« 隣は釣れてて昼で帰った連チャン釣行1日目・後編 | トップページ | 大晦日宿泊の川湯温泉「まつや」の朝食付きコース »

2022年2月 2日 (水)

2連チャン釣行・マグレ1匹のギリギリ40cm

 

なんせ、前日に切られまくって、
魚の顔も見れないぐらいのが多かったし、

当たりが減っても細くしないでおこうという考えです。

35cmオーバーで間違い無いサイズ。
※この時点では急ぐので測らず


一投目にして、
目標のグレ30cmオーバー1匹を達成。



モーニングレありがたし。





でも、1投目で釣れるときって、

その後、あとが続かないって、
よく聞く話しでして、

今日はどうなんかなぁーと心配でもあります。




時合いで連発したらエエけども・・・。

30cmオーバーのアイゴちゃんでした。

グレとはまた違う美味しさがあるので、
キープです。





9時半。


基本は餌残りのままやけども、

ときおり刺し餌が触れたような、
ズレたような状態があって、


潜り潮や流れが強すぎて、
当たりが分からんのかなぁーと思いまして、


かなりデカくて重めの

沈め探りグレ9号にしてみました。




それまでの速掛グレ・広層攻略 5号よりは、

仕掛けの入りが早くなったような感じもしますが、

なんとも当たりは明確に出ないまま。




もちろん道糸の張り具合も

なるべく気にしていますが、

なんとも分からん。





というか、

浮きが潜り潮で早く沈み過ぎてるんかなぁーと思い、


浮きをTフェニックス M-0から
Tレジェンド LL-u/0へ変更。


浮力はより沈みやすくなる表記やけども、

デカイ浮きなので、抵抗強くなるかなぁーと。




結果としては、

若干マシになった感じもしないでもないけども、

結局は浮きが潜り過ぎて、
当たり分からんし、

どうしたらエエか分からん状況。



1回落ち着くために、
高場に登って海を観察。

やはり足元のサラシは強くて、

仕掛けはまっすぐか、左向きで沖へ出ていく。




それも結構な速さで、
仕掛けは入っていっていない。



直結へガン玉G2。


まだ入らん。



ハリス中間へさらにG2。




道糸の糸ふけの出すのを多めにしたら、

仕掛けは入るように鳴ってきたけども、

餌は丸残り。





もう1段右手のほうが、

まだサラシは弱そうやし、
マシかもなぁーと、またえっちらおっちらと移動。




12時半。

サラシが弱いタイミングなら、

一応は足元も狙えそうやけども、、

とにかく餌が残る。






13時に疲れて昼寝。

30分で起きる。

潮目はやはり出て無くて、

状況は変わってない。

餌は基本的に残るけども、


しばらくしたら餌が取られてるのか、

もげてるだけなのかで、
無くなってることがある。





着水直後で、

若干モゾっとすることがあって、

当たりなのかなぁーと、
道糸張り気味にして、

早めに回収しても、
餌が残っている。





どないしたらエエか分からん。




いや、とにかく何かしてみようと、


外していたガン玉G2を2段打ちにして、

足元のキワ狙い。

ガッシーちゃん。

それもちっさい。





それでも釣れたので、

足元をまだ探ってみるも、

餌残り。




16時。


もう撒き餌もなくなるし、


暗くなるまで続行する気もしないので、

ラスト1投の撒き餌大量投入。
だいたい10発。



足元に仕掛けを入れたら、
サラシにちょっと乗ったあとに、

潜り潮で浮きが沈んでいく。




そこへ更に被せて撒き餌を5発。



やけくそ。




グゥーーーーーン!!


これで来るかぁ~!




ガン!ガン!ガン!ガン!



叩きまくりでグレやない感じがスゴイ。



でも、獲りたい。




竿を寝かして溜めて、

浮かせようとしたらグンッ


針ハズレのバラシですわ・・・。

スカリに入れていたグレが、

35cmぐらいかと思ってたけども、
なんか大きい感じがして、

測ってみました。



写真ではメジャーがたるんでるので、
ダメですけども、


メジャーを両手で引っ張って、
尾っぽを最大限伸ばしたら

ギリギリ40cmサイズでした。

 

撤収です。



14時過ぎには、

まわりのフカセ師さんは、

一人を残して、早めに撤収していました。





かなり厳しい状況やったんかもせんですね。

まぁ、腕のある人は釣ってるだろうけども。





僕のいまの腕では、

マグレ1匹ぐらいでした。




当たりがなさすぎて、

どうしたらエエんや・・・と言う時間がほとんどでした。






中ハリスでの浮きの位置をたびたび変えて、
針から3m~4.5mまで。

ウキ止めの位置も変えて、
3m~7mまで。



ガン玉も使ってみたり、
外したり。




細かいところは
ちゃんと覚えてないので、書けてないですが、

数投ごとに仕掛け変更はしたし、

道糸の置き方にはそれなりに気を付けたと思うんですが、




そういうことではない、
何かがあったのかも知れません。




大胆な仕掛け変更なのか、

精密な仕掛けの調整なのか。




それよりまぁ、そもそもですが、

僕は道糸の置き方・張り具合がダメな感じがしていて、

それをもっと精密にしないといけないのかなぁーとか、

思ったりしています。




-------------------------------------

|

« 隣は釣れてて昼で帰った連チャン釣行1日目・後編 | トップページ | 大晦日宿泊の川湯温泉「まつや」の朝食付きコース »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隣は釣れてて昼で帰った連チャン釣行1日目・後編 | トップページ | 大晦日宿泊の川湯温泉「まつや」の朝食付きコース »