« 高知の安い釣り餌屋→かつおたたき丼→日帰り温泉 | トップページ | 短文・魚の錬金術師 今回はタモの柄で錬金術だお »

2022年8月25日 (木)

2022年・高知の堤防夜釣り1回目=弘樹です

堤防で、ハリス20号。

ある程度のサイズまでなら、
とにかく掛けたら確実に獲りたい考えです。


暗くなってきたので、
ぼちぼちと開始。


19時過ぎ



ボイルオキアミを使った
カゴ釣りをしていた師匠の浮きが消し込む。

なかなか重量感のある引きだったようやけど、

数秒でチモトで切られた。



ハリス3号だったらしい。

魚種不明です。

アカマツカサ弘樹をやっと御用です。


師匠は30-40m投げたカゴ釣りで、
アカマツカサ弘樹と、ハタンポを釣っています。

さっき、ブチ切ったやつは
もうどっか行ったんかなぁー。



潮はゆっくりと右へ行ったり、
左へ行ったり。


ほぼ流れてはおらず、
そののテトラに打ち付ける強めの波の影響で、
ゆらゆらしてる感じというか。



良い当たりもないので、

足元ギリギリを攻めてみたり、

ちょっと遠投してみたり。

でも、釣れるのはアカマツカサ弘樹。



ラチがあかん。


でも、ここまでのモゾモゾ当たりのなかに、

大型魚が混じっていて、
浮きに違和感を感じてる可能性・・・どうかなぁ。

浮きを1.5号から、
1号へ変更。


仕掛けがウキ止めまで入ったら

弘樹。

弘樹しかおらんのかっ。




22時になって、
弘樹に飽きた師匠は、車へ戻って寝るという。


月が出てきてちょっと眩しい。

というか、眠すぎて何度か竿を落としそうになる。



弘樹が無反応ゾーンに入って、

チャンスか!?とも思って続行しているが、

何も起きないまま餌残り。




23時前。


もう何やってるのか分からんぐらい眠い。

この状態で、大型が食ってきても、
絶対に負けるよなぁー。


僕も撤収して、
車に帰って寝る。



風が少しあったので、
網戸付けて寝たら、スゲー暑くて汗かいた。


夢では弘樹は出てこなかった。


-------------------------------------

|

« 高知の安い釣り餌屋→かつおたたき丼→日帰り温泉 | トップページ | 短文・魚の錬金術師 今回はタモの柄で錬金術だお »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高知の安い釣り餌屋→かつおたたき丼→日帰り温泉 | トップページ | 短文・魚の錬金術師 今回はタモの柄で錬金術だお »