« 短文・小雨の中、寒グレ狙い→ボーズ | トップページ | 釣れない寒グレ釣り(ボーズ)・後半はもう考える余裕も無くなって沈 »

2022年2月14日 (月)

釣れない寒グレ釣り(ボーズ)・ウザいぐらい考えてやってみる前編

去年、年無しチヌ釣ったポイント。

狙いは寒グレですけども。


*************************************************



中ハリス1.75号にハリス1.5号。
針はスピード 4号。

浮きは00で全誘導を久々にやってみます。


なんせ、先週の釣りが爆風で、
表層の滑る流れにやられて、

浮きが飛ばされがち。


TフェニックスのM-0とM-u/0は持ってるけども、
表層の流れにやられるので、

ガン玉を使う状態に。






浮きを表層の流れの下へ入れ込んで、
ノーガンでやってみたいなぁーと思っていた中、

友松さんの本を買って、
DVCを使った沈め釣りについてみて、

沈めをもっとちゃんとやってみようかなぁーと思ったのもあります。



いや、以前にも、
友松さんの動画を見て、
DVC買って使ってみたことあるんですけども、

中ハリスはやってなかったし、
よく分からんなぁーと思ったまま、
そのままロストした経験があります。


今回は、
Tフェニックスにこだわって、
そのM-00を買ってみた次第です。

タケちゃんに
同じ浮きを使って、違いを見たほうが良いと
言われたのもあるし。

メーカー・種類・形状によって、
浮きの実際の浮力も表記とは別として

違いはあるものかと理解しています。

 

準備出来たので、
7時前に開始です。


まずは単純に竿一本先に
撒き餌と仕掛けを入れて様子見。



餌取り見えず。

撒き餌は真下へ。

風は無風。

サラシも弱くてべったべた。




数投やっても餌が残ったままなので、

やっぱり、根まわりに

隠れてるグレを探したほうがエエんかなぁーと、



20mほど沖の海面へ突き出た
磯まわりを探ってみます。



波も風もないので、
ノーガンの仕掛けで

適当にやっても、
仕掛けは入っていきます。




モゾ・・・

ベラちゃん。



調子にのって、
仕掛け深く入りすぎたんかも。



でも、ひさびさの全誘導。

ウキ止めなしでどう調整するかって
思うんですが、

友松さんの本読んでるので、
張りを加えたらエエんかなぁー??と。浅はかながら。


いや、当然、
本読んだぐらいで、出来るようになるなんて
思ってないですYO。


ここんところ、
ずっと気になっている道糸操作。


それは微妙にて精密。




「張らず・緩めず」って言うと簡単なんですが、

その具合は人それぞれで、
何段階あるんやろうと。

100段階ぐらいはあるように思えてくるんです。



つまりは、
言葉や文章では説明出来ないほど、

張り具合から風やら潮やらもあいまって
複雑極まりない話しかと、
思えてきます。



そして7時半。


潮が動き出したのか、
正面の沈み根付近に入れた仕掛けは

ゆっくり左へ行くように変わって、
左斜め沖の磯のサラシの方へ。


そして、そのサラシの切れ目で

仕掛けが潜りがち。




00の浮きだからか、

いつもの0浮きよりも、
ずっと潜るのが速い感じ。






潜ったら、
小さい当たりが分かりにくくなるはず。

ホバリングしはじめたら、

ちょっと張って、
待って、

また送り込んで。




浮きは海中に入って行ってるので、
あまり見えないし、

竿先と、道糸の状態を
見る釣り。



風もサラシも弱いけども、

ホバリングしている浮きから、
この竿先までの間の道糸には影響はあるわけで、

とくに波の動きに合わせて、
張ったり、ゆるんだり。ラジバンダリ。



どういうこと?


もっと張るか?

いや、今のは波なので、
張ったらそれだけ浮きが浮いて手前へくるので、
そのままか?



ビンっ!

竿先の道糸が一気に張ったので、
とっさに合わせ。


それまでの波の動きの張りとは違った
道糸が海面に一直線に浮き上がるような感じ。





ちっさいけどなぁー。

魚や魚。

コッパちゃんでした。



20cm弱で小さいし、
キープにはならんけども、

グレがいて一安心。




とにもかくにも、
コッパでも釣れないことには、

始まらん。



 


フカセの上手い人は、
とにかく本命ではないにしても、

魚を掛ける数がものすごい多い。


海の状況が悪くても、
他の人よりも、格段に魚を掛ける。





なんでだろぉ~♪なんでだろぉ~♪
以前は思ってたけども、

いまはあまり不思議には思わなくなってきた。
僕が出来るかは別として。





魚がいないんじゃなくて、

魚がいる場所に、
まず刺し餌を持っていけてるか。

撒き餌もそこへ入っているか。


活性が低くても
その吐き出すような小さな当たりを出す技術があって、

それに合わす技術があるかどうか。




なんとなぁーく。
そんな事なんやないかなぁーと思っています。

ホンマに、その場に、
目的の30cmオーバーのグレがおらんとしても、

そこにいる別の魚に食わせることが出来なければ、
何も釣れないとも言えると思います。





頭でっかち。



な、考えでもありますが、

僕はまず文章に書くことが理解につながると思うので、

こういう方法で書く次第です。







にしてもなぁー。

浮きが沈み過ぎて、
なんとも、当たりが取れないまま、

餌が無くなってることがある8時過ぎ。


00からu/0へ変更。

全誘導状態であるけども、

ナイロンでなるほどウキ止めを装着。





なるほど・・・よく分からん。

ウキ止めをスっぽ抜けがち。




ないよりはマシ。

でも、良く分からん。



餌残りかと思ったら、

いつの間にか刺し餌がズレてるか、
なくなってる状態。




浮きはまだまだすぐに沈みがち。

これが当たりが取れない原因か?と。





にわか全誘導状態は変えようと、
またまた仕掛け変更の9時前。

いつもの0浮きにして、
シモリ玉も入れて、全誘導から誘導仕掛けへ。


足元のシモリに
根掛かってるぐらいまでやってベラ。


さっきのバシャバシャしたやつ、
なんだったんやろ。

 

 

 

9時半。


足元はやめて、
あらためて遠投。




なんか、微妙に左へ流れてるような。

竿先を観察していたら、

道糸が引っ張られることが多くなって、
送り込んだらパラ・・・・・・と、

微妙ながらも出ていくようでもある。



餌は基本は残るけども、

微妙に取られてるような、
遠投で外れてるだけのような。



当たりが小さいとすれば、
張ったらエエンやろうけども、


張ったら、仕掛けが寄ってくる。



僕の遠投の撒き餌はそもそも精度が低いので、

撒き餌とあってるのかも良く分かっていない。




なるべくなるべーく。

仕掛け投入点よりもちょい手前ぐらいに
撒き餌が入るように。




仕掛け投入から浮きが馴染んだ?か分からんけども、
水面下へ入ろうとしたら、

ちょっとだけ張るようにする。



もっと張るようにする。



いや、外れてるならばと、
まったく張らずに、

潮で流してだんだんと張りつつ、

仕掛けの誘導部分だけ浮きが寄って来つつ、
張るように・・・。




どのぐらいが正解か。



分からん。釣れないと分からん。



グンっ!!


竿先の道糸がまっすぐになったので、
とっさに合わせ。



グーーーーン



まぁまぁ強い魚か?

いや、強くなくて、寄ってくるか。

助六寿司とお味噌汁。



いつものオニギリパターンから、
今回は少し変えてみました。

お稲荷さんも
たまに食べると美味しいですね。







ココまでの釣れない釣行は
更に釣れない釣行の後編へと続きます。

-------------------------------------

|

« 短文・小雨の中、寒グレ狙い→ボーズ | トップページ | 釣れない寒グレ釣り(ボーズ)・後半はもう考える余裕も無くなって沈 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・小雨の中、寒グレ狙い→ボーズ | トップページ | 釣れない寒グレ釣り(ボーズ)・後半はもう考える余裕も無くなって沈 »