« 夏の沖磯スルルー釣行・ポイント選び・流し型・遠投可否な後編 | トップページ | 魚の錬金術師・フエダイ51㎝と引き換えに、タモの柄をヌンチャクへ錬成する前編 »

2022年9月 6日 (火)

高知で釣ったフエダイ・小グエを料理(雑記)

手裏剣とマキビシのおもちゃを買った際に、
気になって、衝動買いですけども。



お店で、爪の上を滑らしてみて、
そんなに来れないのかなぁーと思ったんですが、

帰って小グエの頭を割るのに使ってみると、

小グエのアラの煮付け。

これは醤油・酒も入れての
煮付けです。


美味しいけども、
醤油の味が強くなりすぎて、

小グエで作るにはもったいない感じがしてしまいました。


やっぱり塩煮のほうが、
エエかなぁーと、

お次はフエダイのアラで・・・

塩煮(マース煮)です。

ダシの旨味がスゴい。


で、それを大根と豆腐が吸って、
また旨いんですわ。



クサミが少ない魚になるほど、
醤油より塩で煮たほうが良いなぁーと、

改めて思いました。

小グエとフエダイの炙り刺し盛り。

熟成4日目。
どちらも美味です。

ソースを煮詰めるときに、
同時に洗い物してたら焦げてしまったので、

ソースはマジ焦げ臭いですが、
小グエは美味しいです。



こちらもクセがなく、
なんだか旨い脂のある白身といった味わいです。




と、まぁ、
なんだか雑然とした料理の話しなんですが、

夏の夜釣りの対象魚。
フエダイ・クエは実に美味しい魚です。





よく、冬の魚のほうが
脂がのって美味しいと言いますよね。


それは、確かにそうなんです。



とはいえですが、
夏のフエダイ・クエのほうが

脂のって美味しいように僕は思います。


初夏のイサギとかも
エグいぐらいに脂のって美味しいですけどもね。







いや、待てよ・・・。

冬にフエダイ・クエ釣ったら、
もっと旨い!?とか思ったり。



寒すぎるから夜釣りはせんですけどもね。

どうなんでしょうかね。


水温低くて、
地磯・堤防で釣れるのかも分からないのですけども。

-------------------------------------

|

« 夏の沖磯スルルー釣行・ポイント選び・流し型・遠投可否な後編 | トップページ | 魚の錬金術師・フエダイ51㎝と引き換えに、タモの柄をヌンチャクへ錬成する前編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の沖磯スルルー釣行・ポイント選び・流し型・遠投可否な後編 | トップページ | 魚の錬金術師・フエダイ51㎝と引き換えに、タモの柄をヌンチャクへ錬成する前編 »