« 短文・ゲームして魚料理しての休日 | トップページ | 「マダイのソテー・ヨーグルトソースがけ」の作り方 »

2022年6月 6日 (月)

夜釣りモンハンボーズ・正しさはないが思うこと

でも、念の為、
なるべく少しでも離れた位置に立ち位置を決めました。

 

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:シマノ ベイシスBG5号 

リール:シマノ ツインパワー8000HG

道糸:PE6号
浮き:NFラザロ 1号

オモリ:サルカン1/0&ガン玉G2針上
ハリス:船ハリス フロロ20号・3mサルカンでつなぐ

針:ホワイトタマン 20
  
刺し餌:イワシ・イカピン
撒き餌:生オキアミ・アミエビ・パン粉・イワシ・アジ

*************************************************

 

まずはイワシを刺し餌にして、
足元から10mいないで、

棚を底付近に設定して探ります。



本命を釣るというよりも、
撒き餌で寄せるための様子見という感じ。



モゾモゾ・・・


でも、しっかり浮きは入ることはなく、

回収してみると・・・

まぁ、本命ではないけども、

餌取りが騒いでこそ、
本命もそれにつられてやって来る!?と思いつつ続行。






19時半過ぎ。


イワシが骨になるだけなので、
餌を試しにイカに変更。





それまでモゾモゾだった浮きが
スゥーーっと深く入って停止。


クエだったら、
ここから根がかりが動くような

むちゃくちゃな重量感の走りが来るはずなので、
しばらく構えて様子見。



・・・。


動かん。



合わせ。

グッ!




深く入りすぎたためんか、

強度の根がかり発生。




出てくるかなぁー?と、
待ってみるも、

ぜんぜん動かん。




5分ほど、張って緩めてやってもダメなので、

糸を手づかみして、
無理やり引っ張る。



コッ!

あぁ、外れてくれたわぁー。


カニかよっおいっ。


おそらく、ここまでの
イワシを骨にしてくれたのも、

このカニなのかも。



にしても、カニは現地調達のエエ餌やし、

いままでフエダイ釣って、
胃袋からカニらしきが出てくることも多い。




カニを胴体だけにして、
針に刺し餌直してぶっこむ。



潮もほとんど動いておらず、

満潮過ぎたあたりからまっすぐ沖へ流れてくれんかなぁー。

と、願うも、
特に動かないまま。




もぅエエわ。

帰りたいわ。


と、撒き餌ドカ撒きで、
やってみて、

撒き餌を使い切って撤収です。


刺し餌残り続けですよの22時。

やっぱ終わってたわ。


この状況を攻略出来るほど、
僕の腕はありませんでした。





魚は釣りたいけども、
ライトで照らさないと仕掛け回収出来ないって、

誰か教えなければ、
ずっとそのままなのかなぁーと思ったり。




いやいや、
ぶっこみなら針上に小さめのケミ付けたら見えるでしょ。


僕はフカセなので、
電気ウキ付近を掴めば、

スルゥーっと針まで辿って刺し餌も付けれますけども。





これは、あくまで
僕が思う正しさ。

経験上でも、
海面を照らす人がいると、

エエ魚は釣れないことがほとんどと思うから、

そうしているだけです。







ライトは後ろ向きのときだけ点けて、
それも照射範囲が広いと不意に横に漏れて照らすので、

スポットタイプを更に狭く改造して使ってます。



でも、コレって、

言われなかったら、知らなかったら、
分からない話しのまんま。


伝わらなければ、
分からん話しのまんま。


僕自身、
思ってたよりも周りを照らしていて、

注意されたことがあるから、
気をつけるようになったことでもあります。






醤油ぅーこと。



幸せって何だぁ~けっ何だぁ~けっ♪

-------------------------------------

 

|

« 短文・ゲームして魚料理しての休日 | トップページ | 「マダイのソテー・ヨーグルトソースがけ」の作り方 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・ゲームして魚料理しての休日 | トップページ | 「マダイのソテー・ヨーグルトソースがけ」の作り方 »