« 柏島で泳ぐ夏(魚をメインで観察してみた) | トップページ | 土佐清水「ホテルオレンジ」に宿泊・2度目の柏島ビーチ »

2022年8月29日 (月)

2022高知の夜釣り2回目・無反応と傷んだ撒き餌の臭さに折れる

 

 

知ってる人は、もちろん知っているであろう漁港。
小才角(こさいつの)ですYO。



夢の舞台。

いつか挑戦してみたい渡船があります。





師匠も夜釣りに行くかもせんので、
いきやすいポイントを探索。

地磯に隣接した堤防。

あまり深くはないけども、
ゴロタも横にあるので、タマミとかエエのかなぁー?


地磯に出たほうが目の前が深くなっているっぽい。

Googleマップで見ても、
すり鉢状に深くなって、

魚が入って来る?感じがする。

ココもエエなぁ・・・。




夕方の散歩で、
師匠ともっかい見に行ってみたら、

風が強くなり、
波がむっちゃ高くなっている。

さっき良さそうと思ってた地磯も、
波をまるかぶり。

こりゃ足場高い堤防からしかないわなぁー。





で、ホテルの夜ご飯がむちゃくちゃに遅れて、
完全に夕間詰めの時合いを逃しての、出陣です。

結局、師匠はシンドいらしく、僕一人です。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:シマノ ベイシスBG5号 

リール:シマノ 20ストラディック8000PG

道糸:PE6号
浮き:管付き スマート 2号

オモリ:サルカン1/0&ガン玉G2針上&G2
ハリス:船ハリス フロロ20号・3mサルカンでつなぐ

針:ホワイトタマン 20
  
刺し餌:イワシ・キビナゴ
撒き餌:イワシ・パン粉

************************************************

この浮き、あんまし飛ばないし、

とにかく足元付近を狙います。




ちょい重めの2号浮きに、
重りは1/0サルカン&ハリス中間にG2&針上にG2。

なんせサラシが強いので、
その対策にしようと思いまして・・・。




が、最初の立ち位置やと、
右手の地磯に当たる波・サラシの影響を受けすぎて、

すぐに左へ流される。



その流された先で、
浮きがとどまるようなので、

堤防で道糸擦れたり、
足元で根がかったりしたし、

もう立ち位置を左手の
流れがとどまるところへ移動。

前日の残りも使った撒き餌が
夏の暑さにやられてスーパー臭い。

オエっとなるぐらい臭い。



生ぬるい南風。
気分が悪い。



そして、餌はまったく取られておらず、

棚を下げていったら根がかるだけ。




波とサラシは強いけども、
潮は動いてないようで、

とどまる場所では、
浮きはそのまんま。





なんも起きねえ・・・。

くっせ・・・。







鼻がもげそうで凹むし、

身体がダルすぎる。

蒸し暑くて汗だくになり、
不快感MAXです。



せっかく高知へ来ての
夜釣り2日目。

釣りは出来てあと1日なので、
なんとかエエ魚を釣りたいところですが、

もう耐えきれず心も身体も折れました。



クッサイ撒き餌を急いで使い切って、
2時間ほどの短時間で撤収です。



釣りだけが今回の旅の目的ではないけども、
不完全燃焼過ぎる。


ラスト1日は、とにかく何か楽しい魚を釣りたい。



ホテルに帰って、
師匠はすでに寝ていたので、

一人で缶チューハイを飲みながら、
身体と心がやっと元気になってきた。



シャワー浴びたかったけども、
ホテルの共同浴場は、

22時までで間に合わないし、

汗拭きボディーシートでなんとか紛らわす。




にしても、やっぱり
ちゃんと布団で寝れたほうが、

車中泊よりは気持ち良く寝れるよね。


でも、旅費を抑えることと、
自由にどこでも寝れるのは車中泊の強みでもあるし。



なんてことを考えながら、
酔っ払ってきて寝ました。


-------------------------------------

|

« 柏島で泳ぐ夏(魚をメインで観察してみた) | トップページ | 土佐清水「ホテルオレンジ」に宿泊・2度目の柏島ビーチ »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柏島で泳ぐ夏(魚をメインで観察してみた) | トップページ | 土佐清水「ホテルオレンジ」に宿泊・2度目の柏島ビーチ »