« 和歌山県田辺市「とりそば 下地鶏」あっさりの奥にある深み・そして味変の技 | トップページ | デカアジ狙いの結果タチウオ »

2022年2月18日 (金)

魚のサイズをより簡単に測定したくてメジャーをプチ改造

 


キーパーバッカン・フィッシュバッカンを
持っているなら、

そこにメジャーが付いてて、
結構はまっすぐにして撮れるんですけども、


背負子を使って、
地磯釣行ばかりの僕には、

あのバッカンはデカすぎて
背負いにくいんですわ。

 

携帯しやすくて、
もっとピンとするメジャー欲しいなぁーと思い、

近くの釣具屋にも置いてなかったので、
作ってみることにしました。

 

シマノのメジャーステッカーと、
100均のポリプロピレン(PP)シートを使ってみました。

 

雑い仕事でいってまいます。

適当な幅で、
PPシートをハサミでちょきちょき。

60cmのメジャーステッカーなので、
30cmぐらいを2枚。

一応、マジックで線引きましたが、
かなりの適当さです。

 

これで、手足で押さえなくとも、
だいたいはまっすぐになったメジャーになりそうです。


30cmを2枚で作った理由は、

折りたたむ為です。

1年持ってくれたら、
エエんですけども。

 



ちなみに、コレを作る前に買った
もうひとつのメジャーがあります。

まぁ、やはりこういうタイプは、
どうしてもタルタルが出るので、

今回のを作った次第であります。




120cmのメジャーは、
今年の夏の夜釣りで活躍してくれたら

エエかなぁーと思っています。



-------------------------------------

|

« 和歌山県田辺市「とりそば 下地鶏」あっさりの奥にある深み・そして味変の技 | トップページ | デカアジ狙いの結果タチウオ »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和歌山県田辺市「とりそば 下地鶏」あっさりの奥にある深み・そして味変の技 | トップページ | デカアジ狙いの結果タチウオ »