« キビナゴ→カマス→ブリのわらしべ長者作戦のつもりが→カマスさえ釣れず | トップページ | 剛剣リミテッド(タモの柄)にハマるのとハマらないのテスト »

2021年12月 7日 (火)

激流の地磯・苦戦したまま冬を感じて撤収

 

やっと魚の反応が

潮止まりを告げる親切魚。




止まってるのかいっ!?


いや、むちゃくちゃに流されるままやけども、

どういうことなんだいっ!?





もともと先端におったけども、

左手の内湾に行っていたフカセ師さんが戻ってきた。




浮きグレがいたらしく、

37cmぐらいまでを2匹釣ったらしい。




湾内のほうが、

この状況なら安定するってだけかと思って、
横目で見てたけども、


浮きグレも入ってたりするのに驚き。



そのフカセ師さんが、
すぐ右隣へ来たので、


僕はさらに右の先端へ移動。


バッカン置いてあったから入らんかったけども、

もともと先端行きたかったのです。

右への流れは勢い強いままの16時。


でも、サラシとの跳ね返りでか、

浮きが安定する場所がまだ多い。



餌は残ったままなので、回収。


コココッ




なんか食ってきたような・・・

イズスミちゃん。


今週もババはたれませんでした。

最近、寒いし、便秘気味なんだと思います。





仕掛け回収して、

いったん足元にオキアミ落ちたらコココっ!



17時半。


キープ魚ZEROのまま、

浮きが見えなくなったので、撤収。




もうそろそろ、

寒グレシーズンと読んで良いぐらい、

寒くなってきましたね。




僕の冬の目標としては、

白子を釣って、食べて、

ビール飲むってことです。




やっぱりフカセでの寒グレ狙いは、
オモロイし、

これは絶対に成し遂げたい目標です。







あとは、でかアジフライ・ブリ・ヒラメ。



カレイのお刺身が旨いので、釣りたいけども、

南紀ではカレイの釣果情報聞かない気がしてます。





僕の経験では、
兵庫の漁港で釣ったのがむちゃ旨かったんですが、

南紀では釣れないだか、

どうなんだか。


-------------------------------------

|

« キビナゴ→カマス→ブリのわらしべ長者作戦のつもりが→カマスさえ釣れず | トップページ | 剛剣リミテッド(タモの柄)にハマるのとハマらないのテスト »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キビナゴ→カマス→ブリのわらしべ長者作戦のつもりが→カマスさえ釣れず | トップページ | 剛剣リミテッド(タモの柄)にハマるのとハマらないのテスト »