« 釣れない寒グレ釣行・術式解禁の後編 | トップページ | ハンバーグ作りにまたハマりだしたモジャ男のザレごと »

2022年2月24日 (木)

竿バッグを新しく買いました「タカ産業 G-0037」

今回、購入したのが
右下のANGEと書いたもので、

ハードタイプ。



もともと使っていたのは
左上のエクセルのもので、

セミハードタイプかと思います。


セミハードタイプの

このようなスリム形状のものは、
竿尻があたる底部分が抜けやすいと

タケちゃんか聞いていたので、

で、まさに、抜けかけてきたので、
今回はハードタイプにしたというのがあります。


内部には竿・タモの柄を固定するための
マジックテープが上下両方についています。



あと、今回は
ちょっと長めの145cmにしたんですが、

磯竿収めた先に、
偏光グラスのケースを入れられるというのがあります。

ほかの理由としては、
手持ちのルアー竿も入れられるというのもあります。



磯の朝一だけ、
ルアー投げるのが楽しいかも?と、

南さんの動画を見て思ったからです。



実際、いつやるかは分からんですけども。




で、今回もやったプチ改造ですが。

ロゴをシマノにしました。

タカ産業さん。すみませんm(_ _)m




屋外で使えるステッカーシートの白をまず貼りまして、

その上から、シマノのステッカーを貼りました。

テンション上がります。



あとは、渡船利用する際などに、
他の人と同じ製品で間違えないようにという
理由もあります。


ユーチューバーの方々が、
ステッカーをを沢山出してるのも、

そういった理由があるのかもなぁーと。

似たような道具を持つひとが
どうしてもいるので、

そういう差別化って、
結構大事かも知れないですね。







ほんで、思えばですが、
シマノの竿バッグで

南紀の釣具屋で売ってるのは、
だいたいリールを付けたまま入れられる

ちょいと太めな構造ばかり。



それはそれで良いと思うのですが、
地磯釣行をする身としては、

やはり重量を減らしたいし、

竿バッグは軽めなスリムタイプが良い訳です。



それも、岩場・崖なども歩くために、
いったん岩の上に竿バッグを置いて、

よじ登る・降りることも多いので、

耐久性も必要。


ハードタイプかセミハードタイプが必須で、
布っぽいソフトタイプは、

やはり中身が傷つくのが心配です。





と、そんな理由とシマラーになりたい考えから、

スリムなシマノの竿バッグ欲しいんですが、
今調べたら、
いちおうそれらしきがネットで売られてました。


シマノ:ロッドケースストレート
https://fish.shimano.com/ja-JP/product/gears/bag_case/rodcases/a155f00000c53s4qab.html


実際に見てみないと、
なんとも分からんことも多いですが、

次に買うなら、
コレにするかも知れません。


JOJOにシマラー計画をしてますので。







にしても、タカ産業の製品も、
値段を抑えながらエエ仕事してるので、

良いなぁーとも、
思いつつ。


-------------------------------------

|

« 釣れない寒グレ釣行・術式解禁の後編 | トップページ | ハンバーグ作りにまたハマりだしたモジャ男のザレごと »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

スーさん
奇遇にも同じケースの同じ145cmもってます!お値段の割にしっかりしてていいですよね。
渡船用に先端に平打ちの紐で持ち手を付けました…が、まだその出番はないです。
そろそろ、18きっぷで田辺遠征のシーズンですが、大阪がまん防再延長ならお預けかも。

投稿: とどたん | 2022年2月28日 (月) 午後 08時10分

とどたんさん>
まいどおおきに(^-^)/

同じ竿バッグで、長さも同じとは、
まさに奇遇ですね。

スリムなタイプで、
ある程度頑丈なので
とりあえず僕の方は地磯でガシガシ使って様子を見てみますわ。

とりあえず1回目は爆風だったんですが、
竿バッグもそれなりに重量あるし、
ファスナーしめてたら
飛ばされはしなかったです。


ぼちぼちマダイ狙いシーズンですね。
4月頃にはもう少しコロナおさまってくれたら
良いですね。

病床使用率も下がりはじめましたし。

投稿: スー | 2022年3月 2日 (水) 午前 04時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釣れない寒グレ釣行・術式解禁の後編 | トップページ | ハンバーグ作りにまたハマりだしたモジャ男のザレごと »