« 潮はちょっと右へ動くタイミングはあったが・真鯛は釣れず釣行 | トップページ | 2022年桜の花見「島ノ瀬ダム」雨後の曇りの日 »

2022年4月 5日 (火)

満潮過ぎても潮動かずのままで耐えきれず釣行

足元の根もちょいと出てる場所やし余計に。




棚はハリス分の3m+誘導50cmで開始。

潮は動いておらず。
浮きはそのまんま。

サラシも弱いから、
それに押されることもない感じ。




しばらくして何も反応がないので、
回収してみると、

刺し餌がいつの間にか取られている。




何かおるけど、
浮きにモゾ・・・さえも出てないんやなぁー。






誘導を0cmにして、
ハリス分だけの3m棚でやってもダメ。

加工生オキアミでは歯が立たん。



ムキエモン(むきエビ)へ刺し餌変更。


でも、これも浮き当たりなく取られる。
道糸張り気味にしてもダメ。






・・・サイレントアサシンが暗躍。

濁りと光の加減で、
海中は見えないけども、

おそらくフグ軍団っぽい。



ちょい遠投へ。

ガッシー。
まいどおおきに。


やはり、足元付近から遠くへ仕掛け入れたら、
サイレントアサシンはそこまで出て来ないっぽい。


ベラ。



近くへサギが物欲しそうに寄ってきたので、

ベラを投げてみたら、
喜んで持って行きました。



ベラ!?興味ねぇ・・・。って、
野良猫ならすぐに離れるのに、

サギは喜ぶってやつ?なのか。



それとも、今時期はベラ美味しいのか。



それにしても潮が動かねぇですわ。


日が暮れて、
サイレントアサシンがいなくなってくれたらエエんやけども。

と、ぼちぼちで続行。


満潮過ぎてから、
このまったく動かん潮が

ゆっくりでも動いてくれたら
チャンスかも知れんよなぁーと、

ダメダメなまま続行。





サイレントアサシンがいなくなってくれたようで、
餌残り状態へ。


棚は根がかるぐらいな3m。

というか手前に海藻が生えてるからか、
そこに根がかることが多い。



この立ち位置からやと、
遠投してもそんなに深くない感じがするけども。

その根掛りゾーン(左手のちょいと浅くなってる場所)
を探るために、

ハリス3mから2.5mへ少し短く切る。


誘導部分無し。





根掛りゾーンと、

そのまわり部分を探ってみたり、




潮動く場所はねぇか?と、
遠投もする。




ぜんぜん潮動いてねぇ。

餌も丸残りのまま。





日々の仕事の疲れなのか、
目が疲れて、首と肩のコリがヒドイ。


浮きもしばらく前から2個に見えている。



うーーん。しんどいなぁー。





20時まで粘るも、
満潮後の潮の動き出しもなく、

餌残りのままで何も起きず。


20時過ぎに撤収としました。





真鯛狙いのいままでの僕の経験上では、
やはり少しでも潮が動いてる時ばかりなので、

なんともここまで止まったままだと、
釣れる気がしないのです。




正確には、潮止まった状態で、
無理という訳でもなくて、

タケちゃんが横で釣ったのみたことはあるんですけどもね。



餌をためてじっくり寄せて待つ?ってことなのか。




にしても、
この無反応ゾーンのなかで、

狙い続けるには、
忍耐力が必要です。



最近、僕は粘るよりも、
シンドさが上回りMAXなんですよね。



-------------------------------------

 

|

« 潮はちょっと右へ動くタイミングはあったが・真鯛は釣れず釣行 | トップページ | 2022年桜の花見「島ノ瀬ダム」雨後の曇りの日 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 潮はちょっと右へ動くタイミングはあったが・真鯛は釣れず釣行 | トップページ | 2022年桜の花見「島ノ瀬ダム」雨後の曇りの日 »