« 激流の地磯・苦戦したまま冬を感じて撤収 | トップページ | プラゴミの回収少なすぎないか?和歌山県田辺市 »

2021年12月 8日 (水)

剛剣リミテッド(タモの柄)にハマるのとハマらないのテスト

 


ダイワAC-088がアカンのか!?と、思っていたら、

 

師匠のSTELVIO ISOにも、
ボロボロのFRESH POWERにも装着可能。


なんと・・・
たまたま同時に買った剛剣リミテッドと、
ダイワAC-088だけ相性悪いという状況となりました。

なんじゃそりゃ~と思いつつ、

素直にプロマリンかマルシン漁具のVIPの
60cmも書い直すことにしましたよ。


剛剣リミテッド700は、

今後のメイン・タモの柄にしようと思っていますので、

タモ網は60cmと、45cmを用意しておきたいわけです。






7mのタモの柄って、

足場が低い場所では、
使いにくかったりするんですが、


大は小を兼ねるという考えで、
どこの磯に行くか決めれない僕としては、

長いほうが、

常に使えるという考えです。



タモ網については、

狙う魚種の大きさで、
そもそも選べるので、45cmと60cmの
2種類を出発前に選抜しやすいのです。



夜釣りモンハン・アオリイカ・ブリ青物狙いならば、
デカイ60cm。

それ意外は45cmという具合です。




で、剛剣リミテッドについてなんですが、

700・7mであっても、
軽い545gです。


有名メーカーの35000円以上するタモの柄と、
ほぼ同じ軽さです。



タモの柄は長くなるほどに、
くっそ重たくなるので、

やはり軽いってのは重要。




具体的な重量比較情報をネットで調べましたが、
なかなか出てこないので、

掲載はあきらめました。



10000円以下の安いタモの柄ならば、
700-800gの重さがあります。





一流メーカー品がどの程度の軽さなのかは、
店頭で見たら分かるんですけどもね。



あとは、剛剣リミテッドの
強靭さがどれぐらいあるかが問題ですが、

それは使い続けないと分からないので、

今回は保留です。





お金を出せば、
それはエエものが買えると思うのですが、

お金を掛けすぎずに、
エエ商品が、僕は欲しいわけです。




ワークマンの防水・防寒着が

むっちゃ性能・コスパがエエのと同じように。



PROX:剛剣リミテッド↓
http://www.proxinc.co.jp/lineup/page.jsp?mode=id/954



-------------------------------------

|

« 激流の地磯・苦戦したまま冬を感じて撤収 | トップページ | プラゴミの回収少なすぎないか?和歌山県田辺市 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 激流の地磯・苦戦したまま冬を感じて撤収 | トップページ | プラゴミの回収少なすぎないか?和歌山県田辺市 »