« 短文・遠くへ行ったけど釣れないっちゃーん | トップページ | GW最終日釣行は、フグと小サバの飼育員に »

2022年5月 7日 (土)

荒れで地磯危険なので、とある波止にて夜釣り・釣れんけど




出来るんか?と海を観察しながら準備します。



 

むっちゃ波強いんやけども・・・。


大きなウネリが来れば、
あたりは洗濯機状態。


釣れそうな感じがする・・・。

釣れそうなんやけども、
この波の中でノーライトタモ入れかぁー。

足場も悪いし、滑るし。



ダーーーン!!



足元は来ないけども、
すぐ下まで波が上がってきた。



あ・・・コレは死ぬわ。




2投目で片付けて、
場所移動です。


撒き餌が重いのよねぇー。

で、到着したのは、
以前にNISHIさんとも来た、
とある波止SHIRANKEDO。



NISHIさんより一足先に、
夜釣りイケる?か調査します。



夜釣りモンハン・フカセ仕掛けでも、
基本は底付近を狙う訳で、

針先にゴム管オモリを刺して、
とりあえず、地形を調べてみます。




だいたい深さは3.5mぐらいで平ら。
根がかりする場所もあまり無さそう。


波止の入り口方向と、
船の通り道付近はちょっと深くて4~4.5mぐらいっぽい。


対岸のテトラ付近は良いだろうけども、
僕の浮きの仕掛けでは届かんし、

ちょっと深くなった場所あたりを
中心に探ることにする。









はじめはキビナゴ残ってる状態だったけども、
急に素針状態へ。


とりあえず無反応状態よりは
エエけどもなぁーと、

浮きを観察するも、
モゾっとするぐらいで明確な当たりが出ない。



仕掛け入れてからテンション張り気味
→ダメ


仕掛け投入直後からテンションフォール
→ダメ



もっと浅いとこにおるんか?と、
棚を浅くしてハリス分の3mでテンションフォール
→アカン



フグなのか・・・オオスジイシモチなのか・・・

すごい群れがおるっぽい。
見えんし、知らんけど。






撒き餌分離
→素針


撒き餌一点集中
→素針



撒き餌とぜんぜん違うとこへ仕掛け投入
→刺し餌残る・しばらくすると素針



潮も動いていないし、
どないしたらエエんやろ。





21時を過ぎました


あらためて
単純に撒き餌と刺し餌をあわせてみた時に

刺し餌が残る。




チャンスタイムかぁ!?


と、撒き餌多めに打って、
そこへ仕掛けをあわせる。


無反応。


まった後、素針。

そこからまた速攻で餌を取られるゾーンに逆戻り。




で、またしばらくして、
刺し餌が残るタイミングがちょこっとあるけど、

なんとも狙いの大型魚に食わせることも出来ず・・・。



ここまで速攻の餌取り大量なのが、
急にいなくなるのは、

絶対に怪しいのだけども、
上手くいかない。






22時過ぎ



潮が止まっていたのが、
ちょっとだけ左の湾内へ流れ出したような感じ。



湾外への流れのほうがエエけども、
贅沢は言えんし、

とりあえず、その流れの筋を探る。





スゥウウウウ



やっともやっと、
明確に浮きがゆっくり入っていった。



かなり深く入って、
浮きがほぼ見えなくなっても、

走る気配がない。



もうエエでしょっ合わせ




グーーーーん

クロアナGO。


夜釣りの定番ニョロニョロ2大巨頭のひとつ。

60cmほどのサイズで、
ひさびさなのでキープ。




にしても、クロアナゴ動き出したなら、

餌取りの大軍も弱くなったんじゃねっ!?
知らんけど。







モゾ


と、したあと何も反応がないような、

まだモゾっとしてるような。





フグに領域展開され続けただけで、
23時には撒き餌が尽き、

クロアナGOだけ持って、僕は遠い道のりを帰ります。





でも、なんかこの波止釣れそうな気がする。

根がかりしにくい地形なので、
底付近を這わせられるし、

湾外への流れが出れば激アツやし、
足場も良いので、
大型への応戦もしやすい。





知らんけど。


-------------------------------------

|

« 短文・遠くへ行ったけど釣れないっちゃーん | トップページ | GW最終日釣行は、フグと小サバの飼育員に »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・遠くへ行ったけど釣れないっちゃーん | トップページ | GW最終日釣行は、フグと小サバの飼育員に »