« 北陸への旅・其の一(まだ大阪・京都・滋賀) | トップページ | 富山平野の日常の市街地から見える3000m級の飛騨山脈 »

2022年5月10日 (火)

北陸への旅・其の二(福井・石川のSAをぶらぶら)

 

和歌山の紀州南高梅では、

減塩のハチミツを使った梅が、
今や主流となっていますが、

福井のSAで見かけた梅は、
どれも塩とシソで漬けたシンプルなもので、

おそらく塩分20%ぐらいのものと思われました。
※塩分表記あるの、見つけられなかった



僕は、塩分20%ぐらいの梅干しが好きなのもあり、

梅干しメーカーに務める身でもあり、

福井の梅干しに興味があるので購入してみました。


長距離ドライブの眠気覚ましに最高です。

むっちゃ酸っぱい。



紀州南高梅と比べると、
かなり果肉がしっかりしていて、

食感がしっかりしている印象でした。

ご飯・おにぎりに合うので間違いなさそうです。



紀州南高梅は、
薄皮で果肉がトロっとしているのですが、

食味が良い分、それだけつぶれ易かったりもします。



味わい含めて、
どちらが好きか!?というと、

僕は正直、紀州南高梅の方が好きなんですが、
福井の梅も好きな人たくさんいるだろうなぁーと思いました。


梅自体の品種違うと、
同じ梅干しでも違いあるんやなぁーと、

面白く思いました。







柿の種とハッピーターンの
白えびバージョン。

コレ系は各地にいっぱいあるんですが、
僕はノータッチです。






ほたるぅ~。


今回の旅では、
このホタルイカを海岸ですくおうと思ってますので、

買いませんでした。

※実際、すくえずにあとで買う・・・トホホ

 

「かに味噌ラーメン」
売り切れか?


ちょっと興味あるけども、
また別の機会のお楽しみにしときます。




にしても、起きてから何も食べてないので、
腹減りました。


なんか、現地の美味しいのが食べたいですよ。
どうせなら。

コレうまそう・・・。


「炙ります&焼き鯖」480円を買いました。

脂のりのりで、むっちゃ旨かったです。


今回の旅では、
「ますのすし 源」へ行こうと思っているのですが、

先走りで食べたけども、
「塩荘」のコレもむっちゃ旨い。


こんなに旨いなら、
ます釣りてぇーわぁー。と、

釣り人としては思ってしまうのでした。


サクラマスも釣れないことはない地域のようですが。
腕ないし、いきなりルアーで釣れそうには思えず。




で、また高速を進んで、
石川県。

日本海はベッタベタの凪。

キレイな海です。



海見るとなんか落ち着くわぁー。





京都の宇治市に住んでいるころは、
僕は福井県の漁港へ釣りに行くのが定番だったんですが、

その後、大阪府へ引っ越して、

夜釣りをするようになって、
和歌山県南紀の魚に惹かれて、

福井よりも和歌山へ通うようになった流れがあります。




ひさびさに日本海側の福井か石川か富山で、
釣りしても良いかもなぁーとも思ったんですが、

水温まだ低いし、
まだダメかもなぁーと、

このとき釣り道具は持ってきていません。

ホタルイカ用のタモのみです。



石川SAのフードコートへ・・・

カレー王国!?

石川がカレー推しだとは、
僕は知らんかったんですが、

まぁ、また別の機会にでも、
食べに行ってみようと思います。




旅行でおもしろい事のひとつが、

ぶらぶら歩いて、知らんことが目に入ってくる。
って、事だったりします。




いまや、ネットで調べたら、
すぐに色々と知ることが出来る時代なんですが、

調べるって事をしないと、分からないまま。





実際に、行ってみて、
こんなんあんの!?目の前に見つけたり、

雰囲気とか、ニオイとか、味とか。




そんなのが楽しかったりします。



まだまだ続きまっせ。

-------------------------------------

|

« 北陸への旅・其の一(まだ大阪・京都・滋賀) | トップページ | 富山平野の日常の市街地から見える3000m級の飛騨山脈 »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸への旅・其の一(まだ大阪・京都・滋賀) | トップページ | 富山平野の日常の市街地から見える3000m級の飛騨山脈 »