙すぎて波だか分からん。


誘いも兼ねて、
微妙に道糸張り直し。



スッ



波とは明らかに違うタイミングで
入った感じがして、合わせ。



グイーーン




久々に当たった。
当たりがちっさい。


ハエ根で切られないようにと、
竿寝かせたままゴリ巻く。


そんなに強くない。

すぐに浮いてきた。

フエダイ・ギリ30cm。

嬉しい。




嬉しいけども・・・。

サバ沢山キープしてるし、
食材としては十分でもある。



今年はフエダイは食べれたし、

なんかもったいないような。





このフエダイが、
40cmオーバーぐらいのサイズになったら、

頂きたい。と、なぜか思ってしまい、
リリースとしました。




フエダイ美味しいので、
普段なら持ち帰るんですが、

気の迷いに近い感じです。

ここから、ぜんぜん反応がなくなり、
まったくの餌残りタイムへ突入。



とにかく眠い。


大潮
干潮23:24 76cmへ向けて、
どんどん浅くなってきて、

根がかりしそうなので、
少しずつ浅くしたり、

もっかい思い切って深くしてみたり。





・・・眠い。



で、波の音が大きいときは、
警戒を繰り返す感じ。




干潮近くになったら、
もっかい活性上がるチャンスがあるかも!?と辛抱。



22時半過ぎ

干潮1時間前。



足元10m先が、
安定してる感じで、

波が弱まったタイミング。




浮きがゆっくり入る。


15秒ほど待っての合わせ。

素針。

 


何か食ってきたのは間違いない。




やっと活性上がったんか?

 

 



もっかい同じポイント狙い。



スーーー


明らかに食った感じがしたので、
合わせ。



グーーン

終電は逃さずに帰るタイプのオジサン。


今日もおつかれさまでした。





ここからまた餌残りで、

オジサンのハッスルタイムも起きず。






23時過ぎ


オジサンを釣ったオジサン(モジャ男)は
もうスーパー眠い。



掛けてもやられる感じがしたので、

ラストの撒き餌ドカ撒きで集中。




何も起きねぇ。



こういう時に、
誘い多めが良かったりするけども、

何も起きねぇ。





撤収します。






とりあえず、今回は、
久々のサバが楽しみ。


それなりに血抜きの海水は冷えてたけども、

ちゃんど潮氷が出来てないので、
ギャンブル感もある。



ローソンに立ち寄って、
氷買って、少しでも冷やして帰る。



結果。

翌日に刺し身で食べたら美味しかったですが。


-------------------------------------

|

« 短文・カマス調査3回目にして連敗脱出 | トップページ | 調査3回目にしてボーズ連敗脱出のカマス5匹 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・カマス調査3回目にして連敗脱出 | トップページ | 調査3回目にしてボーズ連敗脱出のカマス5匹 »