« 短文・グレ白子発見・ヒブダイやけに旨い釣行 | トップページ | 初ヒブダイと2022年の初グレを釣った日 »

2022年1月16日 (日)

短文?・津波注意報に翻弄されたのち釣りに行った一日の話し

 

もう14時。


あまり遠くへ行く時間もないので、
近場で、アジ狙いとしました。

ものすごい数の釣り人。


もはや、津波注意報関係なく、
釣りしてたんかと思われるぐらいすでに沢山いました。



別にエエんですよ。それで。




国が、注意報出していたとしても、

その解除がものスゴイ遅かったとしても、

津波に飲まれて死んだとして、

はい、それまぁーでぇーよぉー♪
ですからね。






国や県が何と言おうとも、

人それぞれが判断すべき事なんです。




自由に生きて、

自由に死ぬぐらいの選択・権利は、

みんな持っているべきモノだと僕は考えています。





でも、僕は、
一応、ブログを書いて読んでくれてる人がいるので、

それで死ぬ人は出て欲しくないと、
思うところがあるので、

それをやらないだけです。






文章ってのは、

同じ文章であったとしても、

人それぞれに取り方が違っていて、

僕が思っていることが、
伝わらないことも多いはずなんです。




せやから、僕の思う範囲では、

注意をして書かないといけない。




それ以上の測り知れない部分は、
考えても意味がないので、

どうでもエエし、どうしようも無いんですけども。




さておき、
夕間詰めのアジ釣りですが、

僕は全然アジが釣れなくて、

ガシラだけでした。





アジ釣ってる人はいましたよ。

25cmないぐらいのサイズだと思います。






激流でのフカセの練習にはなりましたが、

やっぱり投げサビキや、カゴ釣りのほうが
アジ釣れたんだろうなぁーと思いつつ、

腕の無さに、悔しくもありました。




ああ、タチウオも釣れましたよ。

指3本サイズぐらいですが。




僕もそれらしきに切られました。





帰って、晩飯です。

ヒブダイの塩煮。


ぬめりがかなり強くて、

湯霜を2回しましたが、
ぬめりは完璧には取れず。



ベラっぽい特有のニオイがあるのが、
僕は気になりましたが、

あっさりとして、ホクホクした白身でもありました。


やはり、皮・ヒレ部分に
ぬめりが残るので、

そこからニオイが出ているかと感じたので、


アラ・皮・ヒレなどは、
美味しい白身部分を邪魔してるし、

白身部分だけを料理に使ったほうが、

より万人が食べて美味しい魚かなぁーと思いました。

 

昨日作ったユッケの残りは、

今日食べても、やはりクサミ無く美味しかったですし。






またひとつ、勉強になったなぁーと思いつつ、

料理のヒントをひとつ得た心持ちです。

 

 

そんな一日でした。



-------------------------------------

|

« 短文・グレ白子発見・ヒブダイやけに旨い釣行 | トップページ | 初ヒブダイと2022年の初グレを釣った日 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・グレ白子発見・ヒブダイやけに旨い釣行 | トップページ | 初ヒブダイと2022年の初グレを釣った日 »