« 2022年の梅酒作り・そしてまた試作する野郎(3年目突入さすで) | トップページ | 短文・魚を散らすタイプの夜釣りって・・・いったい »

2022年6月 3日 (金)

2022梅バトル・ぼつぼつ早生から落ち始め

これは南高梅ではなくて、
小梅。

小梅でも品種名がやるんですが、
僕は聞いたけど忘れまちたよ。



こちらは早生(わせ)品種の梅です。

南高梅よりも早く熟して収穫出来る梅。




もう、結構に黄色く色づいてきておりまして、

ポツポツ?まぁまぁ?落ち始めております。

場所にもよるんでしょうが、
僕が手伝いに行った農家さんのところでは、

なかなかの量が穫れつつあります。



こちらは、今年はじめて実験的に作った苦肉の策。

ジャンプゾーン。



ネット敷き詰めたいけども、
新しいネットが足りなすぎて、
土の面が広く出てきてしまう。

ちょうど傾斜地になっているのを良いことに、

土面を飛び越えるジャンプゾーンを作ってみました。



数日後に見に行ってみると、
見事にジャンプが成功し、

土にはほぼ梅は落ちておらず。

2段ジャンプの下にある
受けポイントに沢山の梅がたまってました。


成功です(^^b



これで、急傾斜の斜面を歩き回るのが
1/3ぐらいに減るので、

毎日拾いまわる時間が短縮出来るはず。



なんせ1日に拾いまわる畑が多いので、
いかに効率良く、拾えるようにしておくかが超重要です。


 

有毒か分からんヘビちゃん。
種類不明。

戦意はないようで、こちらから逃げるようにしているので、
逃してやりました。



毒蛇なら容赦なく仕留めようと思っていますが、
分からないしなら殺さずで、

今季は行こうと思います。


こちらは例年、土がむっちゃ出てて拾いにくい畑の農家さんなんですが、
今年はかなりネットを敷き詰められました。

完熟して落ちた梅が
下にある受けまで転げるように

考えながら、
ネットをピンピンに張りました。


実際に早生の梅が落ちたのを拾ってみて、
収穫作業時間としては、

おそらく1/2以下になったかと思います。



こういうのスゴく楽しいんですよね。
工夫して結果が出るというやつ。




落果のピークで、
大量の梅が受けに溜まったときに、

どのぐらい耐えきれるか?というのも、
また次の課題として考えることなんですが、

そういうのもまた、
楽しかったりします。



まずは、ミスターT提案の、
ポールを増やして受けを頑丈にする、高くする作戦は実行しました。






ところ変わって、
べつの農家さんにも行きました。

去年に引き続き、
僕が担当することになる農家さんのとこです。

キレイな梅ならば、
また売ってお金になるんですよね。


1年に1回しか収入を得られない農家さんとしては
この収穫時期は最も大事なときです。

梅を転がして、受けへ溜めるために
ネットを敷いてるというのもあるため、

掃除作業はその後の収穫期本番に向けて、
大事な作業でもあります。

葉っぱが障害物になって、
梅が転がらなければ、

そこへ登って転がさなければならないのです。






昨日と今日は、
その掃除作業をして、

大量の葉っぱを取り出して
山へ捨てました。



葉っぱにまぎれた毛虫にちょっと触ってしまったけども、
いまは痺れてないです。

 

 





今年は、雨の日が少なくて、
梅が太るのも少し遅い感じなんですが、

ボチボチ梅収穫の本番が始まりそうです。





この時期の僕の仕事としては、

いかに良い梅を沢山収穫して、
梅農家さんの収入と出来るか。

という事かと思います。





この土日は休みなのでエエですが、
本番に入ったら、祝日もなくなって

釣りにも行けなくなりそうです。
まぁ、ボチボチと頑張ります。





焼き肉食いてぇーー!!
ミスターTが叫び続けているし、

梅バトルの前祝いとして
今日は焼き肉へ行ってきました。




ミスターTと、
3年ぶりの再開の強力助っ人2人と僕。

爆笑して楽しかったです。

生ユッケと生ロースも絶品でしたYO♪






LOVE注入も完了しましたので、

さぁて、頑張りましょーかね。



-------------------------------------

|

« 2022年の梅酒作り・そしてまた試作する野郎(3年目突入さすで) | トップページ | 短文・魚を散らすタイプの夜釣りって・・・いったい »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022年の梅酒作り・そしてまた試作する野郎(3年目突入さすで) | トップページ | 短文・魚を散らすタイプの夜釣りって・・・いったい »