« だって 動物だもの | トップページ | 2022梅仕事が終了からのぉ~、事務&超残業 »

2022年7月15日 (金)

ベランダ菜園は夏の暑さで水分不足になりがちにより

 

 

その日陰に植えたパセリは、

日当たり悪すぎなのか、
もうヘナヘナです。



この木なんの木の剪定したので、
日が当たって元気になってくれれば良いのですが。





アブラムシに占領されていたシシトウは、
水ぶっかけて流す作戦が良かったのか、

だんだん元気になってきました。(写真左)


写真右の地這い状態のジャガイモは、
もう枯れてきています。


土の中にジャガイモ出来てたらエエけども。





勝手に生えてきていた青シソは
やはり乾燥に弱いようで、

水やりをサボっていたら、
すぐに枯れて少なくなりました。



そんな乾燥しがちなプランター栽培で強いやつ。

毎年のことですが、

ミニトマトはどんどん実を付けて、

元気です。




朝にちょっとつまんで食べていますが、
とても甘いです。

こんなに甘くなくてもエエぐらいに甘い。




トマト栽培って、
水分ギリギリで作ったほうが、

甘いのが出来るらしいですが、

まさにその状態になっているのかもせんですね。




で、その乾燥によって、
他の野菜が元気なくなりがちってやつ。



レタスも発芽してたけど、
乾燥で枯れたみたいやし。




せめて、雑草と呼ばれる草たちがもっと生えてくれたら、

保湿効果があるのだけども、

なんせ、プランターの土ではあまり草が生えない。




どこか草ボーボーのとこの土を貰ってきて、
追加したほうが良いのかも知れないなぁーと思うぐらいです。


そうしたら草を刈って
地表面に敷き詰めるという「草マルチ」が出来る。



土の表面が枯れ草で覆われれば、
次の草は伸びにくいし、

土の保湿は簡単になる。


水分の蒸発が大きく下がるので、
水やりの回数が減らせるし、地中の水分量も安定する。






似たものでビニールマルチ・・・ゴミ出るので却下。

藁マルチ・・・今時期やと売ってねぇ。

植物を使ったマルチのほうが、
のちのち分解されて、栄養に変わるので良いんですけども。




藁(ワラ)って、
カツオのタタキでも使えるし、

米収穫時期なら「よってって」でも売ってるので、
確保しておくと、

色々使えて便利なのかなぁーとか思ったり。



-------------------------------------

|

« だって 動物だもの | トップページ | 2022梅仕事が終了からのぉ~、事務&超残業 »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だって 動物だもの | トップページ | 2022梅仕事が終了からのぉ~、事務&超残業 »