« 短文・アラレ降る極寒で貧果で | トップページ | 晴れときどきアラレのグレ狙い・コッパのみの前篇 »

2021年12月19日 (日)

短文・朝真面目・昼不真面目・夕真面目

 

寒すぎて、
指の感覚がなくなって、

オキアミ針に刺すにもシンドすぎました。




真冬の寒グレ釣りを思わせる過酷さ。




カイロではなんとも
指が復活しない状況を感じたので、


この冬は、新しい秘策をやるつもりです。



おそらく、まぁ、

他の人もやっている策なのかもせんですが、

また実践したら書こうと思います。






師匠の送迎をしたのち、

眠すぎて家で昼寝。




夕間詰めは田辺市堤防。

コッパグレが釣れるぐらいかと思いきや、

足元狙いのおっちゃんが35cmオーバーのグレを釣るのを目撃しました。





まぁ、僕はというと、

なかなか上手くいかないもんで

かろうじての30cmチヌ。



銀色でキレイなチヌでした。

それも、出来る限りの遠投でチヌって、
なんかはじめてかも。





季節は一気に真冬がすすんで、

極寒ですが、


海の水を汲んでみると、
結構温かい。





海水でも指先を温められるけど、

濡れたままなら、そのあと外気で極寒です。



 

にしても、ねぇ。


僕はだいたい12月は、
釣れない日が多いんですわ。


この状況で釣る技術ってのが、
ないだけなのかもせんですが、


なんとも空回りしてる感じ。

 



でも、これもまた上達するための
練習とも思って、

思いつく出来ることを試すことの繰り返し。

 



フカセにおける、
基礎が雑なことが、

少しだけ分かるという日々です。




今日は潮の流れに対しての
道糸の置き方と、

仕掛けの張り具合について考えました。

-------------------------------------

|

« 短文・アラレ降る極寒で貧果で | トップページ | 晴れときどきアラレのグレ狙い・コッパのみの前篇 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・アラレ降る極寒で貧果で | トップページ | 晴れときどきアラレのグレ狙い・コッパのみの前篇 »