« NISHIさんとゆるゆる釣りバトル・第2会場は「とある波止SHIRANKEDO」 | トップページ | ダイソーのUSB扇風機を使って、車内でエンジンかけずに涼むやぁーつ »

2022年4月26日 (火)

改めて考えてみると「釣り」は自由だから好きなんやなぁーとかダラダラと

なんで、「釣り」がオモロイのかなぁー?と、
考えると、

他の遊びでは、
「勝ち・負け」を競うものが多いのに対し、

釣りは、トーナメント・大会を除いて
「勝ち負けが無い」種類の遊びってことが、

僕が釣り好きな大きな理由かも知れないです。




まぁ、「釣りバトル」なんて遊びを
こないだNISHIさんとやりましたけどもね。

ゆるゆるのやつ。





そもそも、点数を取り合って、
勝ち負けを決める遊びが、

僕は好きではなくて、

点数で勝ちました。それでその先に何があるの?
と、ついつい思ってしまう僕です。




勝ったらモチロン嬉しいけども、

他人より自分の方がその場で上だってだけで、
なんか虚しい感じがしてしまう。



世界一の剣豪を目指す人が、

世界一の剣豪になった末、

世界2位の剣豪にいつ殺られるかと、
その地位を維持することに不安になる的な。






もとい、
釣りにおいて勝負があるのは、

「ルールを独自に決めての勝負」であって、

「釣りそのものには、世界共通となる勝負ルールがない」という。


自然相手で、状況が毎回違う中で
魚を釣ろうする訳で、

グランドや施設を使うスポーツ・遊びのように
固定されたルールがない。

 


何も考えずに釣りをすることも出来るし、

自らで目標を決めて釣りをすることも出来る。

コッパグレを釣って、

悲しそうにハシャグ僕(スー野郎)ですが、

何か問題でも!?

 

 

-------------------------------------

|

« NISHIさんとゆるゆる釣りバトル・第2会場は「とある波止SHIRANKEDO」 | トップページ | ダイソーのUSB扇風機を使って、車内でエンジンかけずに涼むやぁーつ »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NISHIさんとゆるゆる釣りバトル・第2会場は「とある波止SHIRANKEDO」 | トップページ | ダイソーのUSB扇風機を使って、車内でエンジンかけずに涼むやぁーつ »