« 太地「いさなの宿 白鯨」くじらフルコースを満喫するの巻 | トップページ | 短文?・津波注意報に翻弄されたのち釣りに行った一日の話し »

2022年1月15日 (土)

短文・グレ白子発見・ヒブダイやけに旨い釣行




で、

コレ系では旨いと聞いていたヒブダイも、

念願の自分で釣って、自分で食べてみることが出来ました。




ベラ亜目ブダイ科アオブダイ属です。


まずは、お刺身とユッケで。

ユッケ。

やけに美味しい。



釣ったその日なので、
モッチモチな食感で、

脂も緻密に入っていてジワジワ旨い。

クサミはないです、
釣り場で血抜きして、内臓処理して持ち帰りました。




お刺身用に切った残りの白身を

塩・ゴマ油・ナンプラー・豆板醤で
和えただけのユッケですが、

ビールに最高。



釣るときのやりとりが上手くいったこともあいまって、
余計に旨かったです。



冬の赤イガミもやけに美味しいですが、

ヒブダイも負けてません。



もしかしたら、グレより旨いんじゃあないか・・・と、

声を小にして言いたいです。
あ、言いました。







明日は、アラも使ってみて、
塩煮も作ってみようと思います。

旨いのか、どうなのか。



でっかい肝もあったけど、
捨ててしまって、もったいなかったかもせんですね。




ヒブダイは、
次も、運良く釣れたら、
持ち帰りたい魚となりました。




沖縄ではアーガイと呼ばれて、
食べられている魚らしいですが、

僕の住む和歌山ではほぼ店頭に並ぶことの無い魚。


所変われば、味変わるですかね。



見た目で嫌うには、
もったいない魚だと思いますが。

|

« 太地「いさなの宿 白鯨」くじらフルコースを満喫するの巻 | トップページ | 短文?・津波注意報に翻弄されたのち釣りに行った一日の話し »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太地「いさなの宿 白鯨」くじらフルコースを満喫するの巻 | トップページ | 短文?・津波注意報に翻弄されたのち釣りに行った一日の話し »